Top KYC Providers for Crypto Companies

2024年の暗号通貨ビジネスに向けたトップのKYCプロバイダー

Reading time

暗号通貨の世界はその自由度と匿名性の高さで非常に人気となっており、実際に多くのユーザーは不必要な中央当局や不必要な第三者の介入を避けるためにデジタル決済方法に惹かれていますが、匿名性や自由度が高すぎる市場では違法行為が増加する可能性が非常に高くなります。

悪意のある人は常に利用可能な様々なチャンネルを利用してマネーロンダリング、ホワイトカラー犯罪、人身売買を伴う重大な詐欺などの行為を行うタイミングを探っています。そこで、多くの暗号通貨企業はそのような望ましくない結果を防ぐためにもKYCおよびAML手順を実装する必要があるのです。ここではKYCプロトコルの性質、堅牢なKYCソリューションの入手場所や最も信頼できるKYCプロバイダーに関する説明を行っていきます。

重要なポイント

  1. 暗号通貨企業の経営においてKYCソリューションは非常に大きな部分を占めており、それを行う事で事業主は様々な種類の詐欺やホワイトカラー犯罪を防ぐことができます。
  2. KYC/AMLガイドラインでは様々なチャンネルを通じた顧客情報の取得およびそれのの情報の正当性の検証が求められています。
  3. 現在のKYCソリューションを展開する市場は暗号通貨分野で非常に急成長していることから、多くの信頼できるプロバイダーが最先端の不正検出および防止サービスを提供しています。

“Know-Your-Customer (KYC) ”の概念を理解するt

Know-your-customer (KYC) は多くの場合における広範なアンチウイルス対策の必須の部分であり、簡単に言えばマネーロンダリングに関するガイドラインとして機能します。企業はKYCプロセスによって顧客をより理解できてその正当性を保証できるようになるため、企業は自社の顧客が社内外の組織の利害関係者を危険にさらしていないことを確信することが出来るのです。

Essential Steps in the KYC Process

現代のKYCおよびAMLガイドラインは全ての国や市場で必須ではありませんが、世界的に見てもその必要性は年々高まっています。

例えば、現代のほとんどの金融機関は関連する管轄区域のKYCガイドラインに従った顧客データの検証が必須となっていることから、その他の業界も金融会社の流れに加わることで全体で悪意のある組織やマネーロンダリングの脅威に対する防御の強化に努めています。

KYCソリューションの本人確認プロセス

KYCソフトウェアはいくつかの重要な要素で構成されていますが、最も重要なのは顧客のプロフィールを検証する本人確認です。ここでの顧客の身元の検証ははご本人の身分証明書の確認、住所、生体認証などの様々な方法を介して行われます。

本人確認の範囲は関連する地域の法律と会社の決定によって異なるため、あなたが実際に住んでいる国に必須のKYCガイドラインがない場合にはどの検証確認を実装すべきかに対する客観的な答えはなく、それら全ては会社の規模、顧客数、その他の重要な要素などによって決まってきます。

本人確認サービスの種類

上記ですでに説明したように、本人確認の最も一般的な方法はIDの確認ですが他にもライブ顔認証、電話チェック、静的自撮り写真認証、メール認証、データベース照合などの様々な認証方法も幅広く利用することが可能です。難易度や利便性は各種によって大きく異なるため、どのタイプが自社のニーズに最も適しているかを決定するのは企業次第となります。

多くの企業はKYC テクノロジーで利用可能な様々な検証方法を組み合わせた検証方法を実施しており、規制遵守ガイドラインによっては顧客の本人確認を正式に行う為にも複数の検証方法が必要になる場合もあります。

AMLのモニタリングとチェックリスト

これは厳密にはKYCガイドラインの一部ではありませんが、マネーロンダリング対策 (AML) も不正行為の防止を求める組織にとっては重要になります。AMLの実践はよくKYCと連携して行われることから、企業が金融取引の正当性を迅速に確認できるようになります。ホワイトカラー犯罪やマネーロンダリングの多くは認証済みの顧客によって行われています。

悪意のある人も最初は正当な情報を提出して合法的な取引を行うことで企業の信頼を得ますが、一度KYCプロトコルが満たされると彼らは不正な取引を行うのです。

AMLプラクティスでは広範なトランザクションチェックを通じてこのような事態が発生するのを防ぎます。基準から逸脱したトランザクションは全てAML評価を受けることになりますが、こうすることで悪意のある人がマネーロンダリングやその他の不正行為にこっそり忍び込むことができなくなります。

暗号通貨ウォレットに対するKYCのルール

暗号通貨取引の魅力である自由や匿名性を制限し過ぎないように、暗号通貨ウォレットのKYCはより緩和されていましたが多くの詐欺、ホワイトカラー犯罪、その他の違法行為などを受けたことで、現代の多くの暗号通貨ウォレットプロバイダーもKYCプロバイダーとの提携を始めています。

ほとんどの場合において、暗号通貨ウォレットでは提供されたIDとウォレットのアカウント情報を照合するための簡単なIDの確認が必要になりますが、これは一般的なKYCガイドラインとしては最低要件であることからほとんどの暗号通貨ウォレットではすでにこの検証を実装しています。

暗号通貨取引所のKYCでは何か違いがありますか?

多くの暗号通貨取引所も似たようなKYC手順を採用していますが、暗号通貨取引所ではそれよりももう少し多くの顧客情報の取得が必要になります。通常であれば顧客からは正式な名前、住所、生年月日、ID番号などを取得する必要がありますが、暗号通貨取引所ではそれらの情報の他にも顧客が持つ各通貨の存在や正当性を確認する必要があります。

このプロトコルはブロックチェーンにおける完全な匿名性や分散化に反していますが、現実で起きている多数のマネーロンダリングやその他のホワイトカラー犯罪を防ぐためには必要となる予防措置であると認識されています。

2021年1月から2022年3月までには、KYC手順の欠如によって10億ドルもの暗号通貨の損失が起きています。

基本概要

2024年に検討すべきトップのKYC/AMLプロバイダー

暗号通貨に関連した詐欺の出現に対する同市場の答えは非常に明確であることから、これまでに多くのKYCプロバイダーがニッチな市場である暗号通貨市場に参入しています。さらに2024年には、この中でもいくつかのトップの企業が同市場で高い評判を保ちながらユーザーに信頼できる地位を確立していくことでしょう。現在最も人気のあるいくつかの選択肢を以下で紹介します。

SolidProof

SolidProof

SolidProofは最新の暗号通貨市場において非常に頼りになるKYCプロバイダーであり、プロジェクトと企業を統合することで企業の通常のワークフローを中断しないシームレスなKYCサービスを提供しています。SolidProofには単純な本人確認から複雑な生体認証スキャンまでの様々な本人確認オプションが用意されています。

SolidProofは顧客に対する事後対応サービスを提供していませんが、その代わりに現在の顧客の検証プロセス内の脆弱性を特定してそれらを修正する方法に関するガイドラインの提供に努めています。そして、現在のSolidProofは顧客のビジネスプロセスにおける潜在的な弱点の検索を自動化するプロトタイプのソフトウェアを開発中です。

Identity.com

Identity.com

identity.comは同業界をリードするKYCソリューションとしてSolidProofの次に僅差で2位に選ばれています。このプロジェクトは、両方の長所を組み合わせてKYCプロトコルを分散型ブロックチェーン環境に統合することを目的としています。

その結果として、ユーザーはオンチェーンで確認プロセスを実行できて集中化された権限などを持つことはないことから、認証プロセスを通して機密の顧客情報を外部の危険に晒すことなく迅速に実行されます。つまり、Identity.comはほとんどの既存のブロックチェーンネットワークへの統合が可能なオープンソースプロジェクトなのです。

Chainanalysis

Chainanalysis

現代ではブロックチェーン業界において確立した地位を誇るChainanalysisですが、元々はブロックチェーンデータプラットフォームとして生まれました。今のChainanaracyは暗号通貨プロジェクト向けのサイバーセキュリティ、KYC、AMLソリューションなどの包括的なパッケージを提供していることから、同社の堅牢なセキュリティソリューションはほとんどの暗号通貨の脅威に対する完全な保護を保証するためにどんな暗号通貨企業でも良い効果を期待できるでしょう。

また、顧客が疑わしいトランザクションやユーザーを調査するのにもChainanalysisは非常に役立ちます。なぜならChainanalysisは問題の対応や失われた暗号資産の回収にも熟達しており、さらに全ての暗号通貨専門家を対象とした暗号通貨のセキュリティや犯罪防止に関する知識を深めるための包括的なトレーニングコースも提供しています。

新興の暗号通貨スタートアップが本格的に始動するにつれて、Chainanalysisは顧客の独自のニーズに合わせて可能な限り最善のKYC/AMLプラクティスを実装するための優れた選択肢となることでしょう。

まとめ

暗号通貨分野でのKYCプロバイダービジネスは急成長を見せており、現在このニッチな市場には優れた選択肢が数多くあって全ての暗号通貨企業は最先端の暗号セキュリティツールを自由に利用することが可能です。2024年においてKYCおよびAMLガイドラインを無視することはほぼ不可能であり、なぜなら企業は年々増え続ける金融犯罪や詐欺から身を守る必要があるため、もしあなたがKYC手順を導入したいと考えている場合は今以上に最適なタイミングはないでしょう。

最新の記事

B2BinPay at Finance Magnates Africa Summit 2024
B2BinPay is Bound for Finance Magnates Africa Summit 2024
16.02.2024
Crypto Expo Dubai 2024
B2BinPay To Present at Crypto Expo Dubai 2024
15.02.2024
B2BinPay v19, Instant Swaps and Expanding Blockchain Support
B2BinPay v19の登場によるインスタントスワップやブロックチェーンサポートの拡張
How Wrapping Coins Solves a Cross-Chain Problem
クロスチェーン問題においてラップドコインがどのような解決策となり得るのか
教育 13.02.2024