blockchain-based cross-border payments

ブロックチェーン・クロスボーダー決済は従来の方法より優れていますか?

Reading time

分散台帳技術の影響は革命的であり、その無限の可能性によってグローバルなプロセスが変革されています。連続する進歩により、消費者と企業の両者がさまざまな目的でその能力を活用する創造的な方法を探求しています。

ブロックチェーンの変革的な潜在能力の最たる例は、国境を越える取引の保護と簡素化における役割です。この進歩により、業務効率が向上するだけでなく、顧客満足度も向上し、今日の競争の激しい環境で先を見据えたいビジネスにとって貴重な資産となっています。

この記事では、ブロックチェーンによる国境を越える支払いとは何か、どのように機能し、どのような利点があり、現在存在するブロックチェーンによる国境を越える支払いの種類について説明します。

キーポイント

  1. ブロックチェーン技術は、国際取引の際に従来の決済システムのデメリットをすべて相殺し、より大きなビジネスチャンスを開くことができます。
  2. 暗号による国際取引は、コストが低く、処理速度が速く、地理的な範囲が広く、セキュリティが強化されています。

ブロックチェーンによるクロスボーダー決済: それは何ですか?

ブロックチェーン技術と非中央集権型金融(DeFi)の出現により、Web3のエコシステム内でクロスボーダー決済のニーズが高まっています、より多くの個人や組織がデジタル資産を含む取引に従事することを目指しているためです 

従来、暗号のクロスボーダー決済は、銀行や金融当局が促進しており、多くの場合、コルレス銀行や決済機関のような複雑な仲介者ネットワークが関与していました。好ましくないことに、この複雑なプロセスの結果、法外な取引手数料、長い処理期間、決済システムの透明性の欠如が生じました。

how-blockchain-payments-work-1

対照的に、ブロックチェーンのクロスボーダー決済は、仲介者を排除し、取引コストを削減し、取引スピードとセキュリティを強化することで、決済の状況を一変させることを目指しています 

今日、これらの革新的な支払いソリューションは、ビジネス間や個人間のブロックチェーン支払いや決済をより迅速に行う手助けをしています。その結果、国際送金や決済の領域を変え、ブロックチェーン技術の魅力的なユースケースを提供しています。

その潜在能力により、クロスボーダー支払いを効率化し向上させるブロックチェーン技術は、国際取引の進め方を変革する準備が整っています。

調査によると、世界のクロスボーダー支払いの92%がB2B支払いであり、そのうち90%が銀行を通じて行われており、これは銀行がクロスボーダー支払いの主要なチャネルであることを示しています。

ファストファクト

ブロックチェーンを利用したクロスボーダー支払いの仕組みはどのように機能しますか?

ブロックチェーンネットワークのメンバーやスマートコントラクトは、事前定義されたイベントに基づいてクロスボーダー支払い取引を自動的に実行します。これらの取引は、選択されたコンセンサスプロトコルを使用してそれらを検証するために、ノードのピアツーピアネットワークに送信されます。

許可されたブロックチェーンは、高額送金に対して伝統的な銀行、金融機関、大企業によって一般的に使用され、特別な権限を持つ信頼されたユーザーのみが支払いイベントにアクセスして検証することができます。

一方、許可不要のブログチェーンは、金融包摂を促進し、決済の透明性を最大限に確保するため、より小額のB2BおよびC2B取引では、フィンテック企業や中小企業に好まれています。

blockchain-based-cross-border-payment-ecosystem

認証されると、支払い関連データがハッシュ関数を使って暗号化され、時系列にリンクされたタイムスタンプ付きブロックに保存されます。こうしたブロックは不変の台帳を作成し、支払い活動を追跡するための単一の真実の情報源として機能します 

個人、企業、金融サービスのプロバイダーは、役割に特化したウェブやモバイルのアプリケーションを通じてブロックチェーンとやり取りし、支払いを開始、受領、監視します。各参加者は分散型元帳の最新コピーを維持し、支払いプロセスの透明性と説明責任を確保します。

ブロックチェーン・ベースの国境を越えた決済はどのようなセールスポイントを提供できるのでしょうか

技術的な進歩の出現や ブロックチェーンや暗号通貨システムの注目の高まりにより、国境を越えた支払いにより合理的で経済的なアプローチを発見する動きが活発になっています。こうした革新的なテクノロジーには、さまざまなセールスポイントがあります:

1. 迅速な決済

ブロックチェーンネットワークの支払いシステムの力を利用することで、クロスボーダー支払いは驚異的な速さで実行できるようになり、銀行や支払いプロセッサーなどの中間業者は時代遅れになっています。

この画期的な進歩によって、支払いは迅速に処理が行われ、従来のように何日も待たされることなく、わずか数分で完了します。さらにこの技術は、送金者と受取人の間で資金を直接送金することを可能にし、不必要な中間業者を排除して支払いプロセスを合理化します。

2.手数料が削減される

従来のお支払い方法は法外な手数料を課すことが多いため、このような支払いを行うにはかなりのコストがかかります。とは言え、ブロックチェーン技術を活用することで、このような支払いに関連する費用を大幅に削減することができます。これは、ブロックチェーン取引には仲介者が存在しないため、決済処理にかかるコストが軽減されることが主な理由です

3.よりよい透明性

ブロックチェーン技術は、全ての取引について透明で不変の台帳を提供し、送り手と受け手の両方が支払いの過程を監視し、その正当性を確認できるようにします。このレベルの透明性は、不正行為の可能性を最小限に抑え、決済システムに対する信頼を高める上で重要な役割を果たします。

4.グローバル・ディメンジョン

ブロックチェーン技術は分散型であるため、特定の国や司法管轄権に依存せずに運用することができます。このユニークな特徴により、ブロックチェーンに基づくグローバルな決済を促進する最適な選択肢となり、複雑な外国為替取引の必要性がなくなります

5. セキュリティーの向上について

複雑なプロセスと高いトランザクションコストを伴う従来の決済システムは、未開拓の新市場への進出を目指す企業にとって、しばしば大きな課題となります。これらの市場は地理的に離れており、規制の枠組みが異なっていたり、伝統的な銀行サービスへのアクセスが必要だったりします。

それにもかかわらず、ブロックチェーン技術が登場したことで、企業はこうした障壁を乗り越え、これまでアクセスできなかった顧客層を効果的に開拓できる新たな可能性が生まれました。

ブロックチェーンのクロスボーダー決済の種類とは何ですか

ブロックチェーン技術に基づいた国際決済に取り組む場合、いくつかの種類に遭遇する可能性があります。それぞれの種類には特徴があり、従来の方法と比較してビジネスに一定の利点をもたらします。以下はその主なものです:

1. ステーブルコインベースの支払い

ステーブルコインを利用することで、クロスボーダー支払いを容易にすることができます。ステーブルコインは、特定の法定通貨に対して固定された価値を維持するデジタル通貨です。これらのステーブルコインは、国や通貨を超えた取引を行うための信頼性の高い効率的な方法を提供します。

traditional-vs-stablecoin-payments

その価値が不換紙幣に固定されることで、ステーブルコインは安定性を提供し、従来の暗号通貨にありがちなボラティリティを低減します。この革新的なアプローチは、シームレスかつ安全な国境を越えた取引を可能にし、個人や企業に利益をもたらします。

2.暗号から暗号へのお支払い

暗号から暗号へのお支払いは、伝統的な不換紙幣を必要とせずに国際業務に携わりたい個人や 企業にとって、画期的なソリューションを提供します。ビットコイン、イーサリアム、またはライトコインなどのデジタル通貨を利用することで、ユーザーは外国での購入や取引をシームレスに行うことができ、資金を現地通貨に変換する手間を省くことができます

crypto-to-crypto-payment-processing

3.ブロックチェーンを使った送金

ブロックチェーン技術を活用する送金サービスは、その機能を活用して国境を越えた送金を合理化します。銀行や送金業者などの従来の仲介業者への依存を排除することで、これらのサービスは分散型台帳技術を活用し、個人や組織間の直接取引を促進します

4.銀行間ブロックチェーン・ペイメント

ブロックチェーン技術の可能性は、従来のデータベースには再現できない比類の無い監査証跡と合意メカニズムを提供する銀行間ブロックチェーンを通じて示されています。この技術を取り入れることで、金融機関は国境を越えた決済を合理化し、加速させることができ、関係するすべての利害関係者の費用対効果と透明性を高めることができます

5. 中央銀行のデジタル通貨(CBDC)

CBDCは、特に新興国や低所得国で中央銀行が重要な政策目標としており、クロスボーダー支払いを促進することを目指しています。金融包摂を妨げる障害に対処することで、設計が優れたCBDCは、現在正規の金融システムから排除されている人々に受け入れられる可能性があり、彼らがデジタル支払いに参加できるようにします。

CBDCs-usage-for-crypto-cross-boarder-transactions

CBDCは、より広範なファイナンスサービスへのゲートウェイとして機能し、個人にとっての入り口となります。リスクのない性質、デジタル通貨としての広範な受け入れ、オフラインの国際取引での利用可能性、コスト削減とアクセス性の向上の可能性など、CBDCのユニークな特徴は、ビジネスにとっての潜在的なメリットに貢献しています。

クロスボーダー支払いは安全ですか?

取引を記録する分散型台帳の利用は、ネットワーク内のすべての参加者が台帳のコピーを所有していることを保証します。取引が台帳に追加される前に、それはコンセンサスメカニズムを通じて検証されます。

この強固なプロセスによって、個々の当事者がデータを操作したり、取引記録を変更したりすることが極めて困難になり、システムの完全性が保証されます。

こうした基本的な技術の原則とは別に、ブロックチェーンに基づくほとんどの決済システムは、ユーザーデータと秘密鍵を保護するために暗号化技術も採用しています 

これらの鍵は、資金へのアクセスおよび送金に不可欠です。暗号化を組み入れることで、追加のセキュリティ層が確立され、システムに侵入して機密情報への不正アクセスを試みるハッカーやその他の悪意のある存在にとって、難易度が大幅に上がります

しかし、あらゆる支払いシステムと同様に、ブロックチェーンベースの支払いシステムもすべてのリスクに完全に耐えることはできないことを認識することが重要です。ユーザーは自分の資産を保護するために適切な対策を取る必要があります。これには、堅牢で安全なパスワードの実装、二段階認証やマルチシグ認証方式の利用、および秘密鍵の安全な保存が含まれます。

これらの予防措置を講じることで、ユーザーは資産の保護を強化し、ブロックチェーンベースの決済システムに関連する潜在的な脆弱性を最小限に抑えることができます。

Verdict

ブロックチェーン決済業界の中で、ブロックチェーンによるクロスボーダー決済分野は大きな広がりを見せています。迅速な決済、経費の低減、セキュリティの向上を実現するブロックチェーン技術は、企業が採用する決済処理や国際的な資金移動の方法を完全に変革する可能性を秘めています。

クロスボーダー決済でのブロックチェーンの将来は、金融機関やお客様からの受け入れが進んでいること、規制や基準が整備されていること、スピードと拡張性を高める革新的なソリューションが導入されていることなどから、有望視されています。ブロックチェーンが進歩し続ければ、企業の決済処理に革命をもたらし、効率的な国際業務を促進することになるでしょう。

最新の記事

B2BinPay at Latam Family Office Announcement Summit
B2BinPay Fosters Global Connections at Latam Family Office Investment Summit
15.04.2024
best multicurrency crypto wallet in 2024
2024年、暗号資産に最適なマルチカレンシー・ウォレットを見つける方法
10.04.2024
White-label Crypto Payment Gateway
ホワイトラベル暗号支払いゲートウェイとは何ですか?
09.04.2024
The Top 20 Crypto Payment Providers
暗号化支払いサービスプロバイダー上位20社
08.04.2024