blockchain wallets explained

ブロックチェーンのウォレットとは何ですか?

Reading time

2024年の仮想通貨業界は力強いスタートを切っています。2022年から2023年にかけて価格が下落した後、ビットコインは印象的な復活を遂げ、年初には$70,000以上に達し、2021年の過去最高値を超えました。ビットコインに加えて、イーサリアム、ソラナ、BNBなどの主要な仮想通貨も大幅な上昇を見ています。

市場への関心が高まっている今、多くの人が初めてコインやトークンを購入しようとしています。しかし、購入と取引を始める前に、デジタル資産を保管する場所、つまりブロックチェーンウォレットが必要です。

この記事では、ブロックチェーンのウォレットの複雑さを掘り下げ、利用可能なさまざまな種類を調べ、その機能と安全対策について説明します。

キーポイント

  1. ブロックチェーンのウォレットには、ソフトウェア(ホット)ウォレットとオフライン(コールド)ウォレットがあり、それぞれに特徴とセキュリティ機能があります。
  2. 最新のブロックチェーンのウォレットのほとんどは決定論的で、単一のシードキーまたはマスターキーから秘密鍵を生成します。
  3. ブロックチェーンウォレットの利用料は、取引サイズ、ネットワークの混雑状況、ウォレットプロバイダーのポリシーなどの要因によって異なります。
  4. 一部のプロバイダーは企業向けの特定のブロックチェーンウォレットソリューションを提供しており、企業は高度な機能を利用することができます。

ブロックチェーンウォレットとは何ですか

ブロックチェーンウォレットは暗号化通貨のデジタル保管庫として機能し、ユーザーがデジタル資産を保管、管理、取引できるようにします 

物理的な現金を保管している従来のウォレットとは異なり、ブロックチェーンウォレットは実際のコインやトークンを保管するのではなく、ユーザーの保有する暗号通貨に関連する秘密鍵と公開鍵を保管します。これらの鍵によって、ユーザーはブロックチェーン上の資金にアクセスし、管理することができます。

Exodus cryptocurrency wallet

ブロックチェーンウォレットの仕組み

ブロックチェーンウォレットは、分散型の分散台帳システムであるブロックチェーン技術の原理に基づいて動作します。ユーザーがブロックチェーンのウォレットを作成すると、ブロックチェーン上に一意のアドレスが割り当てられます。このアドレスが暗号通貨の送受信に使用されます。

  • 暗号資産の受け取り: ユーザーが資金を要求するとき、彼らは送信者と自分のブロックチェーンウォレットアドレスを共有します。送信者は、プライベートキーを使用してトランザクションにデジタル署名し、ブロックチェーンネットワークにトランザクションをブロードキャストします。検証されると、トランザクションはブロックチェーンに記録され、受信者のブロックチェーンウォレット残高が更新されます。
  • 暗号資産の送信: ブロックチェーンウォレットから資金を送金するには、ユーザーは受信者のアドレスと金額を指定し、トランザクションに自分のプライベートキーで署名します。その後、トランザクションはネットワークにブロードキャストされ、マイナーによって検証され、ブロックチェーンに追加されます。

多くのブロックチェーンウォレットでは、ユーザーが取引所やスワップサービスを介して異なる暗号通貨間を変換し、スタッキングやその他のWeb3およびDeFi活動にアクセスすることもできます。

how blockchain wallet works

ブロックチェーンウォレットの種類

ブロックチェーンウォレットにはさまざまなタイプがあり、それぞれ独自の特性とセキュリティ機能を備えています:

ソフトウェア(ホット)ウォレット

ソフトウェアウォレットは、デスクトップコンピュータやモバイルデバイスからインストールしてアクセスできるデジタルウォレットです。ソフトウェアアプリケーションまたはWebベースのインターフェイスとして利用できます。ソフトウェアウォレットには次のものがあります:

デスクトップウォレット: これらはコンピュータやラップトップにインストールされたプログラムです。ユーザーにはプライベートキーの完全な制御が与えられ、一般的にWebウォレットよりも安全です。

例: Exodus、Electrum、Guarda。

モバイルウォレット: これらはスマートフォンやタブレットにインストールできるアプリケーションです。移動中に暗号通貨にアクセスできる利便性を提供します。モバイルウォレットは通常、取引を簡単にするためのQRコードスキャンなどの機能を提供します。

例: Trust Wallet、Coinbase Wallet、ZenGo。

ブラウザ拡張機能: これらはWebブラウザを介してアクセスされるウォレットです。これらのソリューションは便利ですが、ハードウェアやデスクトップウォレットよりもハッキングの試みにより影響を受ける可能性があります。

例: MetaMask、Enkrypt、Bitget Wallet。

多くのウォレットプロバイダーでは、複数のプラットフォームからデジタル資産にアクセスすることができます。例えば、あるユーザーはコンピュータにデスクトップウォレットをインストールし、スマートフォンのアプリから同じウォレットにアクセスすることができます。

ファーストファクト

オフライン(コールド)ウォレット

オフラインウォレット、またはコールドウォレットとしても知られるものは、プライベートキーと暗号通貨データをオフラインで保存し、インターネットから切断されています。これにより、オンライン攻撃やハッキングの試みのリスクが大幅に低減し、セキュリティが向上します。オフラインウォレットにはハードウェアウォレットや紙ウォレットがあります:

ハードウェアウォレット: ハードウェアウォレットは、デジタル資産を安全に保管するために特別に設計された物理的なデバイスです。USBのようなデバイスの形態をとり、プライベートキーがオフラインで保存されているため、追加のセキュリティレイヤーを提供します。ハードウェアウォレットは、マルウェアやハッキングの試みに対して免疫を持つため、暗号通貨を保存するための最も安全なオプションの1つと見なされています。

例: Ledger、Trezor、SafePal。

紙ウォレット: 紙ウォレットは、公開鍵と秘密鍵が物理的な紙に印刷されたオフラインストレージの形態です。オンライン攻撃に対して脆弱ではないため、高いレベルのセキュリティを提供します。ただし、紙ウォレットは慎重な取り扱いと保護が必要であり、紛失や損傷を防ぐために注意が必要です。

types of blockchain wallets

これらの他にも、ブロックチェーンのウォレットには次のような種類があります:

決定論的ウォレット

決定論的なウォレットはHDウォレット(階層的決定論的ウォレット)とも呼ばれ、1つのシードまたはマスターキーから一連の秘密鍵を生成します 

このシードはウォレットの復元と、関連するすべての秘密鍵の復元が可能です。決定論的なウォレットは、ユーザーがシードフレーズを覚えておくか保存しておくだけでよいため、バックアップやリカバリーが簡単という利点があります。最近のウォレットのほとんどは決定論的です。

非決定論的ウォレット

ランダムウォレットとも呼ばれる非決定論的ウォレットは、シードやマスターキーに依存することなく、独自に秘密鍵を生成します。各プライベートキーはランダムに生成され、他のキーと関連することはありません 

非決定論的なウォレットでは、ユーザーは個々の秘密鍵を個別にバックアップする必要があるため、決定論的なウォレットと比べるとバックアップやリカバリーの目的には不便です。

Deterministic vs Non-Deterministic crypto wallets

ブロックチェーンウォレットは使用しても安全ですか

ブロックチェーンウォレットは、暗号技術と分散型リーダー技術を使用して、ユーザーのデジタル資産のセキュリティを確保します。通常、ウォレットはさまざまなセキュリティ機能を提供しています。以下は、ほとんどのウォレットプロバイダーが提供している安全対策です:

パスワード

ブロックチェーンウォレットアプリの重要なセキュリティ対策の1つは、強力で一意のパスワードを設定することです。推測が難しく、他で使用されていないものであり、さまざまな文字が含まれている必要があります。プロバイダーはパスワードを保存しないので、安全な場所に保管してください。資金を保管する際は、安全な場所に保管するか、パスワードマネージャーを検討してアクセスを失わないようにしてください。

リカバリフレーズ

ニーモニックシードは、回復フレーズまたはシードフレーズとも呼ばれ、ブロックチェーンウォレットのもう一つの重要なセキュリティ機能です。ニーモニックシードとは、ウォレットのバックアップの役割を果たす、ランダムに生成された一連の単語のことです。これらの単語は通常新しいウォレットアカウントを作成する際にユーザーに提供されます。

ニーモニックシードは、パスワードの紛失やその他の問題が発生した場合に、ユーザーがウォレットを復元し、資金にアクセスすることを可能にします。ニーモニックシードにアクセスしている人は、あなたのウォレットをコントロールできる可能性があるため、ニーモニックシードを安全かつ秘密にしておくことが重要です。ニーモニックシードは、詮索好きな目や潜在的脅威から離れた安全な場所に保管することを検討してください。

recovery phrase

二要素認証

二要素認証(2FA)を有効にすることで、サインインや取引に追加の認証コードを要求することで、ブロックチェーンウォレットのセキュリティが高まります。これは攻撃者にとっての障壁となるもので、パスワードと2FAデバイスへのアクセスの両方を要求します。ほとんどのウォレットプロバイダーがセキュリティ強化のために2FAを提供しています。

IPホワイトリスト機能

いくつかのソフトウェアウォレットのアプリプロバイダーは、セキュリティを強化するためにIPホワイトリストを提供しています。これにより、ユーザーは信頼できるIPアドレスを指定して、ウォレットへのアクセスを制限することができます。この追加保護レイヤーにより、不審なIPからの不正アクセスを防ぐことができ、ハッカーに対するセキュリティが強化されます。

マルチシグ(マルチシグネチャ)セキュリティ

マルチシグ(マルチ署名)は、トランザクションに複数の署名を必要とすることで、セキュリティを強化するのが特徴です。マルチシグは異なるソースからの複数の鍵を必要とするため、ブロックチェーン上でこれを有効にすることで、ビットコインウォレットはさらなる保護を追加します。

safety measures of blockchain wallets

ウォレットの手数料と取引コスト

ブロックチェーンウォレットを使用する際には、特定のアクションに関連する手数料と取引コストに注意することが重要です:

ダイナミックな料金体系

ブロックチェーンウォレットはしばしばトランザクションに動的な手数料構造を採用しています。

ネットワークが混雑している期間は、マイナーがトランザクションを優先するようインセンティブを与えるために手数料が上がることがあります。逆に、ネットワークが混雑していないときは手数料が低くなることもあります。ウォレットが手数料の目安を提示していたり、ユーザーが希望する取引スピードや緊急度に基づいて手数料をカスタマイズできるようになっていたりすることもあります。

ブロックチェーンウォレットの手数料は、取引に関わる暗号通貨取引所やサードパーティのサービスから請求される手数料とは別であることに注意することが重要です。驚きを避けるために、取引を行う際には関連するすべての手数料を考慮するようにしてください。

優先手数料と通常手数料

優先手数料は、取引手続きを迅速化し、確認時間を短縮することができる高い手数料です。一方、通常手数料は低額ですが、取引処理が遅くなる可能性があります

優先手数料と通常手数料を選択するかどうかは、ユーザーの緊急性と、より迅速な確認のために高い手数料を支払う意思によります。優先手数料は、迅速な確認を必要とする場合に特に有効です。

取引コストに影響を与える要因

ブロックチェーンウォレットの使用に関わる取引コストには、いくつかの要因が影響します。これらの要因には以下が含まれます:

  • トランザクションサイズ: データサイズの観点から、大きなトランザクションは、マイナーにそれらをブロックに含めるように促すために、より高い手数料が必要になる場合があります。
  • ネットワークの混雑: 人気のあるトークンセールや重要な市場イベントなど、ネットワークの混雑が高い期間には、ブロックスペースへの高い需要により、トランザクション手数料が増加する場合があります。
  • ウォレットプロバイダーの方針: 各ウォレットプロバイダーは独自の手数料構造と方針を持っています。

ウォレットを選ぶ前に、異なるウォレットプロバイダーの手数料構造を調査して比較してください。

ブロックチェーンウォレットの利点と欠点

どんな技術でも、ブロックチェーンウォレットにはそれぞれ独自の利点と欠点があります:

ブロックチェーンウォレットの利点

  • 分散化: これらのウォレットを使用すると、銀行などの中間業者なしに資金を完全に制御できます。これにより、金融の自立が促進され、中央集権的な機関への依存が減少します。
  • アクセシビリティ: 暗号ウォレットを使用すると、インターネットに接続されている場所から資金にアクセスし、取引を行うことができます。これにより、頻繁に移動するユーザーや銀行のインフラが限られている地域に住んでいるユーザーにとって、便利さと柔軟性が提供されます。
  • 取引コストの低減: 伝統的な銀行取引方法と比較して、暗号通貨の取引は通常、特に国境を越える取引に対して手数料が低いです。
  • セキュリティ: ブロックチェーンは、資金を保護し、ユーザーのプライバシーを保護するために堅牢な暗号技術を採用しています。強力なパスワード、2段階認証、ニーモニックシードの安全な保存などの適切なセキュリティ対策を講じれば、デジタル資産ウォレットは不正アクセスに対する高いレベルのセキュリティを提供できます。
  • ダイバーシフィケーション: ブロックチェーンウォレットを使用すると、1つのストレージ内でさまざまな資産を保持および管理し、ポートフォリオのダイバーシフィケーションを容易にすることができます。これにより、暗号通貨業界が提供する成長と機会の可能性を活用することができます。
Advantages of Blockchain Wallets

ブロックチェーンウォレットの欠点

  • 受け入れの低さ: 暗号通貨の人気が高まっているにもかかわらず、それらが支払い手段として受け入れられる範囲は、従来の法定通貨と比較して依然として限られています。すべての商人やサービスプロバイダーが暗号通貨を受け入れているわけではないため、暗号ウォレットの使用範囲が日常の取引に制限される場合があります。
  • ボラティリティ: 暗号通貨市場はそのボラティリティで知られており、価格はしばしば大きな変動を経験します。
  • 学習曲線: ブロックチェーン技術と暗号通貨の概念は初心者にとって複雑な場合があります。暗号ウォレットの使用には、暗号原理、取引プロセス、およびセキュリティ対策の一定の理解が必要です。
drawbacks of blockchain wallets

2023年の統計によれば、小売企業の約75%が今後2年以内に暗号通貨を受け入れる予定である。

ファーストファクト

個人でブロックチェーンのウォレットを使用する際のベストプラクティス

ブロックチェーンウォレットのセキュリティと使い勝手を最適化するには、ベストプラクティスに従うようにしてください。以下は、ブロックチェーンウォレットを使用する際の推奨事項です:

ソフトウェアとファームウェアは常に更新しておく

暗号通貨ウォレットのソフトウェアまたはファームウェアを定期的に更新することは、そのセキュリティと機能性を維持するために非常に重要です。ウォレットのプロバイダーは、セキュリティの脆弱性に対処したり、ブロックチェーンウォレットの新機能を導入したり、パフォーマンスを向上させるアップデートをリリースすることがよくあります 

ウォレットプロバイダーのウェブサイトまたは公式チャンネルで、アップデートやアナウンスがないか確認してください。ウォレットプロバイダの指示にしたがって、ウォレットソフトウェアまたはファームウェアをアップデートしてください。

定期的にウォレットのデータをバックアップする

定期的にウォレットのデータをバックアップし、暗号化された外部ストレージデバイスやオフラインバックアップなど、複数の場所に安全に保管することをお勧めします。バックアッププロセスをテストし、必要に応じてバックアップが正常に復元できることを確認してください。

秘密鍵とニーモニックシードの保護

秘密鍵は誰かと共有しないようにし、フィッシング詐欺や詐欺の手口には注意してください。物理的な金庫や暗号化されたデジタルストレージなど、安全でアクセスできない場所に保管してください。

取引の詳細をダブルチェックする

取引を確定する前に、正確性を確認するために詳細を注意深く確認してください。受信者のウォレットアドレス、送金額、および追加の取引メモや備考に特に注意してください。取引が確認されると、一般的には取り消しができず、紛失したまたは誤って送金された資金を回収することは困難です。

フィッシングの試みに注意しましょう

フィッシングの試みは、攻撃者たちがブロックチェーンウォレットに不正アクセスするために使う一般的な方法です。ウォレットへのログイン認証情報、秘密鍵、ニーモニックシードを要求する不審な電子メール、メッセージ、ウェブサイトには注意してください。機密情報を共有する前に、通信やウェブサイトの信頼性を常に確認してください。

正当なウォレットプロバイダは、未承諾のメッセージや電子メールを通じて、秘密鍵の共有やフレーズの回復を要求することはありません。定期的にセキュリティで保護された接続 (HTTPS) をチェックし、ウェブサイトの URL を確認し、2FA などの追加のセキュリティ対策を有効にすることで、フィッシングの試みからウォレットを積極的に保護しましょう。

大量保有の場合はハードウェアウォレットを使う

かなりの量の暗号化通貨を持っている場合は、セキュリティを強化するためにハードウェアウォレットの使用を検討してください。ハードウェア・ウォレットは秘密鍵をオフラインで保管し、オンラインの脅威から守ります。高価値の資産を保護するように設計されており、トークンやコインを保管するための最も安全なオプションの1つと考えられています。

how to use blockchain wallets safely

ビジネス向けのブロックチェーンウォレットについて

ブロックチェーンウォレットは個人だけでなく、仮想通貨取引を行うeコマースサイトや取引所などの企業にも役立ちます。

ブロックチェーンウォレットの主要なプロバイダーの1つはB2BinPayであり、同社は2つのタイプのウォレットソリューションを提供しています:マーチャントデジタルウォレットとエンタープライズブロックチェーンウォレット。これらのウォレットは統合されたプラットフォームを通じてアクセス可能であり、企業は追加のアカウントを開設する必要はありません。

  • デジタルウォレットソリューションは、フィンテックやeコマース企業、高リスク取引を行う企業にとって便利なオプションです。このソリューションを使用すると、企業は7つの異なる通貨でウォレットを開設し、50種類以上の通貨をウォレット通貨に自動変換して受け入れることができます。ただし、この便利さには通貨の変換にかかる手数料が発生します。
  • 一方、エンタープライズウォレットは、330以上の仮想通貨をサポートする幅広い通貨を提供しています。このソリューションは、多様な仮想通貨ポートフォリオを持ち、取引リスクに対処する必要がある企業に最適です。また、カスタムトークンの簡単な交換も可能であり、仮想通貨スポット取引所向けに適しています。

最後に思うこと

最近の市場動向は、ブロックチェーン技術や仮想通貨の関心と採用の増加を示しています。一方で、ビットコインのオンチェーンアクティビティが比較的低いままであることから、多くのホルダーが保有資産を売りたがっていないことが明らかです。

これは、変動が続いているにもかかわらず、投資家の間で暗号通貨の長期的な可能性に対する強い自信があることを示している可能性があります。このような上昇傾向を利用するためには、暗号通貨投資を保管・管理するためのデジタルウォレットの安全な使用など、ブロックチェーン技術の基本を理解する必要があります。

よくある質問

ブロックチェーンウォレットはどのように使うのですか?

最初のステップは、作成することです。ソフトウェアウォレットをダウンロードして使用するか、サービスプロバイダーを通じてウェブベースのウォレットを使用することができます。ウォレットを作成したら、固有の公開アドレスと秘密鍵が与えられます。このアドレスでブロックチェーン・ネットワーク上でデジタル通貨を送受信することができます。取引を行うには、ウォレットに十分な資金があって、受取人の公開アドレスを知っている必要があります。

ブロックチェーンウォレットにお金を加えるにはどうすればいいですか?

ブロックチェーンウォレットにお金を追加するためには、暗号通貨取引所を通してデジタル通貨を購入するか、他のウォレットから受け取ります。ウェブベースのウォレットを使用する場合、ほとんどのサービスプロバイダーはプラットフォーム内で直接暗号を購入するオプションを提供しています。

最も人気のあるクリプトウォレットは何ですか?

Coinbaseは、ユーザーフレンドリーなインターフェイスと複数の暗号通貨をサポートしているため、最も人気のある暗号ウォレットの1つです。また、購入、売却、デジタル通貨の保管など、様々な機能を一箇所で提供しています。
<br その他の人気の高い暗号ウォレットには、秘密鍵をオフラインで保管することでセキュリティを強化したLedger Nano Sや、分散型アプリケーション用のブラウザを内蔵したウェブベースのウォレットであるMetaMaskなどがあります。

<br ビジネスでの使用については、B2BinPayウォレットソリューションは、あらゆる規模のビジネスにデジタル資産の安全で効率的な管理を提供します。

最新の記事

How to integrate Bitcoin payment API
ビットコイン決済API:選び方と統合方法
教育 15.05.2024
PSP vs Payment Gateway: Which One is Best for You?
PSPとペイメントゲートウェイ: どちらのシステムをビジネスに組み込むべきか?
教育 10.05.2024
Accept Monero Payments - XMR
2024年にイーサリアム決済を受け入れる方法
教育 09.05.2024
ウェブサイトにビットコイン決済を追加する方法
教育 06.05.2024