KYT Meaning and Practical Applications

暗号通貨取引におけるKYTが持つ意味と大きな重要性

Reading time

暗号通貨が初めて世界市場に参入した際の主な魅力は、ユーザーにとってこれまでに前例のない大きな自由を手にすることでした。実際に暗号通貨の所有者はサードパーティーの監督を受けることなく暗号通貨の保管、受け取り、支払いなどを行う事ができるのですが、月日が経つにつれて多くの詐欺事件、マネーロンダリング、テロ資金供与事件などが暗号通貨を介して多く見られたため、暗号通貨の最大のメリットが今では最も致命的な弱点の1つとして世間に広く認識されるようになってしまいました。

Know Your Transaction (KYT)の主なコンセプトとしては支払いプロセスの透明性と安全性の向上です。この記事ではKYTにおける様々なメリットやこのメカニズムを自社のビジネスに統合することを検討すべき理由について説明していきます。

重要なポイント

  1. “Know Your Transaction (KYT)”ツールを使用することで、企業は疑わしい暗号通貨取引の監視および検出を行うことが出来ます。
  2. KYTを使用することで、暗号通貨に関連したビジネスはスムーズなワークフローの維持や金融犯罪の防止および公平な評判などを維持することができます。
  3. しかし、KYTツールには高額なセットアップ費用、誤検知の可能性、ユーザーのプライバシーの問題などの様々な制限が付随します。
  4. 完璧なKYTプロバイダーの選択基準は個人の運用予算、ビジネスニーズ、暗号化トランザクションの複雑さなどによって大きく異なります。

KYTとは何でそれがどのように金融犯罪から守ってくれるのですか?

“Know Your Transaction (KYT) ”が持つメカニズムによって企業は取引を監視することが出来るようになり、取引履歴内の金融犯罪を事前に防止できる可能性があります。

KYTの手法においてはマネーロンダリング対策 (AML) やテロ資金供与対策ガイドライン (CTF) などのKYTツールやメカニズムが整備されていないと分析が難しい情報などが含まれます。

また、KYTは“Know Your Customer” (KYC) ガイドラインと呼ばれる同様のコンプライアンスツールとも連携しています。KYTにおけるモニタリング手法の起源は1970年代にまで遡りますが、これらのツールは市場のニーズの変化に合わせて常に進化し続けています。

金融分野における犯罪行為は年々複雑になっていてそれらの悪行を見つけるのが非常に困難になっているため、企業はKYTメカニズムを体系的にアップグレードする必要があります。企業がKYTを取り入れることで自社の安全と重大な損失や犯罪に巻き込まれる影響を大幅に回避できるため、現在の暗号通貨業界においてKYTは最も信頼できるツールの1つとして知られています。

KYTはブロックチェーンの基礎に反すると考える人もいますが、現在ではデジタル資産を使って行われる違法行為と戦う上では必要不可欠なツールであることが実証されているのです。

KYTはどのように機能しますか?

すでに上記で述べたようにKYTツールは過去数十年に渡って多くの変更および進化を経てきましたが、KYTの主な目的と方法論は当初と同じままです。金融機関、暗号通貨取引所、証券会社、その他多くの企業はこのメカニズムを利用することで疑わしい詐欺取引を避けることが出来ます。その手口は以下で説明します。

The Inner Workings of KYT

AMLトランザクションにおける監視と分析

KYTを成功させるために最も欠かせない点は金融取引の追跡と調査であり、何よりもまずはKYTテクノロジーによって企業はIPアドレス、受信者情報、請求書、その他の利用可能なデータポイントを含む金融取引データなどを収集する必要があります。その後、それらの情報は何らかの異常や標準的なトランザクションから逸脱していないかどうかなどを検出するように訓練された複雑なアルゴリズムによって処理されます。

これらの異常なアクティビティの一部には大規模なアカウントに対する少額の取引、引き出しのみの実行、奇妙な時間間隔での送金の実行などが挙げられます。

ただし、上記はただの氷山の一角にすぎません。それでもシステムが頻繁に更新されるためにKYTアルゴリズムはますます高度になっており、これらの更新は主に実際に起きた最新の詐欺犯罪事件やその他の発見されたホワイトカラー犯罪活動を基に行われています。

顧客プロフィールの評価

トランザクションを収集して分析した後は、顧客プロフィールを作成することが重要になります。ここではトランザクションを個別に分析することも可能ですが、顧客の動作プロフィールを作成する方がはるかに効率的かつ効果的に各企業が全顧客に対して具体的な期待を策定でき、不審なアクティビティが発生しているかどうかを確実に結論付けることができます。

例えば、通常は暗号通貨で月に数回しか取引を行っていない顧客が突然2日おきに積極的に資金を送金し始めた場合には潜在的に悪意のあるアクティビティとして見られる場合があります。当然のことながら、このような動作の変更に対して顧客側から何らかの正当な理由が提示される可能性がありますが、まずは疑わしいアクティビティを確認することが非常に大切です。

暗号通貨セクターには、まずは正規の顧客として始めて立派な顧客プロフィールを蓄積した後に違法行為に従事する個人が溢れていることから、どんなにユーザーアカウントが長期間にわたって正規のものであったとしてもリアルタイムでの顧客プロフィールの評価を実施することを強く推奨します。

KYTおよびKYCは多くの注目を集める犯罪事件を解決しており、当局は国際ネットワーク全体の支払いパターンを分析するだけでテログループのメンバーを逮捕しています。

基本概要

KYTを受け入れるメリット

この分野の実質的なビジネスにとってKYTの暗号化プロセスは非常に貴重なものであり、現在の暗号通貨を介した金融犯罪が史上最高を記録している事実を踏まえると、小規模な暗号通貨ビジネスであってもKYTの採用を検討することは非常に賢明であると言えます。

Pros and Cons of KYT

KYTはマネーロンダリングのリスク、詐欺行為、テロリストや犯罪への資金提供事件、その他金融手段を通じて行われる多くの悪意のある活動を防いでくれます。KYTの最も重要なメリットとしては、企業が完璧な実績を維持しつつ世間の目で高いレベルの評判を維持できるようになることです。

暗号通貨取引監視ツールを採用することで、企業は自社のプラットフォームに安全に使用できるというシグナルを送ることができるようになります。暗号通貨トランザクションのモニタリングを取り入れることで、企業はデジタルワークフロー内のセキュリティを維持しながら収益を増やすことが可能になります。

KYTが持つ制限を把握する

KYTにおいては設定コスト、誤検知のリスク、データプライバシーのジレンマの3つの主な懸念事項が挙げられます。

1つ目の懸念事項であるセットアップ費用ですが、多くの小規模企業にとってKYTを採用することで多額の設備投資が必要になる可能性があります。関連する全てのシステムやプロトコルを実装する為に多くのスタッフの時間をこのプロセスに費やすことで、元々高いセットアップ費用かそれからの数ヵ月でより高くなる可能性があります。

2つ目にKYTでは不審なアクティビティに対して多くの誤検知結果が生じる可能性があります。上記で述べたようにユーザーが正当な理由で単に行動を変更するケースは数多くあるため、企業はビジネスに危険を及ぼさない顧客を調査するために多くの時間とリソースを費やす必要があるかもしれません。

3つ目としてはデータプライバシーの課題が挙げられます。ブロックチェーントランザクションを使用する主な魅力の1つはユーザーの匿名性と自由であり、KYTを取り入れることで安全な取引と資金保管のためのハブを作成するには最低限のトレードオフが必要になります。

KYCとKYTの大きな違い

KYCは暗号通貨ビジネスを安全に保つための1つの重要な側面となりますが、それはKYTとは大きく異なり初期のオンボーディングプロセスに重点が置かれています。KYCによれば、セットアッププロセスは全てのデータを取得するために期間中に顧客情報を収集するようです。

KYC vs KYT, What's the Difference?

KYTとKYCは連携して行われますが、ユーザーデータの収集は顧客プロフィールの作成やそれに応じた取引アクティビティの確認に役立ちます。最大限のコンプライアンスとセキュリティを達成するには、これらの方法の両方を組み合わせることが最善策となります。

適切なトランザクション監視ソフトウェアを入手する方法

適切なKYTツールを入手するための重要な手順は個々のビジネスニーズによって大きく異なってきますが、一般的に考慮すべき要素がいくつかあります。KYTツールには自動化できる適切な検出ツールが必要であることから、KYTソフトウェアの最も重要なメリットとしては疑わしい動作を自動的に検出して企業が費やす時間やコストの節約に繋げることです。

Steps to Acquiring a Perfect KYT Tool

企業の従業員がこのツールの使用に多くの時間を費やさない為にも、KYTソリューションの操作や監視は非常に簡単でなければなりません。さらにKYTプロバイダーは基礎となる方法論を頻繁に更新する必要があることから、多くのソフトウェアは市場で新たに発生している悪意のあるアクティビティを検出する方法を備えています。

最後になりますが、一部のKYTプロバイダーはサブスクリプションに高額な値札を請求していることから価格も非常に重要となります。ただし、小規模な企業では大規模なKYTプロバイダーが提供する広範かつ複雑なサービスを必要としないことがよくあることから、プロバイダーを選択する前には個々のニーズ、ビジネス範囲、運用上の課題などを事前によく分析しておくことで月々の出費を大幅に節約できます。

まとめ

現代の運営のセキュリティを確保することを目指す暗号通貨企業にとって、KYTは完璧な評判を維持するためになくてはならないツールの1つになっています。顧客の行動やブロックチェーントランザクションの分析を行う事で、自社のコンプライアンスの維持や利害関係者への配慮など取り返しのつかない損失を防ぐための優れた方法となり得ます。したがって、KYTを上手く取り入れて市場を分析する為にも自社のニーズに最適なKYTプロバイダーの選択を強くお勧めします。

最新の記事

Athletic Club wins Copa Del Rey
Ethereum決済API統合のユニークなメリット
教育 02.04.2024
How and Why Should You Accept Bitcoin as Payment in 2024?
2024年にBitcoinを支払いとして受け入れる必要があるのはなぜですか?
教育 01.04.2024
Analysing Open-Source Payment Gateways
オープンソースの決済ゲートウェイを選択すべきですか?
教育 28.03.2024
crypto wallet integration process
オンラインショップへの暗号ウォレット統合の主なステップ
教育 26.03.2024