NFT bridging vs NFT Swapping

NFTブリッジングとNFTスワッピング: 主な違い

Reading time

NFTテクノロジーはアートの世界における新しい言葉となっており、クリエイティブなコンテンツや価値を生み出すクリエイターにお金を稼ぐ新しい方法を与えています 

しかし、NFTのコンセプトには多くの利点があるにもかかわらず、開発の過程で、さまざまなマーケットプレイスやプラットフォームでのトークンの取引や移転に関するある種の困難も経験しました。

この問題は、さまざまなネットワーク間でのトークンの高速かつ信頼性の高い移動のためのソリューションを提供するNFTブリッジングおよびNFTスワッピングメカニズムの創設につながりました。

キーポイント

  1. NFTスワッピングとは、利益のために低額のデジタルトークンを購入し、高値で売却するプロセスです。
  2. NFTは他の収集物よりも高い利幅を提供できるため、スワッピングは人気の高い手法となっています。
  3. NFTブリッジのプロセスでは、NFTブリッジと呼ばれる専用のアプリケーションを使用してブロックチェーン間でNFTエントリーを転送します。

NFTスワッピングとは

NFTスワッピングとは、NFTを低い価格で購入し、高い価格で別の売り手に売却して利益を得ることを指します。スワッピングは、さまざまな収集品に人気のある方法ですが、NFTは他の収集品よりもかなり高い利益率を提供することができます。

NFT Swapping Explained

NFTの交換には、NFTトレーダーに収入を提供し、プレイ・トゥ・アーン・ゲームやNFTマーケットプレイスなどのNFTベースのプラットフォームをサポートするなど、複数の利点があります。

クロスチェーンNFTスワッピングでは、ユーザーは異なる分離されたチェーン上でNFTを交換できます。例えば、個々のユーザーは、異なるブロックチェーンNFTマーケットプレイスでのコレクタブルと交換することができます。これは、任意の相互運用可能なブロックチェーン上に構築された相互運用可能なNFTマーケットプレイスを使用して行います。

NFT swapping process visualised

NFTスワッピングのプロセスは複雑で、以下にまとめられた異なるタイプがあります。

1. オークションベースのスワップ

分散型取引所(DEX)は、暗号通貨愛好家の間で人気を博しており、暗号通貨を安全で信頼性のある方法で取引する手段を提供しています。ただし、一部のDEXはオークションを介してNFTのスワップも可能です。これは、買い手と売り手がNFTに対して入札することができ、あらかじめ決められた価格に達するまで取引が行われます。

オークションを使ったスワップ取引は、希少なNFTや人気の高いNFTを入手するためにますます人気が高まっています。オークションシステムが統合されているDEXもあれば、サードパーティのオークションプラットフォームを利用してこの取引を促進しているDEXもあります。これにより、ユーザーは仲介業者や中央集権的な機関を介さずに、簡単かつ透明性をもってNFTに入札し、取引を完了することができます 

2. マルチアセットスワップ

マルチアセットスワップでは、いくつかのNFTを1つまたは複数のNFTと交換することができます。この種の交換は、コレクションを統合したいコレクターや、NFT一式をより価値の高いNFT一枚と交換したいコレクターにとって有用です。複数のアセットのスワップは、複数のアセットの同時スワップを可能にするDEXを使用して実行することができます

3.フラクショナルスワップ

端数スワップでは、NFTの所有権を端数に分割し、複数のユーザーがNFTの一部を所有できるようにします。これは、利益の出るNFTを所有したいが、それをそのまま購入するにはより多くの資金力が必要な個人にとってメリットがあります。分数スワップの可能性は、分数所有または分数化プラットフォームをサポートするDEXを使用することで可能になります。

4.ラップNFTスワップ

特定の状況下では、異なるブロックチェーンネットワークの wrapped NFT を交換することが可能です。これは、コレクターが好みのブロックチェーンネットワークで入手できないNFTを購入したい場合に有益なオプションとなります。wrapped NFT

Wrapped NFT のスワップは、特化したDEXや wrapped NFT マーケットを通じて行うことができます。

5. 直接スワップ

同じ価値のもう一方の NFT と交換することを直接スワップと呼びます。DEXは、2つの NFT の間の交換レートを確立するために自動市場メーカー (AMM) を使用して直接スワップを容易にします。直接スワップは、同様または同等の価値を持つ NFT を簡単に交換するためのシンプルな方法です。

NFT ブリッジングプロセスは、Web3スペースの発展に寄与し、メタバースプラットフォームの確立に肯定的な影響を与え、DeFiセクターの近代化を進め、NFTゲームに新しい息吹をもたらすでしょう。

事実

NFTブリッジングとは

NFTブリッジングは、NFTエントリーを専門のアプリケーションである NFT ブリッジを使用して、1つのブロックチェーンから別のブロックチェーンに転送するプロセスです。NFTブリッジングのプロセスには、スマートコントラクトが含まれ、クロスチェーントランザクションが発生するためには事前に定義された条件が必要です。

NFT bridging process

現在、StacksBridge、Plasma NFT Bridge、Wormhole NFT Bridge、XP Bridgeなど、いくつかの人気のあるNFTブリッジングアプリケーションが使用されています。これらのアプリケーションは、NFTブリッジングプロセスを容易にし、異なるブロックチェーン間でNFTを転送するための利便性を高めるように設計されています。

NFTスワップと同様に、現在はいくつかのタイプのNFTブリッジングが存在しています。

1. アトミックスワップ

ブロックチェーンネットワーク間の相互運用性は、NFTトレーダーにとって新興の需要となっています。この問題への1つの解決策は、複数のブロックチェーンネットワークをまたいでNFTを直接同時に交換することです。これをアトミックスワップNFTと呼びます。これを実現するためには、スマートコントラクトとカスタマイズされたプロトコルを利用して、シームレスかつ安全な交換プロセスを作成できます。

2.トークン ラッピング

トークンラッピングは、異なるブロックチェーンネットワーク間のNFTの移動を容易にするメカニズムです。これは、元のNFTを宛先ネットワークが認識できる互換性のある形式でカプセル化することで実現されます 

ラッピングされたトークンにはオリジナルのNFTに関する必要な情報がすべて含まれているため、新しいネットワーク上でNFTを正確に表現し、交換することができます。トークンへのラッピングにより、NFTはその独自性や価値を失うことなく、ブロックチェーンエコシステム間でシームレスに移転することができます。

3.サイドチェーンブリッジング

NFTはサイドチェーンのブリッジングにより、サイドチェーンとメインブロックチェーンネットワークの間で移動させることができます。サイドチェーンは、メインのネットワークにリンクされた独立したブロックチェーンネットワークであり、特定の目的のために利用することができます 

このメカニズムにより、異なるネットワーク間でNFTの移転が可能になり、ユーザーは両方のネットワークの利点を活用することができます。

4.クロスチェーンブリッジング

NFTをあるブロックチェーンネットワークから別のブロックチェーンネットワークに転送する場合、そのプロセスでは2つのネットワーク間にブリッジを作成する必要があります。これを容易にするために、開発者はスマートコントラクトや特殊なプロトコルに頼ることがよくあります 

これらのツールは、NFTの安全性、透明性、効率性を確保するのに役立ちます。これらの技術を活用することで、異なるブロックチェーンネットワーク間のギャップを埋め、デジタル資産のシームレスな交換を可能にします。

NFTスワッピングとNFTブリッジング – 比較分析

どちらのプロセスも、異なるブロックチェーンネットワーク間で単一のNFTを移動させることを目的としており、技術的な面では共通していますが、その運用はいくつかの点で根本的に異なります。

セキュリティ

NFTスワッピングとNFTブリッジングのセキュリティリスクに対する認識は不可欠です。いずれのプロセスも、詐欺やハッキングに対して脆弱である可能性があります。しかし、暗号NFTをブリッジングする場合、送金プロセスに追加の当事者やプラットフォームが関与するため、リスクが高くなる可能性があります 

このため、セキュリティの欠如や ミスが発生する可能性があります。NFT を取り扱う際には、必要な予防措置を講じ、十分な情報を得た上で意思決定を行うことが、安全な取引を確保するために不可欠です。

送金スピード

NFTを転送するとなると、同じブロックチェーンネットワーク内でスワップする方が、別のネットワークにブリッジングするよりも一般的に高速です 

これは、暗号ブリッジングには、転送先のプラットフォーム上で新しいNFTを作成するなど、追加の手順や処理時間が必要になることが多いためです。結果として、このようなケースでは転送時間が長くなる可能性があります。

取引手数料

NFTのスワップはシンプルで複雑なプロセスではなく、異なるブロックチェーンネットワーク間でNFTを移転する必要はありません。その結果、主にNFTブリッジングよりも取引手数料が低くなります 

しかし、NFTブリッジングの場合、異なるブロックチェーンネットワーク間でのNFTの移転を促進するためにサードパーティのサービスやプラットフォームを利用する必要があり、その結果、取引手数料が高くなる可能性があります

相互運用性

NFTは、同じブロックチェーンプラットフォームまたはブロックチェーンネットワーク上でホストされている他のNFT間でしか切り替えられないことに注意することが重要です。しかしながら、良いニュースは、NFTブリッジングによって複数のブロックチェーンネットワーク間で相互運用性を実現できることです 

これにより、NFTの市場が拡大し、NFTの購入、売却、交換の方法がより柔軟になります。NFT のブリッジングにより、NFT の可能性はさらにエキサイティングで無限に広がります。

おわりに

NFT ブリッジおよび NFT スワッピングは、コレクター、投資家、生産者が NFT の価値を高めるために極めて重要です。NFT BridgingとNFT Swappingにより、ユーザーはさまざまなプラットフォーム間でNFTを取引したりブリッジしたりできますが、相互運用性の問題やセキュリティ上の脅威に対処する必要があります

潜在的なトラブルを避けるためには、各トークンの独自性を検証することが重要です。これらの技術は、NFT市場が発展するにつれて不可欠なものとなり、ユーザーがNFTとやり取りするための信頼できる安全な方法が確保されることになります。

最新の記事

B2BinPay at Finance Magnates Africa Summit 2024
B2BinPay is Bound for Finance Magnates Africa Summit 2024
16.02.2024
Crypto Expo Dubai 2024
B2BinPay To Present at Crypto Expo Dubai 2024
15.02.2024
B2BinPay v19, Instant Swaps and Expanding Blockchain Support
B2BinPay v19の登場によるインスタントスワップやブロックチェーンサポートの拡張
How Wrapping Coins Solves a Cross-Chain Problem
クロスチェーン問題においてラップドコインがどのような解決策となり得るのか
教育 13.02.2024