how to recover a crypto wallet

紛失した仮想通貨ウォレットから仮想通貨を復元することは可能ですか?

Reading time

多くの仮想通貨ユーザーは自分の秘密鍵をサードパーティの管理者に預けるべきか、それとも集中型暗号交換などの非保管ウォレットを使用して手動で管理するかどうかの悩みに直面することがよくあります。Crystal BlockchainとCointelegraphのレポート結果によれば、過去10年間に仮想通貨取引所のハッキングで盗まれた資金は156億ドルを超えることからノンカストディオプションの安全性に対する懸念がさらに高まっています。

この様な事から、多くのユーザーがノンカストディ仮想通貨ウォレットを選択することで資金やリスク管理を自らで行っています。ただし、鍵の自己管理には大きな代償が伴う事から、ウォレットの間違いや紛失は自らの仮想資産の永久的な損失に繋がる場合があります。

回復の保証がない仮想通貨の世界においては、紛失したウォレットから仮想通貨を復元することは可能かどうか?という疑問が生じてきます。

重要なポイント

  1. 万が一ウォレットにアクセスできなくなった場合は、リカバリーフレーズを使用することができます。
  2. 仮想通貨業界では代替ソリューションが利用可能です。
  3. 万が一合言葉を忘れてしまうと、ウォレットの復元率が極めて低くなってしまいます。

仮想通貨ウォレットの基本について

暗号資産の所有権を証明するために使用される暗号鍵を保持する仮想通貨ウォレットの機能によって、ブロックチェーン上のトランザクションに署名して資産の所有権が確認されます。

秘密鍵

仮想通貨ウォレットの最も重要な要因は秘密鍵であり、これはトランザクションを承認するためのデジタル署名として機能する人間には判読できない非常に長く複雑な文字列を指しています。この秘密鍵にアクセスできる人は誰でもブロックチェーン上のユーザーの資産を制御できるため、この秘密鍵は誰とも共有せずに常に秘密にしておかなければなりません。

private key example

シードフレーズ

仮想通貨ウォレットの重要な要素のもう1つにはシードフレーズまたはリカバリーフレーズが挙げられます。これは仮想通貨ウォレットのマスターキーとして機能する12または24ものランダムな単語で構成されたものであり、万が一ユーザーがデバイスを紛失したりパスワードを忘れてしまった場合でも、これらを使用することで自らの資金を復元することができます。

crypto wallet seed phrase

シードフレーズはBIP-39と呼ばれる標準化されたアルゴリズムに基づいて生成されます。これらのフレーズは人間が簡単に書き留めて覚えられるように設計されていますが、基本的には第三者がそれを推測したり再現したりするのは非常に困難な構成となっています。

シードフレーズは銀行のPINに相当することから、それを知る全てのユーザーに対して資金へのアクセスが許可されるために決して誰にも共有しないでください。

現在最も一般的なタイプの仮想通貨のハッキングの種類には主にフィッシング、マルウェア、ソーシャルエンジニアリングなどが含まれます。

基本概要

リカバリーフレーズを使用して仮想通貨を復元する方法

ウォレットにはアクセスできないが、リカバリーフレーズを持っている場合の復元プロセスは比較的簡単です:

  • ブラウザでウォレットアプリまたは拡張機能を開きます。
  • アプリ内で“ウォレットを復元する”にリカバリーフレーズを入力します。
  • リカバリーフレーズが正確に入力されていることを確認してください。
  • デバイス上のウォレットを保護するために新しいパスワードを設定してください。
  • 新しいパスワードを確認してください。
  • ウォレットがブロックチェーンと同期するまで数分ほど待つ場合があります。

リカバリーフレーズを紛失した場合はどうすればいいですか?

非常に残念ですが、リカバリーフレーズを紛失した際のウォレットの復元は非常に困難な作業になる場合がありますが、ここでは以下のようないくつかの検討可能なオプションが利用可能です:

  • ウォレットのプロバイダーに連絡する: ウォレットのプロバイダーによっては、アカウントに関連付けられたメールアドレスや電話番号などの十分な情報を送信できればウォレットの復元をサポートしてくれる場合もあります。
  • ウォレットのパスワードを覚えておく: ウォレットのパスワードを覚えていれば、ウォレットを復元できる可能性が少し高まります。
  • さらなるサポートが必要な場合はデータ復元のスペシャリストを雇う: これは最後の手段であって必ずしも成功が保証されている訳ではありませんが、リカバリーフレーズを含む削除されたファイルが電子的に保存されていた場合には復元が可能な場合もあります。

基本的にフレーズなしでのウォレットの復元は非常に難しいです。

リカバリーフレーズの保護が重要な理由

リカバリーフレーズを保護することで、自分が保有する暗号資産に自分のみがアクセス可能になります。リカバリーデータは家族、友人、カスタマーサービスエージェントを含む第三者と決して共有しないでください。

ハッキングのリスクを最小限に抑えるためにも、オンライン上でのシードフレーズの保存を強くお勧めします。また、ハッカーがこれらのデバイスを攻撃する可能性があるためBitcoinウォレットのデータをコンピューターや携帯電話に保存しないでください。暗号資産のリカバリーフレーズの保存方法としては、耐火性の安全な場所への保存か強力なセキュリティ対策を提供するハードウェアコールドウォレットの使用を検討してください。

また、シードフレーズのバックアップを複数作成することもお勧めします。こうすることで、バックアップウォレットの1つが紛失または破損した場合でも紛失した資金を取り戻すことができます。ここでは、同時損失のリスクを軽減するために必ず別の場所にバックアップを保存するようにしてください。

ウォレットセキュリティの代替手段

シードフレーズは主に失われたBitcoinの資産を復元に用いられる標準的な方法となりますが、現代の暗号業界のイノベーションによってセキュリティを損なうことなくユーザーエクスペリエンスを向上させる代替ソリューションが導入されています。以下では、これらの代替案をいくつか見ていきましょう:

ハードウェアセキュリティモジュール

ハードウェアセキュリティモジュール (HSM) は、コンピュータまたはネットワーク サーバーに接続されることで秘密鍵などの機密情報を保存および保護する物理デバイスです。

これには強い改ざん耐性があり、多くの場合においてその機能にアクセスするには多要素認証が必要になります。HSMは主に企業にて使用されていますが、一部の企業は個人ユーザー向けに消費者向けソリューションも開発しています。

HSMを使用することで秘密鍵はオフラインで保存されてハッカーがアクセスできないため、ソフトウェアベースのウォレットと比較した際のセキュリティが大幅に強化されます。さらに、HSMは特殊な暗号化アルゴリズムとプロトコルを使用していることから保存されたデータの抽出はほぼ不可能になります。

how HSMs work

ただし、HSMを使用することでコストが高額になる場合があります。これらのデバイスや機能はより複雑なために高価となることから、HSMの導入は主に大規模な組織や富裕層のみに限られています。

マルチシグウォレット

秘密鍵の管理責任を複数の当事者間で分散するマルチシグネチャー (マルチシグ) ウォレットでは、トランザクションを承認するためには複数の署名が必要であることから単一障害におけるリスクの軽減となりさらなるセキュリティの向上に繋がります。

Multisig Wallets

大量の仮想通貨を管理する必要がある企業や組織において、マルチシグウォレットは非常に重宝されています。これにより、企業は資金管理の責任を複数のチームメンバーまたは取締役会メンバーに分散出来る為に内部関係者による脅威や人的ミスのリスクを軽減することができます。

ただし、このオプションに欠点がないわけではありません。マルチシグウォレットにおいてはトランザクション承認プロセスに参加するのに十分な信頼できる人を見つけなければいけないことから、基本的に個人活動が主なユーザーにとっては少し面倒となる場合があります。また、関係者間での意見の相違や対立が起こると取引の実行に遅延や複雑さが生じる可能性があります。

生体認証

生体認証技術の台頭により、一部の仮想通貨ウォレットでは資金にアクセスするために指紋や顔認識などの生体認証方法を使用するオプションを提供するようになりました。生体認証の登場によって、複雑なパスワードやフレーズを記憶する必要がなくなって追加のセキュリティ層が生まれます。

さらに、生体認証によってユーザーはリカバリーフレーズの追跡や紛失などの心配をしたりする必要がなくなるために利便性の向上にも繋がります。 ただし、この方法を用いることでディープフェイク、スプーフィング、生体認証データの窃盗などのハッキングなどの様々な影響を受ける可能性があります。

ソーシャルリカバリー

ソーシャルリカバリーは従来の暗号通貨ウォレットのリカバリーフレーズに代わるよりユーザーフレンドリーな代替手段です。主な機能方法はユーザーがパスワードを忘れたりデバイスにアクセスできなくなった際に、ウォレットを回復できる一連の信頼できる連絡先を作成します。

social recovery system

このプロセスにはリカバリーフレーズの暗号化されたフラグメントの生成やそれらの保護者間での配布が含まれています。これらのフラグメントは単独では役に立ちませんが、組み合わせることでリカバリーフレーズを再作成できることから、第三者の個人や団体に依存することなく安全に分散型で仮想通貨を復元できるようになります。

しかし、ソーシャルリカバリーのシステムは絶対に成功するというものではありません。参加者間の共謀のリスクは依然として懸念事項であり、選択した連絡先には一定レベルの信頼が依然として必要です。

まとめ

コインを保護するために選択した方法に関係なく、自らの機密データや資金を慎重かつ責任を持って扱うことが最終的には最高レベルのセキュリティの確保に繋がります。デジタル資産の安全性に関しては、その後の治療よりも事前の予防が非常に大切であることを決して忘れないでください。その他にもシードフレーズのバックアップを複数保存したり、反対に機密情報を他人と共有したりすることは決してしないでください。

最新の記事

Benefits of Bitcoin and Ethereum ETF Approvals
ビットコインおよびイーサリアムETFの承認:暗号通貨商人にとってのゲームチェンジャー
教育 01.07.2024
Top Solana-Based Meme Coins to Track in 2024
2024年注目のソラナミームコイン10選
教育 27.06.2024
CBDC vs Stablecoins: Shaping the Future of Payments
CBDC vs ステーブルコイン:支払いのトレンドをどのように形作っているか?
教育 26.06.2024
Crypto vs Fiat Money in Business Operations
暗号通貨対法定通貨: ビジネス運営における役割の評価
教育 25.06.2024