understanding deflationary tokenomics in crypto

暗号通貨にとってデフレトークノミクスは健全なものなのか?

Reading time

貨幣経済はいかなる形であっても非常に困難なのもであり、最も小規模で単純な通貨供給システムであっても経済内の通貨交換レートと購買力を安定させる際には大きな課題に直面することになります。そして暗号通貨の世界でも早い段階から貨幣経済と同じ問題を共有していることから通貨を安定させるには各コインがしっかりと考え抜かれた経済慣行が必要であることを早い段階で認識していました。

現在では暗号通貨分野のこの部分は“トークノミクス”と呼ばれており、事実上暗号通貨市場をインフレとデフレという2つのタイプへと分割しています。この記事では両者が掲げる戦略の内部を明らかにしていくことで、デフレトークノミクスが本当に最良の選択肢であるかどうかを個人が判断しやすいように説明していきます。

重要なポイント

  1. インフレ戦略とデフレ戦略は暗号通貨のトークンノミクスにおける2つの重要な戦略です。
  2. インフレ戦略は取引を奨励するために設計されており、デフレ戦略は暗号資産の保有を奨励するために設計されています。
  3. デフレ戦略は主にコインをより儲かる投資資産へと変えることを目的とした暗号通貨プロジェクトで使用されています。

暗号通貨における“トークノミクス”とは何ですか?

暗号通貨におけるデフレとインフレを真に理解するには、まずトークノミクスの概念と暗号通貨におけるその重要性を理解しなければなりません。トークノミクスは暗号通貨が誕生した直後に創設された比較的若い分野であり、これはトークンの供給、ユーティリティ、配布手段から長期的な価値の保存に至るまでのトークン経済学の事実上あらゆる側面の管理および定義となります。

main aspects of deflationary tokenomics

発行される全てのコインの背後にあるインセンティブと需要促進要因を決定するためにも、トークノミクスはあらゆる暗号通貨のプロジェクトにとって必要不可欠なものです。トークノミクスは潜在的なステーキング報酬、利回りの範囲、トークン書き込みメカニズム、供給と無制限の供給、割り当てスケジュールなどを決定することから、これらの変数はそれぞれの暗号通貨コインの背後にある直接的および間接的な価値を駆動するためのトークンの需要を決定します。

各暗号通貨の作成者は暗号通貨が持つユーティリティの様々な側面を強調しており、十分なステーキング報酬を提供することに全力を注ぐプロジェクトもあれば長期的な配布や書き込み方法を優先するプロジェクトも数多く存在しています。しかしこれらには多くの内部および外部要因が関係してくるため、需要の高い暗号通貨を確実に作成するための客観的要因などは存在しません。

暗号通貨のインフレとデフレ

インフレとデフレによって引き起こされる暗号通貨の変動こそが、トークノミクスにおいて非常に重要なのです。これらは暗号通貨のトークンが市場にどのように配布されるかやどうやってそれを増やしたり減らしたりするかなどを裁定しますが、どちらの方法にもそれぞれメリットがあって全く新しい暗号通貨を作成する場合にはこれら2つを同等にして考える必要があります。まずは、経済におけるこれら2つの単語の違いを以下で見ていきましょう。

従来の経済学におけるインフレとデフレの違い

一般的に“インフレ”とは隔離された経済内でのそれぞれの製品に関連するマネーサプライの増加を指しており、一方で“デフレ”とはその逆の現象で様々な要因によってモノやサービスの価格が下落することを指しています。簡単な例としては年間10台しか自動車を生産しない国をXと仮定し、X国の全体的な通貨供給量は100,000ドルとします。

つまり、現在では車1台につき10,000ドルの価値があると考えられますが、マネーサプライが15,000ドルに増えれば自動車の単価も15,000ドルまで跳ね上がり、逆に固定通貨の総供給量が50,000ドルに下がった場合の車の価値はわずか5,000ドルになってしまいます。ここでは前者をインフレ、後者をデフレと説明します。

inflation vs. deflation

インフレもデフレも状況に応じて良い面もあれば悪い面もあることから、地域経済と国際経済の健全性にとってはどちらの経済動向も長期的に見れば有害であると考えられています。急速なインフレは購買力を低下させて経済発展を止めるために経済へと大きな悪影響が及ぼされますが、急速なデフレは失業や支出の減少などの様々な悪影響をもたらすことから、一番良いのは両者の良いバランスを保つことです。

暗号通貨市場でのインフレアプローチ

暗号通貨の世界でインフレが起こる原理はトークンの供給が徐々に増加するという従来の経済のインフレと非常によく似ています。暗号通貨市場でのインフレではトークンの最大供給量が固定されているか完全に無制限のトークン配布が行われますが、どちらのアプローチにもそれぞれメリットがあってトークンの価値に関しては固定供給の方が制御がはるかに簡単であることは明白です。ここで言いたいことは、何かの価値を無制限に維持するのは簡単ではないと言うことです。

how inflationary coins work

暗号通貨市場で起こるインフレはほとんどの場合においてトークンの配布量を計画的に増加させる行為を指します。これはトークンの供給量を直接増やすか、マイニングまたはステーキングの報酬に間接的に影響を与えることで達成できますが、後者の戦略はマイナーとバリデーターへの取り組みを強化することでより大量のトークン作成を促進するよう奨励する事で行われます。

インフレ戦略は主にピアツーピアでの支払いサービスやその他のトランザクション関連サービスに焦点を当てたプロジェクトで採用されていますが、インフレされた暗号通貨トークンはマイナーやステーカーのサービスに依存しないために高額な取引手数料を必要としないことから日常の支払いソリューションとしても非常に最適です。

暗号通貨市場でのデフレアプローチ

一方で、デフレを目的とした暗号通貨プロジェクトは時間の経過と共にトークンの価値を高めるために様々な方法を採用しています。段階的なデフレを引き起こす方法はいくつかありますが、良い例の1つとしてはトークンのバーニングが挙げられます。実際のバーニングプロセスは非常に簡単であり、暗号通貨プロジェクトの作成者が総供給量の一部を永久に暗号化されるデッドエンドの暗号化されたアドレスへ配布するだけです。

how deflationary strategies boost the prices

“バーン”されたトークンはもはや流通しているとは見なされず、当然のことながら暗号通貨所有者はバーントコインと引き換えに適切な補償を受け取ることができます。

もう1つの一般的な方法は半減法であり、これはマイナーやステーカーが新しい暗号通貨トークンを作成する意欲を失わせるための様々な方法で構成されています。例えば、Bitcoinには半減期がありますが、半減期ではBitcoinトークンのマイニング報酬が4年ごとに実質減少していきます。

このプロセスをよりイメージしやすくするためにも、現在Bitcoinが生成された暗号通貨ブロックごとにマイナーへ100ドルを提供しているとします。しかし4年ごとの半減期によって実質的には100ドルのインセンティブが50ドルに減額されることになる訳ですが、この変化はBitcoinの生産ではなく供給量の減少に大きく比例します。

暗号通貨トークンを徐々に下げる方法は他にもありますが、市場で最も人気があるのは先ほど説明した方法です。デフレ戦略の主な目的は暗号通貨トークンの価格が将来確実かつ一貫して上昇するようにすることであることから、その結果としてこれからそのトークンを購入して長期保有しようと投資家を思わせるのです。

インフレとデフレの大きな違い

インフレとデフレのメカニズムは正反対であるという事実のほかにも、両者にはいくつかの違いがあります。両方のトークノミクス戦略の波及効果をより深く理解するためにも、以下のような違いを注意深く調べる必要があります。

inflationary vs. deflationary tokenomics

循環供給

何よりもまず、これら2つの最も明らかな違いは循環供給量です。インフレはコインの供給量が飛躍的に増加するか上限がまったくないかのどちらかであることから、主にインフレを推奨するプロジェクトは世界中で安価かつ迅速な暗号通貨取引を促進することを目的としているために価格設定や世間からの全体的な評価はあまり気にしていません。

一方デフレではコインの価値が全てであることから、これらのプロジェクトはより大きな需要を促進するために通貨の価値を高めることが目的とされます。インフレコインが目的を達成するための手段であるのなら、デフレコインは本質的に価値のある資産とみなされることからどちらのタイプも異なる循環結果を市場にもたらします。インフレコインは市場内で簡単に見つけて取引を行うことができますが、デフレコインは非常に希少かつ回収がより困難になります。

購買力と価値

もう1つの大きな違いは両方のトークンタイプが持つ購買力です。インフレ資産は徐々に価値が減少するように設計されていることから、長期的には価値が確実に下がるためこれらのトークンを利益のために保有することはあまり意味がありません。したがって、インフレは商品やサービスの購入を促進するために売買されることを目的としています。

逆にデフレトークンは商品、株式、その他の価値のある資産として保有および利用されることを目的としていることから、デフレトークンは様々な商品やサービスの購入に使用できますが、その真の価値は段階的かつ組織的に評価されることにあることから一般的にインフレとデフレとでは購買力は減少傾向にあります。

しかし、暗号通貨市場では上記で概説したルールから逸脱した件がいくつか目撃されています。一部のインフレ通貨はその本質的な性質にもかかわらず需要の増加により価値が上昇する可能性があり、この現象の良い例はDogecoinです。逆にBitcoinやEthereumなどはどちらもデフレ状態にあり近年どちらも劇的な価格下落に見舞われているため、デフレトークンの価値が急騰する保証はありません。

変換の可能性

最後は両者の柔軟な変換性について考慮していきます。インフレトークンはバーンや半減期などの処理を行うだけで簡単にデフレ硬貨に変換されますが、これによってコインの供給が自動的に制限されて希少になることから各コインの単位あたりの価値が増加します。

デフレプロジェクトにはすでに供給の上限と制限があるために再度同じことを行うことはできないため、最終的にはデフレトークンの作成者は追加のコインを市場に発行する必要があります。技術的に見ればこれは可能なことですが、暗号通貨市場内で新しいコインをランダムに配布する行為には何の意味もないことから、インフレトークンではより柔軟に評価を制御して一時的にハイパーインフレのシナリオを回避することができます。

デフレの方が優れたアプローチとなりえるのでしょうか?

暗号資産のデフレは投資家やトークン保有者にとっては本質的に優れたものとなり、トークノミクスメカニズムによって投資家は長期的に資金価値を確実に得ることができるのです。全ての条件が同じであればデフレアプローチでは確実に希少性が高まるためにトークンの価格が上昇しますが、暗号通貨の状況は非常に不安定で大幅な価格変動に見舞われるために同じことが毎回起こる訳ではありません。

デフレトークノミクスは効果的に機能しますが、他の多くの要因がコイン全体の評価を下げる可能性があります。最も顕著な例はBitcoinの4年ごとの半減期によるもので、供給量が限られていることから希少性が高まっているにもかかわらずBitcoinの価値は過去5年間で大幅に下落しました。高い時で7万ドルあった評価額から現在は3万7,000ドルへと下落してしまいました。

BTC price fluctuation despite deflationary tokenomics

暗号通貨の価値は市場のボラティリティ、規制、公共需要の集約、具体的なトークンユーティリティなどの数多くの変数に依存するためにデフレアプローチを単独で分析してはいけません。なぜなら、デフレ戦術は暗号通貨の価格を決定する巨大な歯車の1つに過ぎないからです。ただし、投資の奨励としてコインに対する弱気傾向を促進することを目的としている暗号通貨プロジェクトの場合には有利な戦略となりえます。

デフレアプローチは非常に効果的ですが、その他の重要な要因が特定の暗号通貨コインに有利となっている場合にのみ機能します。

基本概要

デフレトークンに投資すべきですか?

これまでの説明を踏まえても、デフレトークンがこれから徐々にその価値を高めていく保証はどこにもなく、近年では多くのデフレコインがこの目標を達成できていません。その理由としてはほとんどの暗号通貨は依然として不安定であることから、デフレトークノミクスを適切に促進できないからだと考えられます。このメカニズムは実際には機能していますが経済的、政治的、規制的要因によって評価された指標が大きく相殺される可能性があります。

そして、デフレであると思われるトークンの価値は熱心な投資家の期待に反して下落する可能性があります。さらにもう1つの重要な要素は人間による操作であり、すでに説明したようにほとんどのデフレコインは有利な投資機会になるように設計されていることから、これらは商品やサービスの購入に使用するように構成されていません。 したがって、デフレコインを購入する最大のメリットとしては次の期間に臨める潜在的な収益です。

当然のことながら、トレーダーと“ホエール”投資家はそこから莫大な利益を得る可能性があるために価格を人為的に自分たちの好む方向へと誘導することがあることから、デフレコインは市場の有機的な需要と供給の均衡に影響を与える様々な操作計画の犠牲になることがよくあります。ここ最近の暗号通貨業界の成長と成熟によってこのようなリスクは確かに減少傾向にありますが、現在でもこの点においては依然として非常に不確実かつ不安定なままなのです。

まとめ

暗号通貨市場においてはデフレトークノミクスを適切に扱う事は優れたアプローチ方法となります。デフレによって特定のトークンの価格が段階的に上昇することが保証されることで、投資家が保有することを決定した暗号資産に対して信頼できる期待を持つことができます。ただし暗号通貨のボラティリティ、様々な経済低迷、規制当局の取り締まりなどがデフレの影響を相殺してしまうかもしれないことから、暗号通貨への投資を検討している際にはデフレトークノミクスのみを信じるべきではありません。

よくある質問

暗号通貨にとってデフレは良いことですか?

デフレは暗号通貨の価値を高めるために暗号資産保有者にとっては良い影響と言えるでしょうが、業界内では市場の流動性が低下して取引量の減少を引き起こすなどの悪影響を及ぼす可能性もあります。

デフレトークンが抱える潜在的なメリットは何ですか?

通常デフレトークンは時間の経過とともに価値が増加することから、デフレトークンは仮想通貨投資家にとって素晴らしい投資選択肢となるでしょう。ただし、デフレ以外にも暗号通貨におけるトークノミスクのその他の部分もしっかりと分析することが重要になります。

どの暗号通貨トークンがデフレ状態にありますか?

BTCにはインフレとデフレの両方の面を備えていますが、2,100万コインという最終的な配布上限と4年ごとの半減期イベントによってBTCトークンは現在デフレ状態に傾いています。その他にはBinance Coin、Tamadoge、XRPなどのトークンが挙げられます。

最新の記事

B2BinPay at Finance Magnates Africa Summit 2024
B2BinPay is Bound for Finance Magnates Africa Summit 2024
16.02.2024
Crypto Expo Dubai 2024
B2BinPay To Present at Crypto Expo Dubai 2024
15.02.2024
B2BinPay v19, Instant Swaps and Expanding Blockchain Support
B2BinPay v19の登場によるインスタントスワップやブロックチェーンサポートの拡張
How Wrapping Coins Solves a Cross-Chain Problem
クロスチェーン問題においてラップドコインがどのような解決策となり得るのか
教育 13.02.2024