Ethereum Roadmap and Future Prospects

イーサリアムのロードマップ:これまでのアップグレードと将来の展望

Reading time

来年でイーサリアムがローンチしてから10年を迎え、ブロックチェーン技術の先駆的な地位を築いてきました。イーサリアムのアーキテクチャは、イーサリアム仮想マシンによって、幅広い分散型アプリケーションを可能にしています。トップにとどまるために、イーサリアムは動的なロードマップを使用し、継続的な改善と更新を指示しています。

このプロセスの重要な部分は、イーサリアム改善提案であり、これによりイーサリアムコミュニティがネットワークの改善と開発に貢献するよう求められます。ビーコンチェーンのアップグレードなどを含むイーサリアムロードマップの主要な段階は、ネットワークのセキュリティ、スケーラビリティ、効率性を向上させるために設計されています。

イーサリアムエコシステム内のすべてのアップグレードは、データストレージのコストを下げることから、イーサリアムブロックチェーンの機能を向上させることまで、慎重に計画され、実行されます。イーサリアム開発者と広範なコミュニティとの緊密な協力により、イーサリアムの開発計画がユーザーの要求と技術のブレークスルーの両方に適応することが保証されています。

イーサリアムネットワークの重要性は、Dencunの最新アップデートと将来の予測を取り巻く興奮によって強調されています。アップデートと今後の見通しについて、続きをお読みください 

キーポイント

  1. 設立以来、イーサリアムは大きな変革を遂げ、EIPとダイナミックなロードマップを通じてスケーラビリティ、セキュリティ、効率性に高い優先順位を置いてきました。
  2. 他の改善点のうち、プルーフ・オブ・ワーク(Proof of Work)からプルーフ・オブ・ステークへの切り替えは、エネルギー消費を減らし、ネットワーク性能を向上させました。
  3. Dencunハードフォークなどの最新の変更は、データ管理とユーザーエクスペリエンスの問題に対処し、さらなるスケーラビリティの向上とトランザクションコストの削減を試みると考えられています。

  4. イーサリアムのコミュニティは、このネットワークの発展に不可欠であり、ブロックチェーン技術の分野で継続的な革新と適応を支援しています。

その始まりと初期のアップグレード

イーサリアムの当初の主な目的は、分散型アプリケーションプラットフォームを作ることでした。そのイーサリアムマシン搭載のアーキテクチャは、中央当局なしで柔軟なトランザクションとアプリケーションを可能にするために設計されました。イーサリアムネットワークはまず、エネルギー消費、データ保管コスト、スケーラビリティの問題に直面しました。

イーサリアムのコミュニティとエンジニアは、これらの問題を解決するために、ネットワークのコンセンサスメカニズムに大幅な変更を実施しました。プルーフ・オブ・ワークからプルーフ・オブ・ステークへのイーサリアムの持続可能性へのこの変更は、転換点を意味しました。この変更は、ネットワークにおけるエネルギー使用量を劇的に低下させることを目的としていました。

イーサリアム改善提案プロセスにより、イーサリアムエコシステム全体からの参加者が議論し、変更を提案するフォーラムが提供され、このシフトがよりアクセス可能になりました。このシフトの重要な段階の1つは、ビーコンチェーンの実装であり、これにより新しいコンセンサスプロセスの基盤が確立されました。

このアップデートの目的は、イーサリアムのより大きな開発ロードマップの構成要素であり、ネットワークのセキュリティと効率を向上させることでした。

これらの取り組みにより、イーサリアムのアップグレード計画で示されているように、イーサリアムが継続的な開発に専念していることが示されました。イーサリアム予測は、より多くのアップグレードと改善が予想されることを示しています。イーサリアムコミュニティはこれらの進歩をリードし、ブロックチェーンの継続的な発展に貢献し続けています。

イーサリアム・ロードマップの年表

それでは、イーサリアムの段階のまとめを見てみましょう。 

The path to Merge

マージ

マージによって、イーサリアムのコンセンサス方式はPoWからPoSへと移行し、イーサリアムはその歴史の中で重要な転換点を迎えました。この変更が対処しようとした2つの主な問題は、強化されたネットワークセキュリティの要件と、PoWが環境に与える影響でした 

Ethereumネットワークは、Proof of Stakeの導入により、エネルギー消費量を見積もりで99%削減しました。この変更により、Ethereumの持続可能性が向上し、同時にハッカーがブロックチェーンを変更するのがよりコストがかかり、難しくなることでネットワークのセキュリティも向上しました。

サージ

イーサリアムネットワークのスケーラビリティを大幅に高めることがThe Surgeの目標でした。シャーディングを実装することで、データ処理のワークロードを複数のチェーンに分割することで、ネットワークのトランザクション容量を増やそうとしました 

トランザクションレートは約15TPSからおそらく100,000TPSに成長すると予想されていました。イーサリアムは増加するユーザー需要とアプリケーションの複雑さを処理できることを保証することで、サージはイーサリアムを大規模なdAppsにとってより実現可能なプラットフォームとするための重要な一歩となりました。

惨劇

スカージは3番目の重要なアップグレード段階であり、最大抽出可能価値(MEV)と分散化に関連する問題を解決することを目的としていました。公正かつ透明なトランザクション処理を確保することがその主な目標でした。

Scourgeは、MEVに対抗するステップを制定することで、トランザクションを不公平に優先させたり、金銭的利益のためにトランザクションの順序を操作したりするような操作手法からネットワークを保護しようとしました 

ロードマップのこの段階は、ネットワークのすべてのユーザーに対してトランザクション処理への公平なアクセスを保証する、イーサリアムの中核となる分散化の前提を支持することに強い重点を置いていました

ザ・ヴァージ

Ethereum the verge and the Purge

ザ・ヴァージは、イーサリアムのネットワークの有効性と拡張性を高めるために、最先端のデータストレージオプションをもたらすことに集中しました。ザ・ヴァージは、ステートレス・クライアントや Verkle Trees のような技術を導入することで、ブロックチェーン上でのデータの保存方法やアクセス方法を改善しようとしました 

これにより、データを保存するコストが下がり、多くのハードウェアを必要とせずにノードがネットワークに参加しやすくなりました。イーサリアムの成長には、効率やスピードを犠牲にすることなく、これらの進歩が大いに役立ちました。

パージ

パージは、必要のない旧データを削除することで、ネットワークのパフォーマンスを向上させる試みでした。イーサリアムの成長とともにブロックチェーンに記録されるデータ量が増加し、ネットワークのリソースに負担がかかるようになりました。 

パージは、ネットワークの負荷を軽減し、古いデータを無期限に保持する必要性を排除することで、速度と応答性を向上させることを目的としていました。このアップデートによって、イーサリアムのネットワークは優れたパフォーマンスを維持しながら、より効率的に拡張できるようになりました。

粛清

このフェーズは、イーサリアムコミュニティのコメントと貢献によって推進され、未解決の問題への対処に重点を置いています。スプラージの特徴には、ネットワークとそのユーザーの要求に対する柔軟性と適応性が含まれます 

イーサリアムが継続的な発展に専念していることを強調し、ネットワークが柔軟であり続け、新たな可能性や課題を活用するために変化できることを保証しています。

ビットコインとは対照的に、イーサリアムは分散型アプリケーションのプラットフォームとして機能することを第一の目標としており、2013年に初めて世間の注目を集めました。

ファストファクト

イーサリアム発展のマイルストーン

Ethereum's development

いくつかの重要な改善は、マージ以前にイーサリアムの開発の舞台を整えました。こうした改善は、緊急の問題を解決し、今後の機能強化の基礎を築く上で不可欠なものでした。では、そのいくつかについて説明します。

  • ビザンチン – メトロポリスアップデートの一部として、ビザンチンはEthereumネットワークに新機能をもたらしました。その後、EthereumがPoSコンセンサスメカニズムに移行するためのプロトコルを設定することが重要でした。
  • コンスタンティノープル – このアップデートにより、Ethereumネットワークのパフォーマンスが大幅に向上しました。特定のアクションタイプのトランザクション手数料を下げ、PoWからPoSへの切り替えに備えるために難度爆弾を遅らせることで、Ethereum 2.0へのスムーズな道を確保しました。
  • ベルリンEthereum Virtual Machineのコードを更新し、ガス価格を最大化することを優先しました。これらの調整は、全体的なユーザーエクスペリエンスを向上させ、ネットワークが生成する大量のデータを効果的に管理することを目的として行われました。
  • ロンドン – このアップデートの一環として、EIP-1559がEthereumのトランザクションコスト構造に大幅な変更をもたらしました。ETHのインフレ率を下げ、トランザクションの予測可能性を向上させるため、このアップグレードはブロックごとにトランザクション手数料の一部を燃やす基本料金を追加しました。

これに続いて、メグレがあり、これはネットワークの巨大な進化的飛躍の可能性を示し、Ethereumのアップグレードロードマップで重要な進歩を示しました。これは次の改善策の道を開拓し、Ethereumの革新能力とエコシステムの適応能力に対するネットワークの見通しに影響を与え続けています。

最新アップデート:デンカン

Dencun update

2024年初頭、EthereumはDencunアップグレードを実装しました。これは、技術能力の大幅な向上を表しています。Ethereumの持続的な開発の重要な部分であるこのアップグレードは、ネットワークの効率と拡張性を向上させることを目指しています。Ethereum Dencunアップデートの目標は、より効果的なデータストレージを備えたレイヤー2スケーリングソリューションを提供し、それにより運用費用を低減し、結果的にエンドユーザーの料金を低減することです。

Ethereumコミュニティは、Dencunの後にPrague/Electraアップグレードについて考えています。この可能なアップデートに関する議論の主要なトピックは、2024年中に中央のコア機能を一度に展開するか、少数のマイナーな機能を徐々に展開するかどうかです。Ethereumの持続的な改善計画と変化するデジタルエコシステムへの適応に関するロードマップは、これらの議論を中心に展開されています。

Dencunアップグレードの重要なコンポーネント

  • EIP-4844(Proto-Danksharding) – データの利用可能性を向上し、データストレージに関連する費用を削減することで、この提案はレイヤー2ネットワーク上のガス手数料を減らすことを目指しています。その結果、ロールアップガス手数料が大幅に低下し、ネットワークの顧客により経済的な環境が提供されることが期待されています。
  • アカウント抽象化(ERC-4337、ERC-6900) – これらの提案は、アカウント管理のセキュリティを向上させ、トランザクションプロセスを簡素化してユーザーエクスペリエンスを最適化することを目指しています。Ethereumネットワークとのよりユーザーフレンドリーなインターフェースが、アカウント抽象化を介して可能になり、これによりより広範な採用が促進されます。
  • EIP-1153(一時ストレージオペコード) – ガスの利用とスマートコントラクトの実行中の一時的なデータの処理方法を提案し、契約操作の効率を向上させることを目指しています。
  • EIP-4788(ビーコンブロックルートコミット) – この提案は、Ethereum Virtual MachineとEthereumビーコンチェーン間の接続を強化し、コンセンサスデータへのより直接的なアクセスを保証することで、ネットワーク全体の機能性を向上させることを目指しています。
  • EIP-5656(MCOPY Opcode) – このアップグレードは、スマートコントラクト内のメモリ操作を最適化することにより、運用コストを節約し、パフォーマンスを向上させることが期待されています。
  • EIP-6780(SELFDESTRUCTの制限) – この提案は、SELFDESTRUCT機能の制限により、状態管理を簡素化し、ネットワークを安定化させることを目指しています。これにより、Ethereumの長期的な拡張性と保守がサポートされます。

進捗におけるコミュニティの役割

Ethereum inception

イーサリアムのロードマップは、コミュニティから重要なインプットを得て開発されています。これらの開発者、イーサリアムのユーザー、利害関係者は、アップデートを提案し、改善するために協力しています。

イーサリアムの改善の提案は、新しい機能について議論し、イーサリアムのブロックチェーンに変更を加え、その変更を実行に移すための方法です。これを行うことで、イーサリアムはネットワークがコミュニティの要求と洞察に適応するように、ブロックチェーン技術の最前線にとどまることができます。

生成された莫大なデータの管理、データの可用性の最適化、アップグレードへの貢献へのコミュニティの参加は、イーサリアムの維持と成長に必要なチームワークを浮き彫りにしています。コミュニティはEIPを利用して、外部所有のアカウント、スマートコントラクト、ネットワークの一般的なスケーラビリティとセキュリティに関する問題を解決しています。

今後の方向性と課題

技術的な進歩に加えて、イーサリアムの2024年以降のロードマップでは、その優位性、特にスケーラビリティとセキュリティ特性を活用することに戦略的な焦点が置かれています。ステイクしたイーサリアムの集中をコントロールし、ネットワークのセキュリティメカニズムを改善することは、イーサリアムが成長する上で非常に重要です。リステーキングのような技術の進歩は、イーサリアムのユースケースを拡大し、より広範なブロックチェーンネットワークのバックボーンとしての地位を強化する可能性を秘めています

イーサリアムのモジュラー設計哲学への傾倒は、革新、協力、そして競争に直面しても、その姿勢を浮き彫りにしています。この考え方は、イーサリアムのネットワーク機能の発展やイーサリアムETFの可能性に加え、スマートコントラクトプラットフォーム業界における新たな拡大段階と卓越性を準備します。

最後に思うこと

約10年前の創業以来のイーサリアムの歩みは、ブロックチェーン技術において重要な役割を果たしていることを強調しています。イーサリアムのお客様からの貢献によって推進される継続的なイノベーションへのコミットメントは、そのダイナミックなロードマップとEIPプロセスによって示されています。プルーフオブワークからプルーフオブステークへの切り替えのような重要なターニングポイントは、ネットワークの効率性と持続可能性を向上させたこの協力的なアプローチによって可能となりました

スケーラビリティと効率性は、最近のイノベーションの焦点です。これには、Dencunハードフォークなどが含まれ、大量の生成されたデータを管理し、トランザクションコストを削減することも目指しています。アカウントの抽象化からproto-dankshardingまでのこれらの改善は、より好ましいユーザーエクスペリエンスと広範な採用を目指して、Ethereumプロトコルの改善に集中した努力を示しています。

よくある質問

イーサリアムのロードマップとは何ですか?

イーサリアムのロードマップは、6つの段階からなるシステムの開発段階であり、共同創設者であるVitalik Buterin氏によって紹介されました。

Dencunのアップグレードがリリースされたのはいつですか?

2024 年 3 月に Dencun アップグレードが公開されました。

イーサリアム2.0がローンチされたのはいつですか?

2020年12月に開始されました。

イーサリアムの最高価格はいくらでしたか?

イーサリアムの最高値は4,721.07ドルです。

最新の記事

How to integrate Bitcoin payment API
ビットコイン決済API:選び方と統合方法
教育 15.05.2024
PSP vs Payment Gateway: Which One is Best for You?
PSPとペイメントゲートウェイ: どちらのシステムをビジネスに組み込むべきか?
教育 10.05.2024
Accept Monero Payments - XMR
2024年にイーサリアム決済を受け入れる方法
教育 09.05.2024
ウェブサイトにビットコイン決済を追加する方法
教育 06.05.2024