what are crypto derivatives?

仮想通貨デリバティブの説明:メリットとデメリット、取引戦略

Reading time

仮想通貨への投資は、デジタルアセットがクラシックな金融商品よりも広範囲にわたって変動するという点で、デジタル通貨の成長を活かす最も収益性の高い方法の一つです。

ただし、この高いボラティリティは時折リスクを伴います。そのため、トレーダーは市場の不確実性に対処し、仮想通貨の可能性を活かすために仮想通貨デリバティブに参加します。

これらのツールは、保管型ウォレットや所有権処理の手間をかけずにデジタルアセットの売買をより迅速かつ安全に行う方法を提供します。仮想通貨デリバティブの意味について詳しく説明し、異なる種類についても明らかにしましょう。

キーポイント

  1. 暗号デリバティブは、変動が激しく有利なデジタル通貨から利益を得るために、より高い流動性とより少ないリスクを提供します。
  2. これらの契約は、スポット取引よりも利用しやすく、執行も容易です。
  3. 暗号デリバティブ契約は、2つの当事者が特定の日に暗号を取引する価格、種類、金額について合意する必要があります。

暗号デリバティブの理解

デリバティブは、金融商品を取引する日付と価格に合意した2人のトレーダー間の金融契約です。したがって、派生商品の契約価値は、株式、債券、コモディティ、通貨など、原資産の市場価格に追従します。

暗号の文脈でのこのような契約は、合意した価格で特定の日に仮想通貨を売買する契約を指す。契約締結日が来ると、両当事者は市場の変動に関係なく、合意した価格で契約価値を交換します。

暗号のデリバティブとスポット取引の主な違いは、元本の所有権にあります。スポット取引とは違って、デリバティブ契約は対象資産の所有権を移転しません

explaining crypto derivatives

暗号通貨におけるデリバティブの種類

デリバティブ契約はどんな市場でも実施でき、対象となる金融商品は株式、債券、通貨、商品、または仮想通貨などがあります。仮想通貨デリバティブは契約と価格および日付に同意する2つの当事者が存在し、主にオプション、先物、および永続契約の3つの主要なタイプがあります。

types of crypto derivatives

オプション

オプション契約では、トレーダーは好ましい決定を行うための柔軟性が増します。たとえば、満期日が近づくと、トレーダーは派生物の仕様に従って契約を義務付けて実行するか、契約を拒否して取引を処理しない権利があります。

オプションデリバティブには、コールオプションやプットなどさまざまな種類の契約があります。 コールオプション は、契約の実行日に基になる資産を購入する権利をトレーダーに与えます。一方、プットは合意された日に資産を売却する権利を意味します。

derivatives options types

その他の種類には、アメリカン・オプションとヨーロピアン・オプションがあり、上記の暗号デリバティブの例では、トレーダーはアメリカン・オプションで満期日前に対象の証券を売却することができます。同時に、トレーダーは、ヨーロピアンオプションに従って、指定された日付に正確に約定する必要があります

先物契約

先物契約は、クリプトにおけるデリバティブの最も一般的で簡単なタイプです。先物デリバティブ契約は、特定の価格、日付、金額で資産を売買することに両当事者が合意することを伴います。

これは、機関投資家が市場知識や 予測を活用して将来の値動きを推定し、さまざまなデリバティブ契約を締結する、一般的な取引暗号デリバティブ戦略です

執行期日が近づくと、両トレーダーは(原資産ではなく)契約価値を移転し、両当事者が利益と損失を実現する契約を締結しなければなりません

例えば、あるトレーダーが、将来の日付でBTCを売却するデリバティブ契約を結んだとします。BTCの購入価格は50,000ドルで、契約満期日に1BTC=60,000ドルだった場合、トレーダーは10,000ドルの利益を得ます。

同様に、BTC価格が35,000ドルまで下落した場合、トレーダーは15,000ドルの損失を被ることになります。

永久的なもの

これらは、有効期限のない最も柔軟で高度な派生商品です。したがって、永続先物契約のトレーダーは、資産や契約を希望するだけの期間保有できます。

ただし、投資家が資産とその永久先物契約価格を保有するには、資金調達率(保有手数料)や最低証拠金など、考慮しなければならない条件があります。

なぜ暗号デリバティブ取引が重要なのでしょうか?

デリバティブ取引は、古典的な方法の保有や売却よりも迅速です。言い換えれば、投資は暗号取引所を見つけ、BTCやETHのような特定の暗号を購入し、それを自分のウォレットに移し、そしてそれを売却して利益を得るための最良のタイミングと機会を見つける必要はありません。

さらに、暗号スポット取引ではデジタルまたは信託ウォレットからの操作が多く必要で、取引がハッカーや詐欺師によって浸透されるとセキュリティのリスクが生じる可能性があります。そのため、暗号派生商品トレーダーはこれらの特徴を活かす戦略を採用しています。

市場への高いアクセシビリティ

派生商品は迅速かつ簡単に取引できるため、暗号資産がより利用可能になります。流動性は市場参加者が金融商品を買い売りする際の容易さを指し、流動性のある市場は多くの参加者が取引の反対側を取る意欲があり、注文ブックに十分な取引可能な資産がある状態を指します。注文ブックに充分な取引可能な資産があることで、暗号派生商品は流動性を生み出し、総合的な市場の効率と安定性に寄与します。

トレーダーのポートフォリオの多様化

暗号派生商品の取引は、ポートフォリオの多様化ツールとして機能し、投資家が異なるオプションやBTC取引のバリエーションを探索し、最適な暗号投資戦略を見つけることを可能にします。

さらに、暗号デリバティブでは空売りが容易になり、トレーダーは原資産の暗号資産を所有することなく、市場が下落した場合に特定のデジタルコインを売ることができます。一方、古典的な市場では、トレーダーは市場に売却する前に特定の暗号を所有する必要があります。

暗号資産のリスクを軽減する

ブロックチェーン通貨はボラティリティが高く、予測不可能であるという特徴があります。例えば、ETHの価格が上がっていて、後で高いところで売りたいという理由でETHを所有している場合、事前の警告なしに価格が一転して下落する可能性があります。したがって、デジタルコインやトークンの所有や取引にはリスクが伴います。 

一方、デリバティブは、合意された価格を持つ契約であり、トレーダーは市場の変動から離れて、合意された日に取引を実行します。

暗号デリバティブの利点と欠点

信頼できる暗号デリバティブプラットフォームを見つけた後は、これらの契約を取引する際のいくつかの長所と短所を考慮することが重要です。暗号デリバティブ取引のリスクとリターンをいくつか挙げてみましょう。

crypto derivatives vs spot trading

長所

  • 暗号派生商品は、デジタル通貨を所有する必要がなく、市場の変動を和らげるため、リスクが少ないです。
  • これらは、資産を保有するための保管ウォレットやブロックチェーン、DeFi取引とのやり取りなしにも、簡単に管理できます。
  • トレーダーは、特に仮想通貨のような金融商品において、リスキーな市場ポジションをヘッジするためにデリバティブを使用します。
  • デリバティブは、その利便性と柔軟性から投資家にとって魅力的であるため、高い流動性と関連しています。
  • 適切に管理されれば、暗号派生商品契約には低い取引手数料がかかります。これに対して、スポット取引にはガス料金、仲介業者料金、取引所手数料がかかります。

デメリット

  • 計算されていない戦略は、事前に設定された価格が実際の市場価格よりも低い場合、未実現の利益につながる可能性があります。
  • OTCデリバティブ取引はコンプライアンスおよび身元確認の対象外であり、不正確な相手方リスクが増加します。
  • 世界中でデリバティブ契約に関する規制フレームワークが異なります。

最終的な考察

仮想通貨デリバティブは、BTCやETHなどの特定の金融商品の価格と取引日に合意する2つの当事者間の契約です。これらのツールは良好な流動性とリスク管理計画を提供し、そのため、仮想通貨取引に参加する魅力的な解決策と見なされています。

最新の記事

B2BinPay at Finance Magnates Africa Summit 2024
B2BinPay is Bound for Finance Magnates Africa Summit 2024
16.02.2024
Crypto Expo Dubai 2024
B2BinPay To Present at Crypto Expo Dubai 2024
15.02.2024
B2BinPay v19, Instant Swaps and Expanding Blockchain Support
B2BinPay v19の登場によるインスタントスワップやブロックチェーンサポートの拡張
How Wrapping Coins Solves a Cross-Chain Problem
クロスチェーン問題においてラップドコインがどのような解決策となり得るのか
教育 13.02.2024