Essential Steps To Starting A Crypto Exchange Business

暗号通貨取引所とは何ですか?取引所を実際に立ち上げるにはどうすればよいですか?

Reading time

近年の暗号通貨の世界は多くの混乱を生み出した仮想通貨の冬という壊滅的な4年間を経験していますが、2023年は比較的この急成長市場に優しく世界的な人気が再燃したことから、以前のような高いレベルの指数関数的な成長へと達することができました。当然のことながら、暗号通貨分野への参入は高い収益性を望めることから多くの人に期待されています。

暗号通貨取引所を立ち上げてビジネスを始めることは現段階で最も収益性の高い機会の1つであり、各企業は取引量の増加と業界全体の成長から様々な恩恵を受けることができます。では、一体仮想通貨取引所とは何なのでしょうか? どうすれば実際に暗号通貨取引所を立ち上げることができるでしょう?その詳細については、以下をぜひご覧ください。

重要なポイント

  1. 暗号通貨取引所は暗号通貨を使った取引や様々な取引戦略を実装するためのデジタルハブとして機能しています。
  2. 暗号通貨取引所には主に集中型取引所と分散型取引所の2つの種類があります。
  3. 暗号通貨取引所の開発には事業計画、ライセンス、初期資本、流動性の提供、技術開発プロセスなどのいくつかの手順を踏まなければなりません。
  4. それぞれの手順は適切に機能して関連する全ての機能を提供することで、顧客ベースを考慮した適切な暗号通貨取引所の構築に非常に重要となります。

暗号通貨取引所とは何ですか?

実際に暗号通貨取引所の構築に関する説明を行う前に、まずはこの儲かるビジネスの背後にあるテクノロジー、運営法オフ、経済の仕組みなどを把握することが非常に重要です。暗号通貨取引所の機能は標準的な法定通貨取引所と何ら変わりませんが、暗号通貨市場の独自の特性を考慮するためにもいくつかの便利なツールや実践方法が採用されています。

暗号通貨取引所の主な目的はトレーダーが滞りや遅延なく目的の暗号通貨ペアを見つけて取引を行えるようにすることです。しかし近年のデジタルテクノロジーの発展によって、取引所は中核となる取引の側面を補完する多数の二次的な目的を持つことが可能となっています。

最先端の暗号通貨取引所には暗号通貨取引市場の概要を把握するための様々な貴重なツールとして高度なチャート、トレンド指標分析、ライブ価格更新、データに基づいた取引を促進するその他の役立つ情報などが備わっています。

暗号通貨取引所はこのようにして同市場における総供給と需要の間の仲介者として機能しています。つまり、トレーダーが希望する資産を探して取得または売却を行うのです。

暗号通貨取引所の背後にある基盤となるテクノロジー

暗号通貨取引所の最も重要かつ主な種類としては集中型取引所と分散型取引所が挙げられます。集中型取引所は法定通貨取引所に非常によく似た利便性、アクセスのしやすさ、機能などを提供しています。その一方で同取引所内で取引される資金は中央機関によって管理、監視、処理されるためにブロックチェーンの分散化の側面が若干阻害されることになります。

逆に分散型取引所はブロックチェーンの核となる価値を維持していますが、それぞれの顧客に同じレベルの快適さを提供することはできません。同取引所は人間による監視を必要としない分、その背後にあるテクノロジーははるかに複雑である場合が多いです。

したがって、ここでは必要に応じた取引シーンを安定させるためにも多数の安全手段と自動プロトコルを採用する必要があります。そして当然のことながら、複雑なプロトコルの必要性は集中型取引所が持つ利便性とアクセシビリティの利点に反しています。

Centralized Vs. Decentralized Exchanges

近年ではより一般的な価格変動と市場のボラティリティを補うために流動性プールの重要性も高まっています。実際に多くのデジタル通貨は流動性の低さに悩まされていることから、暗号通貨取引所は人間の介入なしに需要と供給のギャップを埋めるために自動化マーケットメーカーを採用しています。ただしAMMシステムは市場操作の影響を受けやすく、これも分散型取引所の弱点の1つとなっています。

ホワイトラベル暗号通貨取引所ソフトウェア

さらなる重要な技術的考慮事項としては、新たなトレンドして浮上しているホワイトラベル暗号通貨取引所が挙げられます。これはサードパーティの開発者がによって作られたデジタルソフトウェアソリューションであり、既製の暗号通貨取引所として購入することが出来るのです。さらに、企業はホワイトラベルのテンプレートを好きにカスタマイズしたり多くの詳細を追加して独自のものにすることができます。

White-Label Cryptocurrency Exchange Software

実際にはWLソフトウェアは社内の代替ソフトウェアほど高度ではなくカスタマイズ可能でもありませんが、多くの企業は暗号通貨取引所を一から構築するための資金が不足しているのです。このような企業にとってWLソリューションはまさに天国のようなものであり、特定の市場のニーズを満たすことを目指すニッチな企業にもWLソフトウェアは最適なものとなっています。

例えば、もしあなたが主力の暗号通貨のみを中心に展開するBitcoin取引所を構築したい場合にはWLソリューションを購入する方がはるかに安価かつ簡単であり、この場合のWLソリューションの制限された機能は顧客にとっては大した問題にはなりません。

仮想通貨取引所はどのようにして儲かるのか

ほとんどの場合において、暗号通貨取引所は利益を得るためにスプレッド手法を採用するか取引ごとに一定の手数料を請求します。さらに、一部のプラットフォームでは自社の顧客の規模や範囲に応じてこれら2つの方法を特定の組み合わせて使用している場合もあります。

スプレッド収入とは、取引所が買値と買値の間に間隔を置くことを可能にするシンプルな概念を指します。例えば、暗号通貨Xは1.5ドルで販売されますがプラットフォームYが1.3ドルで購入した場合にはその0.2ドルの差がプラットフォームYの利益となるのです。

How Do Crypto Exchanges Make Money?

ただし、市場においては狭いスプレッドを持つことが非常に重要となります。なぜなら、スプレッドが広いとトレーダーは同地域のその他のプラットフォームを探索することになってしまうからです。さらに暗号通貨取引所は多額の維持費が必要となるため、利幅が薄いとビジネスに多大な悪影響を及ぼします。もしあなたの会社がこのような状況に陥ってしまった場合には、長期的には破産に繋がる可能性があります。したがって、最適なスプレッドを維持することは同市場にいる全ての人にとって非常に重要なことなのです。

取引手数料は取引ごとに取引所が顧客に請求するものであり、自社の顧客に最適化された様々な割合の手数料が各プラットフォームで採用されています。

一部の企業では取引の規模や量に応じた上昇率が設定されていますが、全体的には比例した等しい割合を提供することに多くの企業が重点を置いています。どちらのアプローチにもそれぞれの長所があって様々な分野で効果的です。

ほとんどの暗号通貨取引所ビジネスは不十分な流動性と頻繁に表れるバグのせいで失敗に終わっています。

基本概要

暗号通貨取引所を始めるための完全版ガイド

これまでにもすでに述べていますが、独自の暗号通貨取引所を一から構築することは最先端のテクノロジーと暗号分野に関する深い知識が必要となるために非常に難しい作業となっています。

しかし、多くの時間や大量のエネルギーを費やす意欲のある人にとってはもちろん実行可能な作業でもあり、潜在的には多くの利益をもたらしてくれるビジネスにある可能性があります。ここまでの説明の補足とより理解を深めるためにも、以下では暗号通貨取引所の作成過程を詳しく見てみましょう。

Steps To Create A Crypto Exchange

ビジネスプランを立ててライセンスを取得する

暗号通貨取引所ビジネスを開始するための多大なリソースを実際に投入する前に、まずは希望のビジネスモデルを特定して綿密なビジネスプランを事前に立てておくことが非常に重要となります。

このビジネスプランには一般的に運営の概念、採用および統合される基盤となるテクノロジー、潜在的資金源、マーケティングプラン、キャッシュフローの計算書などが含まれます。いきなりこれらを作ることは無謀のように思えるかもしれませんが、ビジネスプランを事前に作ることは成功するビジネスを構築する論理的なテンプレートとして広く知られています。

事前にビジネスプランを作成することで開発の初期段階で必要となる資金や融資を得るための取り組みが簡素化されます。また、ほとんどの第一世界の暗号通貨市場で必要とされる取引所プラットフォームのライセンスを取得できるチャンスも高まります。取引所ライセンスを使用することで、正当化した業務を行いながら世界の取引所市場に簡単に参入できるのです。

暗号通貨取引所の購入または開発を行う

次は暗号通貨取引所ソフトウェアの開発またはリサーチを行います。上記ですでに概説していますが、ここでの一般的な2つの選択肢はソフトウェアを一から構築するかWLソリューションを購入することです。どちらの選択肢にもそれぞれメリットがあり、様々なタイプのスタートアップの取引所に利益をもたらしてくれます。社内ソリューションは大規模な顧客ベースに対応するための最大限の自由なカスタマイズや多くの独自機能を備えていることから、より大きなスタートアップ企業に適しています。

逆に、WLソリューションはプラットフォーム上にいくつかのオプションと選択肢を用意したいものの主に集中した対象ユーザーにサービスを提供したいニッチなビジネスを目的として企業に最適です。単一通貨為替取引所がWLソフトウェアを活用した優れた例の1つであり、小規模な顧客ベースに対しては欠点なく完璧に必要とされるサービスを提供しています。

これら2つの中であなたに最も適したソリューションを選択するには、あなたの財務能力をしっかりと理解する必要があります。一般的にWLソリューションは、大規模なプラットフォーム開発の煩わしさを避けつつ高い収益性を狙う中小企業にとって非常に高い価値があります。

社内ソリューションは著名な企業にとっては優れた選択肢となりますが、専門の開発部門や膨大な時間が必要となります。さら、そのカスタムソフトウェアが正しく機能していて技術的な問題がないことを確認するための自動または手動のテストを行う必要があります。

補完的なソフトウェアソリューションを入手する

現代において、技術的に見れば暗号通貨取引所の開発は完全なものではありません。まとまりのある取引所ビジネスの構築にはその他複数のソフトウェアソリューションを採用する必要があることから、顧客の暗号通貨取引をよりシンプルかつ効率的にするためにも暗号通貨ゲートウェイの導入が重要になってきます。

取引所は暗号通貨プロセッサを使用することで仲介者を利用せずに資金を送金することできるため、暗号通貨取引所ビジネスを行う人にとっては非常に貴重なものとなります。ここでは既存の取引所ソフトウェアに完全に適合したレポート、財務、カスタマーサポートシステムなどを実装する必要があります。

最後に、取引所には組織の規制の一貫性を確保するために最新のコンプライアンスプロトコルシステムが必要となります。各側面において最適なソリューションを採用するための簡単なガイドラインなどはなく、それら全ては特定の状況と設定によって異なってきます。管轄区域によっては報告、財務、規制遵守慣行などが必要とされており、これらの慣行には厳密に従わなければなりません。

流動性プロバイダーとの提携

暗号通貨取引所を構築する上で最も重要な点は運営をサポートするための十分な流動性の確保が挙げられますが、実際にこれを行う場合には複数の手段があります。それらは主に流動性プロバイダーとの提携や民間資金の調達、制度融資を利用した初期資金の受け取りなどが挙げられます。

LPは寛大な資金調達オプションを提供しているため、仮想通貨流動性プロバイダーを見つけることは中小規模の取引所にとって最も興味深い選択肢となります。一般的にLPはトランザクションごとの手数料や固定流動性プールへのアクセスごとに少額の手数料しか請求しないため資金調達コストが低くなります。

Why Does Liquidity Matter In Crypto?

どちらにしても、取引所は10%以上の複利を支払わなくても十分な流動性を得ることができ、数多くのLPオプションが多くの管轄区域の中小企業に対して有利な提携オプションを提供しています。

ただし、取引所が流動性を提供する資格を得るには適切なライセンスと最小限の初期資本を持っている必要があります。これらの要件は予算や機能が限られている場合でもほとんど実現可能なものばかりです。

気密性の高いCRMシステムの導入

ビジネスモデルや対象顧客ベースに関係なく、企業は優れた顧客サポートを提供することの重要性を無視してはなりません。この点を怠ると技術的な問題、バグ、エラーのリスクが高まるために特にオンライン取引所には欠かせない要件となります。

顧客はあなたの取引所に個人資金を預けていることから、ほんのわずかな技術的問題だとしてもそれが顧客の別のプロバイダーへの切り替えに繋がる場合があるのです。

Benefits Of CRM Systems

したがって、顧客との良い関係性を保つためにもCRMシステムを採用することが必要不可欠となります。適切なCRMシステムには顧客獲得プログラム、顧客育成シークエンス、プラットフォーム上の包括的なサポート機能などが含まれます。

顧客の獲得とは主にソーシャルメディア上での集中的な広告やパーソナライズされたメールでのマーケティングキャンペーンなどが含まれます。

顧客育成シークエンスとは主にメールとプラットフォーム上のメカニズムの両方を通じて実行できるのものであり、企業は顧客に対して様々な推奨や提案の送信、追加機能の購入、取引範囲の拡大などの動機付けを行うことができます。

カスタマーサポート

最後になりますが、暗号通貨取引所の開発プロセスにおいてカスタマーサポートは非常に重要な部分となります。顧客が抱える問題には迅速かつ適切に対処する必要があります。

そうしないと競争の激しい為替市場において顧客ベースが急速に縮小してしまうからであり、シームレスな顧客対応と短い期間内での十分なサポートを顧客に提供できるように綿密に検討されたシステムの構築が必要となります。

現代ではAIを活用したサポートボット、チケットエスカレーションシステム、オンラインチャットなど顧客との関係を簡素化する補完的なツールが数多くありますが、CRMシステムなどに関係なく顧客からの苦情には迅速に対処することが大切です。

最高の立ち上げと変化する環境への適応

しかし、実際に暗号通貨取引所を立ち上げることは「言うは易く行うは難し」であり、企業は周りからの高い期待によって発売日の間違いや新たな欠点が指摘される可能性があるため、発売期限を選択する際には細心の注意を払う必要があります。

技術担当者はプラットフォームが最適に機能していることや、顧客の不満やデジタル資産の損失を引き起こすような重大な技術的問題がないことを何度も確認する必要があります。

また、企業はセキュリティ対策が最新のものであることを確認して顧客がサイバー脅威を受けることなく資金を管理できるようにする必要があります。さらに様々な割引やプロモーションなど、顧客に新しいプラットフォームの試用を促すことでコンバージョンの可能性を高めることもできます。

実際に立ち上げが成功した後は、取引所の各分野へのさらなる開発や新機能を常に把握しておくことが重要です。競争力のある取引所は常に新しい取引手段、ツール、指標などを頻繁に導入しているために一般ユーザーの関心の維持の為にもこれらの追加機能の組み込みが必要となります。

まとめ

暗号通貨取引所とは何でその開発方法を深く理解するには取引所としての責任、資金調達の課題、技術的なハードルを伴う複雑なプロセスが必要となりますが、暗号通貨取引所が持つ潜在的な利益にはその努力と投資の価値があると断言できます。

これまでに見てきた様々な課題と真に向き合って暗号通貨取引所の開発を開始したい場合は、まず一連の全体の流れを十分に理解した上でこれまでの手順を慎重に検討してみてください。適切に実行された取引所は多大な利益をもたらしてくれるのと同時に、中堅企業の国際市場への参入を助けてくれます。

よくある質問

暗号通貨取引所ビジネスを始めるのは良い考えですか?

初期の課題を全て考慮した場合、暗号通貨取引所の構築は膨大な時間やリソースを必要とする大変難しい作業となることでしょう。しかし適切なデジタル取引所は高い利益率をもたらしてくれたり、最近の暗号通貨の下落を見ているとこれからの大きな成長に期待が高まります。

暗号通貨取引所は暗号通貨ウォレットとどう違うのですか?

どちらのプラットフォームでも暗号通貨資金を保管することができますが、暗号通貨ウォレットは単に資金を転送するためのものであってデジタルウォレットを介して暗号通貨の取引を行うことは出来ません。一方で、暗号通貨取引所には基本的なペアリングスワップ、複数の契約、流動性に関するオプション、レバレッジ比率などの多くの取引機能がサポートされています。

社内プラットフォームの構築とホワイトラベルソリューションの取得ではどちらの方が良いですか?

どちらのオプションにもそれぞれのメリットがあるため、個人に合ったオプションを慎重に検討する必要があります。社内プラットフォームにはより豊富な機能があって幅広い顧客層に対応しており、WLは安価で簡単に実装できる点がメリットとして挙げられます。したがって、一個人が持つ明確なニーズ、予算、ビジネスプランによってここでの選択は異なってきます。

最新の記事

Getting Ready for The Highly Anticipated FMPS 2024
Bringing Our Payment Solutions To The Finance Magnates Pacific Summit
10.06.2024
Suiting Up For Crypto Discussions at The Massive Token 2049
Token 2049 Singapore is Around The Corner – Here Are Our Plans
10.06.2024
B2BinPay Suits Up for Money Expo India 2024!
B2BinPay is Good to Go at Money Expo India 2024! 
05.06.2024
B2BiPay v20 update
B2BinPay v20 – TRXステーキングと幅広いブロックチェーンサポートによる機能強化