Analysing Open-Source Payment Gateways

オープンソースの決済ゲートウェイを選択すべきですか?

Reading time

2020年代に決済処理業界はさらなる成長を見せており、今では暗号化決済ソリューションを採用する非ブロックチェーン企業の新たな市場が生まれるまでになりました。その結果として法定通貨の代替品としての仮想通貨のグローバル化が急激に加速したことから、5億人以上の暗号通貨所有者が様々な商品やサービスの購入に暗号通貨を使用したいと思っています。

現代では暗号通貨を使用した決済の受け入れが重要であることは周知の事実であり、2024年において潜在的な収益源を増やすための実行可能な戦略であることは間違いありません。そこで、この様な決済処理のニーズに最適なメカニズムは一体何なのでしょうか?この記事ではオープンソースの決済ゲートウェイを分析して長所と短所を正確に指摘することでこの質問に明確に答えていきたいと思います。

重要なポイント

  1. 暗号通貨を使用した世界的な購買活動の増加によって、暗号通貨を用いた決済ゲートウェイは世界的に大きく普及しました。
  2. 利用可能なゲートウェイの主なオプションは社内ソリューション、ホワイトラベルソフトウェア、オープンソースの代替手段の3つが挙げられます。
  3. オープンソースソリューションは紙面上において完全無料であり、さらに企業の市場投入までの時間を短縮することができます。
  4. ただし多くのオープンソースソフトウェアは非常に複雑であることから、セキュリティ機能や適切なドキュメントが度々不足しています。

暗号通貨決済ゲートウェイが重要な理由は何ですか?

現代のオンライン決済業界は世界中で急激に成長しており、主に電子商取引ビジネスが小売業界を席巻しています。現在ではほとんどの製品やサービスはオンラインで売買できますが、暗号通貨決済がこのデジタル市場で最大のシェアを毎年獲得しています。2024年の時点で15,000を超える大手企業が暗号通貨決済を採用して正当な支払いオプションとして使用しています。

ただし、企業が暗号通貨決済のトランザクション処理機能を統合するには独自の決済ゲートウェイを取得する必要があります。ここで利用可能なオプションには3つの異なるオプションとして独自の決済処理システムを1から開発するか、決済ゲートウェイのプロバイダーと提携するか、オープンソースの決済ソフトウェアを使用するかに分かれます。

Different Types of Crypto Gateways

社内オプションは主にこの目標を達成するために十分なリソースや専用のプログラミング部門を備えている大企業に最も適したオプションとなります。

比例的な利益を考慮すると、このオプションは一般的な中小企業にはコストが高すぎる場合があります。ここではサードパーティが提供するホワイトラベル決済ゲートウェイがはるかに安価なオプションとなり得ますが、通貨選択の多様性と支払い処理の速さに関して明確な制限があります。ただし、サードパーティのゲートウェイプロバイダーは手頃なゲートウェイ料金を請求するために比較的小規模な企業でも最低限の満足度を得ることができるでしょう。

3つ目のオプションであるオープンソースゲートウェイは、上記の両方のメカニズムのメリットの一部を組み合わせたオプションとなります。しかし、もちろんそれなりのデメリットもあることから、以下でそれらをより詳しく見ていきましょう。

オープンソースの暗号通貨決済ゲートウェイとは何ですか?

オープンソースゲートウェイはオンラインで利用できる暗号通貨を用いた完全無料の決済ゲートウェイです。このソフトウェアは完全無料であり、安定したインターネット接続と最低限の暗号通貨決済ゲートウェイの知識があれば誰でも利用することができます。

Why do Open-Source Projects Exist?

つまり、ソフトウェアの作成者にロイヤルティを支払うことなくオープンソースゲートウェイをダウンロードしてインフラストラクチャに統合することができるのです。どうしてこの様なオープンソースゲートウェイが無料で配布されているのか疑問に思う人もいるかもしれませんが、実際にところ適切に作成されたゲートウェイはオンラインコマースにおける巨大な商品の1つなのです。

その答えは非常に簡単であり、なぜなら開発者コミュニティはデジタル製品をインターネット上の誰とでも共有しながらパートナーシップや投資家候補を誘致するために自社のオープンソースプロジェクトをリリースしているのです。

ただし、この様な状況下でのオープンソースソフトウェアの品質にはバラつきがあり決済ゲートウェイも同様です。そこで、以下ではゲートウェイ統合へのオープンソースアプローチを検討した際に予想されるいくつかのメリットとデメリットを学んでいきましょう。

オープンソースゲートウェイが抱えるメリット

オープンソースゲートウェイの品質に大きなバラつきがあるにもかかわらず、初期費用は低く市場投入までの時間を短縮することができます。オープンソースゲートウェイを使用する事で、以下の様なメリットを期待することができます。

Benefits of Using Open-Source Gateways

手数料と運用コストの削減

上記で述べたように、オープンソース ゲートウェイには第三者に支払われる手数料を含め一切の料金がかかりません。オープンソースのクリエイターはテクノロジーを無料で共有することを目的としているために完全無料となっています。

したがって、多額の資本を蓄積するのに苦労しているスタートアップ企業にとってはこれが最も安価な選択肢になる可能性があります。通常オープンソースソフトウェアには技術的な調整やプログラミング専門家が必要となりますが、IT部門のような大人数のチームは必要とせず多くの場合において1人または数人の開発者で十分対応可能となります。

市場参入までの時間の短縮

ほとんどのソフトウェアはすでに実行準備が整っていることから、起動時に少しの調整を食わるだけでオープンソースゲートウェイを即座に市場へと参入させることができます。当然のことながら、オープンソースの変更を最終的に完了できるかどうかは技術専門の担当者の経験と特定のITインフラストラクチャの複雑さに依存しますが、その他のオプションと比べてもオープンソースゲートウェイの方が所要時間ははるかに短くなります。

特定のケースのにおいては、最高のオープンソース決済ゲートウェイは起動時に大幅な変更を必要としないものもあることから、創造性と追加の努力によって規模の不足を補わなければならない新進気鋭のスタートアップ企業にとってはオープンソースソフトウェアが最も適したソリューションとなる可能性があります。

オープンソースソフトウェアの歴史は1953年に遡ります。ただし、本格的なオープンソースプロジェクトはインターネットの出現に伴い2000年代初頭から始まりました。

基本概要

理論 vs 現実:オープンソースゲートウェイが抱えるデメリット

上記で説明した複数のメリットにかかわらず、オープンソースゲートウェイが全て意図したとおりに機能する訳ではありません。さらに残念ながら、オープンソースソリューションは決済処理に関する様々な問題や技術的な制限の影響を受けやすいのも事実なのです。

それらの結果として、ツールの費用が膨れ上がり多数の操作エラーが発生して全体的なパフォーマンスの低下に繋がる場合があります。

Open-Source Gateway Software in Practice

隠れたコストと複雑なメンテナンス

実際にオープンソースソフトウェアは無料ですが、購入したバージョンの機能が制限されている場合があります。例えば、オープンソースソリューションは自己ホスト型の暗号通貨決済ゲートウェイではない為にオープンソースインフラストラクチャを完成させるためにサードパーティの決済ゲートウェイサービスが必要になることがあります。

さらに、オープンソースプログラム内に多くのバグが見られることでリリース後に技術的な問題が発生する可能性があります。これらのバグや不具合は日常的なメンテナンスコストを増加させるだけでなく、決済処理に多くの時間がかかったり支払いの遅延やキャンセルによって顧客の全体的なサービス品質の低下に繋がるのです。

プログラミングの複雑さとドキュメントの欠如

ほとんどのオープンソースソリューションは新しいテクノロジーを試すための実験として、何らかの暗号通貨決済ゲートウェイ開発会社によって構築されていることから、オープンソースソフトウェアの性質は実験的なものが多いためにその中核となるプログラミング構造は初級または中級レベルの開発者にとっては非常に複雑なものになる場合があります。

複雑なコードの調整や統合プロセスにおいて重大な問題が発生することでより熟練した経験豊富な開発者を雇わなければならなくなることから、結果的にさらなる費用が必要になる場合があります。

さらに、公式のドキュメントが不足していると開発者が従うべきガイドラインがないために統合およびセットアップのプロセス全体がより困難になる場合があります。

セキュリティ面の懸念

多くの場合において、オープンソースソリューションは暗号通貨決済ゲートウェイであるGitHubソフトウェアの形式で提供されます。 これによってソリューションがGitHubリポジトリにアップロードされるだけで誰もが学習できることを意味しています。

このような選択の自由は非常に優れていますが、誰もがコードを研究してその弱点や侵害ポイントを特定できるためにセキュリティ面においてはいくらかの懸念が生じます。したがって、オープンソースソリューションを検討する際には追加のサイバーセキュリティツールや追加の資金を費やす必要があります。

まとめ – どの暗号通貨決済ゲートウェイソリューションが最も適しているのか?

現在オープンソースソリューションは決済業界の最新ニュースとして大きく取り上げられていますが、これまでに説明してきた様々な理由によって多くの物議を醸しています。標準化の欠如、混同された技術的な複雑さ、セキュリティ対策など特にユーザーが企業にアカウントを預けている金融サービス業界においては大きな問題となっています。

オープンソースゲートウェイソリューションは同市場における最も安価なオプションではありますが、下手をすれば最も高価な支払い処理メカニズムになるかもしれない多くのデメリットも含んでいます。

その様な事から、ホワイトラベルの暗号通貨決済ゲートウェイにより多くの費用を費やすことをお勧めします。このオプションを使用することで初期費用は少し張るかもしれませんがセキュリティ、メンテナンス、テクニカルサポート面における全てのコストを節約できるためにオープンソースソフトウェアで得られる節約額を相殺またはそれ以上にメリットを手に入れることが出来るかもしれません。

最新の記事

How to integrate Bitcoin payment API
ビットコイン決済API:選び方と統合方法
教育 15.05.2024
PSP vs Payment Gateway: Which One is Best for You?
PSPとペイメントゲートウェイ: どちらのシステムをビジネスに組み込むべきか?
教育 10.05.2024
Accept Monero Payments - XMR
2024年にイーサリアム決済を受け入れる方法
教育 09.05.2024
ウェブサイトにビットコイン決済を追加する方法
教育 06.05.2024