How to choose a crypto wallet

暗号通貨ウォレットの選び方:最良の暗号通貨の保管方法

Reading time

暗号通貨はブロックチェーン技術を使用してオンラインで取引できる新しいデジタル通貨として、現在では財布や現金に代わる便利な代替手段としてその地位を確立しています。

暗号通貨のデビューと並行し、分散型プラットフォームにてより強化された機能をの運用を容易にする多くの技術的進歩が進められてきました。そして、暗号通貨ウォレットはデジタルマネーの保管場所及び様々なブロックチェーンとのやり取りを行うエコシステムに必要不可欠な存在となっています。

ただし、暗号通貨ウォレットにも異なる目的やテクノロジーを利用したタイプがいくつか存在しています。では実際に、自分のニーズに最も合った暗号通貨ウォレットを選ぶにはどうしたらいいでしょう?以下でその質問に対する答えを見ていきましょう。

重要なポイント

  1. 暗号通貨ウォレットはデジタルマネーと資産の保管場所でその他のユーザーとの取引を発行してくれます。
  2. これまでに暗号通貨ウォレットは何度もハッキング攻撃に襲われていることから、暗号通貨ウォレットを選ぶ際にまず最初に考慮すべきことは万全のセキュリティ対策となります。
  3. 暗号通貨ウォレットにはコールドとホットの2種類があり、秘密鍵は物理デバイスまたはオンラインプラットフォームに保存されます。
  4. セキュリティ、互換性、使いやすさ、統合オプションなどのいくつかの要素によってあなたに最適なウォレットプロバイダーが決まります。

暗号通貨ウォレットを理解する

暗号通貨ウォレットはデジタル資産と暗号通貨を保存できる分散型ツールであり、暗号通貨ウォレットを使用する事でピアツーピアトランザクションによるその他のユーザーへの送金を行うことができます。ウォレットへのサインアップ後に体系的に生成されたアドレスを受け取り、ユーザーはそれを共有して支払いを受け取ることができます。

暗号通貨ウォレットのアドレスは26~60文字に記号や数字を含めたもので構成されるため、その他のユーザーやハッカーがそれらを特定するのは非常に困難です。特に暗号通貨を目的としたハッカーはアルゴリズムを使用して認証情報をターゲットのアドレスの推測を行いますが、60桁ともなるとハッカーが他人のウォレットアドレスを特定するのはほぼ不可能となります。

暗号通貨による支払いを行うには、まず受信者のウォレットアドレスを入力して送金金額を入力します。一部のウォレットではQRコードに住所が記載されていることから、これをスキャンして金額を入力するだけですぐに送金を行うことができます。

ユーザーがウォレットに暗号通貨を所有している場合、ほとんどの場合においてユーザーがそのウォレットを所有せずにウォレットプロバイダープラットフォームを介して暗号通貨を操作するためのアクセス権が許可されているのです。

したがって、支払いを送金する際は秘密鍵の所有権が付与されてその後の支払いやその他のアクティビティなどをウォレット上で操作できるようになります。

一度ユーザーが暗号通貨取引を始めると、秘密鍵がメッセージ内の支払いを暗号化してブロックチェーンへと送られます。その後に検証ノードがそのトランザクションを承認することで、受信者側のウォレットがそのメッセージを復号化して資金を解放することができます。

crypto wallet private key

暗号通貨ウォレットの様々な種類

ここまでは暗号通貨ウォレットに関する大まかな説明を行ってきましたが、最近では異なる動作を行う様々な暗号通貨ウォレットの種類が登場していることから、以下ではそれらについて説明していきます。

ホットウォレット

ホットウォレットとはコインやトークンをオンラインストレージに保存するウォレットであり、暗号通貨ウォレットプロバイダーを介してアクセスすることができます。ソフトウェアウォレットは一般的にブロックチェーンの保存、転送、やり取り、暗号通貨での支払いの発行などに対して使用されます。

暗号通貨取引の初心者や定期的に分散取引を行う人は数秒以内に簡単にアクセスできるホットウォレットの使用を好みますが、ここでの注意点としてはデジタル資産をオンラインに保存するとハッキング攻撃などに対して脆弱になってしまう点です。

したがって、オンラインにある分散型暗号通貨ウォレットにはユーザーの資金を保護するための最先端のセキュリティ対策が組み込まれています。これらのウォレットはプロバイダの構造に統合された秘密鍵と公開鍵によって保護されており、ユーザーがウォレットから送金を行う度に新たに展開されます。

最初の暗号通貨ウォレットはブロックチェーン システム全体とBitcoinの創始者であるサトシ・ナカモトによって2009年に設立されました。このウォレットを知るには、まずBTCブロックチェーンの歴史全体を知る必要がありました。

基本概要

コールドウォレット

暗号資産は物理的なストレージ、ペーパー、コールドウォレットと呼ばれるハードウェアなどの有形の所有権証明に蓄積することも可能であり、ペーパークリプトウォレットとはデジタル所有物の秘密鍵と公開鍵を運ぶ証明書やカードのような紙を指し示します。

上記でも述べましたが、ウォレットで暗号通貨を所有するということは暗号通貨やNFTへのアクセスを許可する暗号鍵を所有することを意味しており、したがって暗号鍵は素早い取引に使用されるスキャン可能なQRコードと一緒にペーパーウォレットへと記されます。

このタイプのストレージは物理的にアクセスできない安全な場所にペーパーウォレットを保管するため、暗号通貨をターゲットとするハッカーに対しては最も安全であると考えられています。

もう1つの種類にはUSBフラッシュドライブなどのコンピュータに直接接続するハードウェアデバイスが挙げられます。これらのガジェットは暗号通貨を暗号化する秘密鍵を保持していることから、ハードウェアウォレットのボタンを押すだけで展開が行われてハッカーがウォレットにアクセスできなくなります。

最高のコールドストレージ暗号通貨ウォレットを使用することで、サイバー攻撃やハッカーからの攻撃を100%防ぐことができます。なぜなら、これらのウォレットはインターネットから離れた場所に保管されることから第三者が容易に手を出すことが出来なくなるからです。

ただし最も堅牢なセキュリティシステムを備えた最高の暗号通貨ウォレットでも、ハッキングの脅威や詐欺行為にさらされる可能性があります。したがって、ここでの最善の策はコールドウォレットとホットウォレットを組み合わせて使用することでどちらか1つのウォレットに全財産を入れないようにすることです。

types of crypto wallets

暗号通貨取引所と暗号通貨ウォレットの違いは何ですか?

暗号通貨ウォレットと暗号通貨取引所には提供されるサービスにおける明確な違いがあります。コイン、トークン、NFTなどの暗号通貨資産は分散型デジタルウォレットに保存されますが、各ウォレットにはトランザクションを開始するために使用できる一意のアドレスが備わっています。

反対に、暗号通貨取引所として知られる分散型市場は様々なデジタル通貨やトークンの売買を容易にしてくれます。自らが使用する取引所にウォレットを繋がることで、ユーザーは取引所にリストされている多くの資産を取引することができます。各取引は秘密鍵の管理方法とアクティビティの管理方法に応じて集中型または分散型のいずれかに分類されます。

BinanceやCoinbaseなどの集中型取引所はネットワーク上に秘密鍵を置くことで仲介者として機能してトランザクションを処理します。そして、UniswapやPancakeswapなどの分散型取引所を利用したピアツーピアトランザクションではウォレットの秘密鍵の管理を放棄する必要がなくなります。

how crypto trading works

暗号通貨ウォレットの作成時に考慮すべきいくつかの要因

いくつかのウォレットプロバイダーは似たようなサービスを提供していますが、ここでは自らに最適なウォレットプロバイダーを選ぶことができます。以下では、自分に最も適した暗号通貨ウォレットを選ぶ際に考慮すべきいくつかの要因を説明していきます。

セキュリティ

分散型ウォレットを選択する際に最も重要となるのはウォレットのセキュリティです。なぜなら、全てのデジタル資産および資金は同プラットフォームに保管されることから外部からの攻撃やサイバー詐欺に対してセキュリティが脆弱になることは非常に望ましくありません。

分散型における資金とオンラインウォレットは長年に渡って暗号通貨をターゲットとするハッカーの標的となっており、これまでに数百万ドルもの額が盗まれてきました。そこでまずはウォレットのセキュリティ機能、スマートコントラクトの構造、相互作用などを確認することが非常に大切です。

また、過去にそのウォレットが詐欺にあったかどうかを確認することも非常に大切です。あなたのコインの保管場所を決定するためにも、コインがそのウォレットに保管されるかどうかを事前に知っておいてください。

使いやすさ

時に、暗号通貨ウォレットのインターフェースは新規ユーザーや初心者にとって複雑であると感じる場合があります。したがって、ユーザーフレンドリーなインターフェースや明確なレイアウトを備えたソフトウェアウォレットを選ぶようにしてください。

また、そのウォレットにモバイルアプリがあるかどうかも事前に確認しておいてください。モバイルアプリを使用することで、ウィンドウやタブを変更せずにストレージの詳細を読み取ったり簡単にトランザクションを始めることができます。

自分が最も使いやすと感じるウォレットを選ぶことで、取引を行う際の入力間違いなどを防ぐことができます。ハードウェアウォレットを使用することでユーザーによる操作や干渉が最小限に抑えられるため、操作においてはハードウェアウォレットの方がオンラインウォレットよりも容易であると考えられます。

互換性

セキュリティにおいて最も安全なウォレットを持つことに加え、様々な統合やリストを備えた便利なウォレットを持つことも非常に重要となってきます。あなたが興味ある暗号通貨をそのウォレットがサポートしているかどうかや、コインの保管可能数などを事前に確認しておいてください。各ウォレットにはそれぞれ異なるブロックチェーンのやり取りが採用されていることから、どのウォレットを選ぶかによってガス代や取引の実行のしやすさが決まってきます。

さらにそのウォレットが様々な取引所、分散型Web 3.0プラットフォーム、クリプトゲームなどと統合できるかどうかも確認しておきます。そうすることで、後の分散型エコシステム内でのデジタルマネーのスムーズなやり取りに繋がっていきます。

crypto wallet integration

秘密鍵

暗号通貨ウォレットにとって秘密鍵はなくてはならないものであるため、コールドウォレットでもホットウォレットでも秘密鍵を安全な場所に保管することが重要になります。コールドウォレットでは、秘密鍵をUSBデバイスや紙の証明書を金庫などの安全な手の届く場所に物理的に保管できます。

一方でオンラインウォレットでは情報や鍵がウェブウォレットとプラットフォーム上に保存されるためにより外部からの攻撃リスクが高くなることから、ハッカーなどが秘密鍵に容易にアクセスできないようにするために二要素認証やその他のセキュリティ対策を組み込んだウォレットを積極的に選ぶようにしてください。

料金体系

ウォレットが異なればブロックチェーンとのやり取りも異なってくるように、料金体系もウォレットごとに異なります。最高の暗号通貨ウォレットでは、クロスチェーン相互作用を強化して複数のブロックチェーンやネットワークをスキャンすることで高速かつ可能な限り最低の手数料をユーザーに提供するよう努めています。

さらに、一部のウォレットでは様々なトランザクション速度に合わせた料金体系が用意されています。例えば、送金なるべく速く送りたい場合はより多くのガス代を支払ってそれを行うことができます。ここではより低いガス代を選択することもできますが、それを選んだ際のトランザクションの決済には多少時間がかかることがあります。

暗号通貨ウォレットの選び方

あなたの暗号資産や資金を保護するためには多くの採用基準や対策を考慮する必要があります。あなたに最も適した暗号通貨ウォレットを選ぶ際は、以下の要因を考慮してください。

choosing a crypto wallet

自らのニーズを知る

まずは暗号通貨ウォレットの機能方法やそれを所有する目的を深く理解する所から始めます。ここではウォレットの主な用途、個人用なのかビジネス用なのか、保存したい暗号通貨と量などを事前に確認しておきます。これらはあなたが自分に最適な暗号通貨ウォレットを見つける際に非常に役に立ちます。

互換性の問題を事前に確認しておく

そのウォレットにはモバイルアプリがあるかや、今使っているデバイスと互換性があるかどうかを事前に確認しておきます。取引プロセスを事前に確認しておけば、後にウィンドウとアプリを切り替えずに容易に取引を行うことができます。

ウォレットを事前に確認しておく

ウォレットに関するレビューやフィードバックに事前に目を通しておきましょう。そうすることで、そのウォレットで出来ることやプロバイダーのサービスレベルを知ることができます。また、過去にそのウォレットシステムに対する詐欺行為やハッキングが起きていないかどうかも確認しておいてください。

セキュリティを事前に確認しておく

ウォレットが、2FA、シード フレーズ、指紋アクセス、ワンタイム パスワード、暗号資産を保護するその他の手順など、さまざまなセキュリティ対策を強化しているかどうかを確認します。

暗号通貨ウォレットの設定方法

分散型ウォレットとその仕組みについて十分に学ぶことが出来れば、後は簡単に暗号通貨ウォレットを設定することができます。ただし、それぞれのウォレットに応じて下記の手順が異なってくる場合があります。

  • まずはB2BinPay、Coinbase、Binanceなどの暗号通貨ウォレット プロバイダーから最も自分に合った安全な暗号通貨の保存、転送、支払い環境を提供するプラットフォームを選択します。その後に、そのプロバイダのウェブサイトまたはプラットフォームにて新規アカウント登録を行いプロフィールを設定します。
  • 次はウォレットが生成したシードフレーズを保存します。このステップを初めて行う場合には、暗号通貨ウォレットが12~24の単語で構成される固有の秘密フレーズである“シードフレーズ”を提示してくれるので、それらの単語を再入力して安全な場所へと保存します。これらの単語を保護することでウォレットへのアクセスを与えられるものとなり、シードフレーズが何者かに侵害されると自分の資金にアクセスできなくなる可能性があります。
  • さらに、モバイルアプリからウォレットにアクセスする際には二要素認証、フェイスID、指紋認証などを有効にしておくことで、自身の暗号通貨をより安全に保護することができます。
  • ブロックチェーン決済の取引と送信を行いたい場合には、ウォレットを取引所や分散型プラットフォームに接続することで暗号通貨を購入したりゲームをプレイしてトークンを得ることができるplay-to-earn プラットフォームを検索することができます。

マルチシグウォレット

マルチシグネチャーウォレットは複数の人が同じウォレットを操作して取引する必要がある場合に主に企業などで使用されています。これらのソフトウェアウォレットには複数のユーザーが含まれる場合があり、コンセンサスに達したトランザクションが過半数の操作の承認を得た場合にのみ実行されます。

マルチシグウォレットを使用する各ユーザーは、それぞれ異なる設定を介して保存されている資金にアクセスすることができます。ユーザーの追加や削除は管理者が行うことから、資金の安全性が促進されて誰かが勝手にウォレットや保管されているお金を悪用することはほぼなくなります。

multi-sig crypto wallets

まとめ

分散型暗号通貨ウォレットは主に暗号通貨を保管するためのツールであり、これらのツールは様々なプラットフォームやウェブサイトでの暗号通貨の受け取り、支払い、取引などを行うためのオンラインまたはオフラインウォレットをユーザーに提供します。

各ウォレットは様々に異なる機能を備えており、物理的なデバイスを使用してお金を保管するコールドウォレットやデジタルマネーをオンライン上で保管するホットウォレットを様々なプラットフォームやプロバイダーから見つけることができます。

そして実際にアカウントを作成する前に、自らがウォレットに求めるニーズやセキュリティ対策が安全かどうかを確認することが非常に重要となってきます。自分に最も適したウォレットを選ぶことでハッカーの手が届かない安全な場所に多くの暗号通貨を保管できるようになったり、他のユーザーとのやり取りや自らの暗号通貨ビジネスの成長を安全に促すためにウォレットを使用することができます。

よくある質問

どうやって最適な暗号通貨ウォレットを選べますか?

まずは自分がウォレットに何を求めているかを知ってください。暗号通貨の購入や送金にウォレットを使用するのか、または大量の暗号資産や資金の送金が必要とされるビジネスに使用するのかなどのウォレットの使用用途を明確にしてください。
また、そのウォレットのプロバイダーが2FAやその他のセキュリティ対策を行っているかどうかも事前に確認しておいてください。また、様々なプラットフォームやブロックチェーンをシームレスに統合するために互換性の問題なども確認しておいてください。

Bitcoinウォレットを選ぶ際の大切な要因は何ですか?

分散型プラットフォームやウォレットはハッカーの主な標的となるため、ここで最も重要なのはセキュリティ対策となります。最低でも2FA、秘密鍵へのアクセスの種類、トランザクション速度、シードフレーズなどが備わっているウォレットを選ぶようにしてください。

一般的なウォレットの種類となる3つのウォレットタイプには何がありますか?

一般的なウォレットの種類にはソフトウェア、ハードウェア、ペーパーストレージが挙げられます。ソフトウェアウォレット (ホットウォレット) はオンライン上に保存され、ハードウェアウォレットはコンピューターに接続できるUSBデバイスなどの保存され、ペーパーストレージではスキャン可能なQRコードなどで情報が印刷されます。

最も有名な暗号通貨ウォレットの種類はどれですか?

最も一般的な広く使用されているウォレットには、様々なプラットフォームや取引所での高い相互運用性を備えたシームレスな暗号通貨取引が行えるオンラインウォレット (ホット) が挙げられます。

最新の記事

Getting Ready for The Highly Anticipated FMPS 2024
Bringing Our Payment Solutions To The Finance Magnates Pacific Summit
10.06.2024
Suiting Up For Crypto Discussions at The Massive Token 2049
Token 2049 Singapore is Around The Corner – Here Are Our Plans
10.06.2024
B2BinPay Suits Up for Money Expo India 2024!
B2BinPay is Good to Go at Money Expo India 2024! 
05.06.2024
B2BiPay v20 update
B2BinPay v20 – TRXステーキングと幅広いブロックチェーンサポートによる機能強化