Cryptocurrency wallet vs exchange

暗号化ウォレットと取引所: 違いを発見する

Reading time

資金を保有することと、それを管理する方法を知ることは全く別のことですが、それにもかかわらず非常に重要な側面です。暗号化取引所とウォレットが、この業界でその機能が際立っている2つの主要な手段と考えることができます 

暗号鍵を使った暗号ウォレットは、ユーザーがデジタル通貨を送受信し、保管するための仮想金庫です。実際の資金を保管することなく、人々が所有する何かを管理することを保証します。対照的に、暗号交換所は、ユーザーが暗号資産を購入、売却、取引できる市場として機能します。しかし、消費者は自分の資金を頻繁に取引所に預けなければなりません。

暗号ウォレットと取引所の違いについて知ることは、仮想通貨を持つ人にとって必須です。この記事では、これらのバリエーション、特徴、各ツールに関連するセキュリティリスクを検討するための基礎について説明します。暗号化通貨を安全かつ成功裏に管理するためには、これらのプラットフォームをいつ、どのように使用するかを知ることが極めて重要です。

キーポイント

  1. 政府が発行した通貨を保管するフィアットウォレットとは異なり、クリプトウォレットは暗号資産の安全な保管を提供し、ユーザーにコントロールを与えます。
  2. 暗号通貨のプライベート・ウォレットは、暗号通貨を売買・取引するマーケットプレイスとして機能し、ユーザーに資金を預ける必要がある暗号通貨取引所よりも、顧客に自主性を提供します。
  3. 暗号通貨を交換所からプライベート・ウォレットに移すことで、セキュリティが向上し、ハッカーに狙われやすい交換プラットフォームに暗号通貨を預けるリスクが軽減されます。
  4. ユーザーは、非管理下の取引所や秘密鍵ウォレットで暗号資産を完全に管理し、説明責任を果たすことができ、安全な管理手順の重要性を強調しています。

暗号ウォレットの定義

Definition of crypto wallet

暗号ウォレットは、暗号通貨を保存、送信、受け取るためのプラットフォームです。実際のお金を含む物理的なウォレットとは異なり、暗号ウォレットは、ブロックチェーン取引を行うために不可欠な、プライベートキーとパブリックキーの両方を保存し、管理するために使用されます。このツールは、ユーザーにデジタル資産とのやり取り方法を提供するため、仮想通貨を利用するすべての人にとって不可欠です。

これらのウォレットの種類

暗号通貨ウォレットは幅広く、異なるセキュリティ機能やユーザー要件に適したアプリケーションケースを提供するいくつかの種類があります。

ハードウェアウォレットは、オフラインでプライベートキーを保存することでオンライン攻撃から保護するために作られたアイテムです。これらは、最も安全なウォレットの種類の一部と見なされ、デジタル資産を長期間保存するのに適しています。有名な例としては、TrezorとLedgerがあります。

Types of crypto wallets

ソフトウェアウォレットは、定期的な取引に便利であり、PCやモバイルデバイスからアクセスできます。これには、インターネットブラウザと連携するWebウォレット、PCにあるデスクトップウォレット、スマートフォンアプリであるモバイルウォレットが含まれます。ソフトウェアウォレットは、日常の使用に便利で安全な組み合わせを提供しますが、ハードウェアウォレットよりもオンライン攻撃に対して脆弱です。

紙ウォレットは、公開鍵と秘密鍵の物理的な印刷を含みます。このオフラインの重要な保管技術は、オンラインハッキングの危険性を著しく減少させます。物理的な性質のため、紙ウォレットは慎重に取り扱い、保管する必要があります。

セキュリティと制御

暗号ウォレットのプライベートキーの管理は、そのセキュリティの重要な要素です。デジタル資産へのアクセスを提供するプライベートキーは、デジタル署名と同様に、ブロックチェーン上に保存されたデジタル資産にアクセスします。このキーのプライバシーを維持することは、デジタル資産を保護するために重要です。ウォレットは、生体認証や2FAなどのさまざまなセキュリティ強化技術を使用して、不正アクセスに対する追加の防御層を作成できます。

暗号ウォレットが提供するデジタル資産に関する独立性は、重要な機能です。取引所が提供するカストディアルウォレットは、取引所がプライベートキーを保持するものであり、これによりこの制御を否定します。このような場合、ユーザーは取引所のセキュリティプロトコルとガイドラインを信頼する必要があります。

ホットウォレットとコールドウォレット

hot wallets vs cold wallets

ホットウォレットとコールドウォレットの主な違いは、インターネット接続性です。インターネットに接続されているホットウォレットは、迅速な取引とシンプルなアクセスに便利ですが、オンラインセキュリティ侵害の危険性も高くなります。

一方、コールドウォレットではオフラインのままなので、オンライン上の危険から資金を切り離すことができ、セキュリティが大幅に向上します。ハードウェアウォレットとペーパーウォレットはこのカテゴリーに属し、暗号通貨を長期間安全に保管するのに最適です。

セキュリティへの懸念とウォレットの選択

理想的なウォレットの種類を選ぶには、利便性とセキュリティの長所と短所を天秤にかける必要があります。ホットウォレットではリアルタイムでの取引や使用が可能ですが、オンラインでは慎重なセキュリティ手続きが必要です。大量の暗号通貨を安全に保管するためには、ハッカーから強力に保護されるコールドウォレットが優れています。

そのため、暗号通貨ウォレットは、安全な資産保管から高頻度取引まで、多様なネットワークによってさまざまな需要に応えています。暗号通貨ウォレットが必要かと聞かれたら、様々な種類のウォレットの機能、セキュリティ機能、制御メカニズムを知ることで、十分な情報を得た上で決断し、デジタル資産を安全かつ効率的に管理することができます。

最初のBitcoinウォレットであるBitcoin Coreは、2009年1月に公開され、最初の仮想通貨取引所であるBitcoinMarket.comは2010年にデビューしました。

ファーストファクト

暗号通貨取引所に関する説明

Explanation of Cryptocurrency Exchanges

暗号通貨取引所は、ユーザが暗号通貨を購入、売却、取引できるオンラインストアとして機能します。デジタル資金を米ドルなどの不換紙幣に簡単に交換できるため、これらのプラットフォームは暗号通貨業界にとって不可欠です。取引所には主に、分散型取引所と中央集権型取引所の2種類があります。

中央集権型の交換所は、取引を管理し、ユーザーの資金を保持する特定の企業によって運営されているため、一定レベルの信頼性と顧客支援を提供します。一方、ユーザー間のピアツーピアの取引は、中央当局なしで機能する分散型取引所によって促進され、デジタル資産に対する管理とプライバシーを向上させることができます。

暗号取引所の運営方法

アカウントの開設は、暗号通貨取引所の運営に関するいくつかの重要な手順の最初のものです。規制基準を遵守するために、ユーザーは通常、アカウントを作成し、個人的な身分証明書を提出するKYC認証プロセスを経る必要があります 

ユーザーは、取引所口座が検証された後、銀行振込、デビットカード、クレジットカードなど、さまざまな方法で資金を調達することができます。

取引所は、ユーザーの売買注文をマッチングすることで、各取引に手数料を取りながら暗号通貨の取引を可能にします。このようなプラットフォームは、暗号化、二要素認証、コールドストレージなどのセキュリティ強化機能に加えて、取引用にさまざまな暗号通貨を提供することがよくあります。さらに、ユーザーエクスペリエンスは、取引を便利にする取引所のモバイルアプリの品質に影響されることがあります。

リスクの要因

中央集権的なプラットフォームは、ユーザーフレンドリーで特別な保護を提供しているにもかかわらず、特にユーザー資金の安全性について懸念があります。中央集権型プラットフォームにはユーザーの秘密鍵が保管されているため、ハッカーは魅力的なターゲットになります。こうした取引所の利用者は、セキュリティ侵害の結果、大きな金銭的損失を被る可能性があります。

さらに、これらの取引所の中央集権的な性質により、消費者のプライベートキーに対する権限は制限されます。これは一般的に、あなたの鍵でないなら、あなたのコインでもないという表現で要約されます。デジタル資産は取引所によって管理され、保護される必要があるため、信頼できるプラットフォームを選択することは重要です。

このような懸念はあるものの、中央集権型取引所の使い勝手の良さ、提供する商品の多様性、流動性の高さは、新人トレーダーにもベテラントレーダーにも人気のある選択肢となっています。しかしながら、ユーザーは、これらのプラットフォームが提供する利便性と、詐欺やサイバー犯罪などの起こりうるリスクとのバランスを取る必要があります 

暗号通貨取引所にアクセスする際は、利用可能な暗号通貨の種類、セキュリティ機能、取引コスト、さまざまな場所からのアクセス性など、多くの側面を慎重に評価する必要があります

centralised vs decentralised exchanges

取引所のウォレットが何であるかを理解することが第一歩です。分散型であれ中央集中型であれ、顧客がデジタル資産を効率的に取引できるよう、業界で重要なサービスを提供しています 

DEXとCEXのどちらを選ぶかは、デジタル資産の管理、セキュリティ、使いやすさなどの要素を天秤にかける必要があります。取引所を選択する際には、ユーザーは広範な調査を行い、独自のニーズを考慮し、リスク許容度を評価する必要があります。

暗号通貨取引所と暗号通貨ウォレットはどう違うのか?

暗号ウォレットと取引所の重要な違いを理解することは重要です。仮想通貨を取引所またはウォレットで保持するかどうかは、デジタル資産のセキュリティと管理に大きな影響を与える可能性があります。たとえば、仮想通貨を保管する場合、ハードウェアウォレットは安全なウォレットアドレスと取引所に保管するよりも追加の保護を提供します。以下のセクションで、それらの間のいくつかの重要な違いについて説明します。

機能性の対比

暗号通貨取引所とウォレットの主な相違点は、その機能にあります。ウォレットの主な目的は、お金を安全に保管しておくことです。ブロックチェーン上のディジタル資産にアクセスし、使用するために必要な暗号鍵を管理する。一方、暗号通貨取引所は、簡単に暗号通貨を購入、売却、取引できるようにする市場としての役割を果たす。買い手と売り手が結びつくことで、取引所は不換紙幣をデジタルマネーに変換したり、逆にデジタル通貨を別のデジタル通貨に交換したりすることができます。

セキュリティへの影響

ウォレットと取引所アーキテクチャーのセキュリティへの影響は甚大です。特に非保護のウォレットは、保有する暗号通貨にアクセスするために必要な秘密鍵をユーザーが完全にコントロールできるようになります。このようなコントロールが可能なため、秘密鍵をいかに安全に保管するかといったユーザーの行動は、資産のセキュリティに大きな影響を与えます。例えば、ハードウェアウォレットは秘密鍵をオフラインで保管し、オンラインハッキングの努力から守っています。

一方、集中型の取引所は、ユーザーの秘密鍵を保管して扱うため、セキュリティ上の欠陥がある可能性があります。取引所はユーザーの貴重品を集中的に保管しているため、ハッカーを惹きつける可能性があります 

暗号の歴史を通して、大金を費やした取引所のハッキングが数多く公表されてきました。その結果として、個人のウォレットを利用するのに比べ、取引所を利用するのは、取引には便利かもしれませんが、セキュリティ侵害のリスクが高くなります。

資産をコントロール

ウォレットと取引所を比較すると、ユーザーが資産を管理する権限の違いが顕著です。特に、カストディアルではない暗号ウォレットを使用する場合、ユーザーはデジタル資産を完全に管理できます。

暗号通貨を送受信したり保管したりするために、第三者からの承認は必要ない。自律性があるので、ユーザーは自分の資産を好きなように扱うことができ、取引所によって口座にアクセスできなくなったり、資金が凍結されたりする心配はありません。

一方、中央管理型の取引所を利用した場合、ユーザーは事実上取引所に資金を預けることになります。取引所は、それぞれのユーザーのプラットフォーム・ウォレットの秘密鍵を所有しているため、そのような資産に対する権限を持っています 

このような仕組みのため、取引所が運営上の問題やセキュリティ侵害、法的な懸念に見舞われた場合、ユーザーが資金にアクセスできなくなる可能性があります。取引所はまた、引き出しの上限など、取引に制限を設ける権限も持っている。

それぞれを使うべき時: 暗号化ウォレット対取引所

When to use wallets and exchanges

目的や 活動に応じて、暗号取引所とウォレットのどちらを使うかを選択する必要があります。セキュリティが向上しているため、デジタル通貨を長期的に安全に保管するには、ハードウェアウォレットまたはソフトウェアウォレットを使用することをお勧めします 

秘密鍵をコントロールすることで、これらのウォレットはユーザーが保有する通貨を保護し、分散型取引所の通常のリスクから安全に保つことを可能にします。しかしながら、暗号通貨取引所を利用することは、暗号通貨を頻繁に売買・取引する顧客にとってはより理にかなっています 

取引所は、暗号取引を素早く完了させるために必要なインフラを提供するだけでなく、取引のためにさまざまなデジタル通貨を提供しています。

取引所から暗号通貨を移す方法

デジタル資産の保護強化には、暗号通貨を取引所からウォレットに移動する必要があります。以下は詳細なガイドです:

  1. 暗号ウォレットを設定し、ウォレットアドレスを把握していることを確認してください。これは、暗号資産を受け取るための特別な識別子です。
  2. コインを保管している暗号通貨取引口座にログインします。
  3. 出金リンクをクリックし、送信したいコインを選択します。
  4. 指定されたフィールドに、ウォレットアドレスを入力します。誤ったアドレスへの送金は取り消すことができないため、このアドレスが正確であることをダブルチェックしてください。
  5. 取引を確認します。送金の所要時間は、取引所やネットワークの混雑状況によって異なります。

中央集権的な交換所の危険から自分のデジタル通貨を守りたい人は、この手順に従わなければなりません。ユーザーは、保有するクリプトカレンシーを個人のウォレットに移すことで、取引所での不要なアクセスや潜在的なセキュリティ侵害から投資を保護するために不可欠な予防措置を取ることができます。このウォレットには、最大限の保護のためのハードウェアウォレットや、使いやすさのためのモバイルウォレットやソフトウェアウォレットがあります。

最後に思うこと

効率的な管理には、ウォレットと取引所の違いを理解することが不可欠です。暗号ウォレットは、顧客に資産と秘密鍵に対する権限を与える一方で、暗号を安全に保管する方法を提供します 

一方、暗号取引所は、暗号資産の売買や取引のための市場を提供しますが、消費者が資金を預けることも要求します。長期保管と活発な取引といったタスクに応じて、それぞれをいつ利用すべきかを知ることができるため、セキュリティと資産管理が向上します。 

この知識があることで、消費者はデジタル通貨を安全かつ効果的に管理することができ、十分な情報に基づいた意思決定を行うことができます

よくある質問

取引所に暗号通貨を保管しておくことは良い考えですか?

信頼できる交換所を選択することでセキュリティリスクが軽減されるように見えても、セキュリティリスクを高めることになるためです。

取引所アドレスはウォレットアドレスと何が違うのですか?

まず、取引所ウェブサイトは通常、取引所アドレスにリンクされています。この取引所アドレスを使って、取引所にお金を預けたり引き出したりすることができます。逆に、通常のウォレットのアドレスは、一般的にプライベートな事柄に使用され、個人によって管理されます。

取引所はウォレットとして考えられますか?

ウォレットと取引所は、暗号資産を保管するための2つの主要な方法です。暗号取引所では、仮想通貨を購入、売却、取引できますが、ウォレットは資産を安全に保管できるプライベートバンクとして機能します。

最新の記事

How to integrate Bitcoin payment API
ビットコイン決済API:選び方と統合方法
教育 15.05.2024
PSP vs Payment Gateway: Which One is Best for You?
PSPとペイメントゲートウェイ: どちらのシステムをビジネスに組み込むべきか?
教育 10.05.2024
Accept Monero Payments - XMR
2024年にイーサリアム決済を受け入れる方法
教育 09.05.2024
ウェブサイトにビットコイン決済を追加する方法
教育 06.05.2024