Difference Between Crypto and Fiat

暗号通貨と法定通貨支払い処理業者における違いは何ですか?

Reading time

現在ではBitcoinでの支払いが従来の支払い方法の代表であるクレジットカード払いに代わるより簡単かつ安価な代替手段として人気を集めて各企業に多大な利益をもたらしています。実際暗号通貨の価値は不安定であるにもかかわらず、多くの専門家は今後数年間で暗号通貨を使用した支払い方法が増加するだろうと予測しています。ただし、依然としてオンラインおよびオフラインを含めてた一般的な支払い方法は法定通貨を使った従来の支払い方法である事実は変わってはいません。

この記事では暗号通貨と法定通貨の各支払い処理業者の違いを学ぶことで、それぞれの支払い処理業者がどのように機能しているかを知ることができます。

重要なポイント

  1. 支払い処理業者は主に支払いのロジスティクスの管理および責任を負っています。
  2. 法定通貨を扱う支払い処理業者は各国通貨の支払いの受け入れおよび処理を行います。
  3. 暗号通貨を扱う支払い処理業者を利用する小売業者は、自社の支払い方法にデジタル通貨を受け入れることができます。
  4. 暗号通貨と法定通貨の支払い処理業者の主な違いは処理する通貨の種類、第三者の関与、手数料などが挙げられます。

支払い処理業者の説明

支払い処理業者 (またはゲートウェイと呼ばれる) はカード払いのロジスティクスの管理を担当するベンダーであり、顧客のカードデータを各取引に関わる決済ネットワークや銀行へと転送する作業を担います。

カード払いを完了する責任を負う支払い処理業者は、顧客のカードが登録された口座から販売者への口座への送金を行います。

大体の流れは次のようになります:

  1. 顧客は店舗端末、オンライン支払いページ、その他の支払い方法など様々な方法にてカード情報を販売者に提供しまが、これらの情報は支払い処理業者を通じて販売者へと送信されます。
  2. 支払い処理業者は送金の承認を得るためにMastercardやVisaなどのカードネットワークにて取引を開始します。
  3. 販売者との取引が承認および完了すると、支払い処理業者は顧客のカード発行会社に販売者の銀行に送金するよう通知を行います。
  4. その後に販売者は顧客から送られた資金を受け取ることが可能となります。支払い処理業者によってはこの一連の流れが即座に行われることもあれば、数営業日以内に行われる場合もあります。

滑らかな支払い処理システムはe-コマースをサポートして経済成長の促進に繋がります。多くの企業はキャッシュフローやその他の財務業務を管理するためにこれらのシステムに依存しており、システムが適切に機能することで不正行為のリスクが軽減されたりデータのセキュリティが確保や規制および業界標準へのコンプライアンスの維持にも繋がっていきます。

一部の報告によれば、商品やサービスの定期払いに暗号通貨を使用すべきだと考えている消費者は全体のわずか39%ほどだそうです。

基本概要

暗号通貨を使った支払い処理の仕組み

暗号通貨を扱う支払い処理業者またはゲートウェイは、主に小売業者がデジタル通貨を支払い方法として受け入れるサービスを担っています。様々なプラットフォーム、ウェブサイト、モバイルアプリ、オフラインにおいて法定通貨の代わりにデジタル資産が一般的な支払いと同じ様に機能する手助けを行います。

暗号通貨を扱う支払い処理業者によって販売者やプロバイダーが暗号通貨での支払いを受け入れることで、ユーザーが各ウォレット間にてスムーズな送金を行えるような安全かつ動的な処理インフラストラクチャが可能となります。

決済ゲートウェイはウォレット関連の機密データを販売者ソフトウェアに安全に配信するために必要不可欠であり、その素晴らしい機能にもかかわらず高い収益性を狙う安全かつ迅速な支払い方法を求める企業の間ではますます人気が高まっています。

暗号通貨の決済ゲートウェイをサポートするブロックチェーンエコシステムは不変性とトランザクションの透明性を提供する分散型構造により、銀行などの仲介業者が排除されて高速化された取引および処理手順の軽減が期待できることから、さらなるデジタル通貨の使用と分散型ゲートウェイの人気の促進を望むことができます。

暗号通貨と従来の銀行業務の間の橋渡しとして機能する暗号通貨の決済ゲートウェイは、暗号通貨を使用したサービスおよび商品の購入を可能にするシンプルかつ安全な方法を保証します。

以下は、暗号通貨を使用した支払い処理がどのように行われるかを簡潔にまとめたものです:

  1. まず、顧客が支払い方法として暗号通貨トークンを選択します。
  2. 次は暗号通貨決済ゲートウェイはトランザクション用の特別なコードである一意の英数字の文字列を生成します。
  3. サービスおよび商品代として、顧客はトークンをこのアドレスに送信します。
  4. ブロックチェーンネットワークが取引の検証を始めます。暗号通貨決済ゲートウェイがそのトークンの価値を米ドルやユーロなどの広く受け入れられている通貨への即座の変換を行います。
  5. 変換が無事行われた後にそれが販売者のアカウントへと送金されることで、販売者は従来の取引と同様に支払いを受け取ることが可能となります。
How Crypto Payment Processing Works?

暗号通貨決済ゲートウェイによって、多くの企業は分散型ブロックチェーン構造によって売上を伸ばしつつ取引の透明性と安全性を促進することができます。これらの処理業者は主に中小企業や大企業などでも採用されていることから、これまでの記録管理システムの代わりとしてデータストレージのコストの削減にも繋がります。しかし実際にはこの市場は個人および個々でのオンラインビジネスをターゲットとしていますが、まずは多くの企業が暗号通貨の決済ゲートウェイを導入するにつれて大幅な成長が見込まれると予想されています。

暗号通貨を扱う支払い処理業者が抱えるメリット

現代ではますます多くの銀行、企業、消費者がブロックチェーンの分散台帳ベースの金融ソリューションを備えたデジタル決済システムを採用し始めており、この革新的なソリューションは暗号通貨を介した支払いの処理を安全かつ即時的に行うためのコスト効率の高い方法として多くの販売者に提案されています。それでは、以下では暗号通貨の決済プロセッサーが提供する主なメリットを見ていきましょう。

Pros of Crypto Payment Processors
  • 取引コストの削減 – 従来の金融システムや決済ネットワークには何かしらの手数料や仲介業者が関与することがよくありますが、暗号通貨決済では仲介業者を必要としないことから販売者や消費者のコストの削減に繋がります。また、通常暗号通貨を扱う支払い処理業者は従来の支払い方法よりも低い取引手数料を提供します。
  • 強化されたセキュリティとプライバシー – 暗号通貨の支払いゲートウェイでは暗号化や分散化などのブロックチェーンテクノロジーが持つセキュリティ機能が使用されることから、様々な詐欺行為やハッキングのリスクを軽減してくれます。また、個人情報が必要となる従来の支払い方法とは異なりユーザーの匿名性も維持されます。
  • 不正行為の削減 – ブロックチェーンテクノロジーによって暗号通貨取引は全て記録されて閲覧可能になることから、不正行為のリスクの大幅な軽減となって企業に大きなメリットをもたらしてくれます。
  • ボラティリティの緩和 – 変動しやすい暗号通貨に対して多くの支払い処理業者は即時変換を提供しているため、販売者は暗号通貨の支払いを受け入れて安定した法定通貨に変換できるために価格変動のリスクが軽減されます。
  • 即時取引 – 暗号通貨は標準的な銀行営業時間などに関係なくいつでも取引の検証と決済を瞬時に行うことができることから、流れるように進んでいくe-コマースの世界では非常に重要なメリットとなります。
  • 互換性 – 暗号通貨の決済ゲートウェイには全てにおいてオペレーティングシステムとの互換性があるため、販売者はデバイスから暗号通貨を介した支払いを簡単に設定することができます。この統合を行う為の追加のコード知識などは必要なく、デバイスの変更やアップグレード等の作業も必要ありません。
  • グローバルなアクセス – 暗号通貨の決済ゲートウェイは世界中どこからでも個人や企業が暗号通貨取引を行うことができます。また従来の銀行ネットワークの制限や高額なクロス コストに縛られることはないことから、膨大な顧客ベースを引き付けることが可能となります。
  • 匿名性の保証 – 仮想通貨愛好家は銀行に対する不信感から支払い時の匿名性を強く求めており、暗号通貨決済ゲートウェイのような分散型メカニズムによって機密データの保存を行うKYC手順が排除されることで顧客のプライバシーは確保されます。また、企業側も匿名性のメリットを享受できるようになることからデジタル世界でのプライバシーの価値が実証されます。

暗号通貨を扱う支払い処理業者が抱えるデメリット

Cons of Crypto Payment Processors

暗号通貨には上記のような多くのメリットがありますが、ウェブサイトで暗号通貨による支払いを受け入れる際には以下のような問題が生じる可能性を理解しておくことも非常に重要になります。

  • 規制の不確実性 – 暗号通貨は急速に進化する法的環境の中で運用されており、各規制は国ごとに異なります。国によっては地域によって暗号通貨決済を受け入れている法域と禁止している法域があるため、暗号通貨決済を受け入れる企業にとってはこれが問題となる場合があります。
  • 消費者の理解の欠如 – 現在ではますます暗号通貨の人気が高まっていますが、顧客が暗号通貨での支払いを思い留まることで企業の市場が制限される可能性があります。このような問題を防ぐためにも、暗号通貨の支払いプロセスを簡素化したユーザーフレンドリーなプラットフォームが必要になります。
  • 第三者による仲介 – 当初の暗号通貨は仲介業者を必要とせずに設計されましたが、販売者は決済サービスプロバイダーを信頼および依存する必要があるために決済ゲートウェイは分散化を損なうことになります。
  • ボラティリティのリスク – ほとんどのプロバイダーはリスクを軽減するために即時法定通貨換算を提供していますが、換算前の大幅な価格変動を完全に排除することは不可能です。

法定通貨による支払い処理の仕組み

法定通貨の支払いゲートウェイでは支払い方法として各国通貨が受け入れられており、ウェブベースのサービスとAPIを通じて取引情報をデジタルまたは物理的に送信します。この方法は主にe-コマースや小売店の顧客の間で人気となっています。

法定通貨の支払いゲートウェイはサードパーティのサービスプロバイダーとして顧客と販売者の間で仲介者として機能し、クレジットカードの詳細などの支払い情報を処理して販売者のアカウントへと資金の転送を行います。

法定通貨の決済ゲートウェイとして有名なのはPayPal、Stripe、Squareなどであり、これらはオンラインでの商品の購入や対面での購入などに広く使用されています。これらは電子決済処理システムの重要なバックエンドテクノロジーであり、ウェブページのインターフェースの設計、構築、取引処理銀行への顧客情報の送信などを行います。

法定通貨から仮想通貨、仮想通貨から法定通貨への取引

法定通貨を扱う支払い処理業者は法定通貨から暗号通貨への変換またはその逆の変換にも取り組んでおり、これらは従来の金融と分散型金融の間の橋渡しとして機能します。 ユーザーは法定通貨の決済ゲートウェイを使用することで、従来の法定通貨を使用してデジタル通貨を購入することができます。

このプロセスは一般的に暗号通貨のオンランプとも呼ばれており、オフランプと呼ばれる逆のプロセスを行うには暗号通貨から法定通貨へのゲートウェイが必要になります。オンランプサービスはオンライン上で銀行振込、クレジットカードやデビットカード払い、PayPalなどの様々な支払いオプションを提供しています。

On-Ramp Flow

法定通貨から暗号通貨への決済ゲートウェイ ソリューションの主な目標はユーザーが法定通貨で暗号通貨を購入できるようにすることであり、このプロセスは法定通貨を暗号通貨に変換する作業および法定通貨ウォレットから暗号通貨ウォレットへのお金の交換などが含まれています。同プロセスは以下のシンプルな3つステップで構成されています:

  1. ユーザーは法定通貨のオンランプを使用してサービス/dAppにアクセスして通貨ペア、購入する仮想通貨の量、実際の仮想通貨ウォレットのアドレスなどを指定して暗号通貨の購入プロセスを始めるための注文書の記入が必要になります。
  2. ユーザーはVisa、Mastercard、Google Pay、Apple Pay、その他の現地での支払いオプションなどから自らの取引を完了するための最適な支払い方法を選択します。
  3. 購入は即座に行われますが、ブロックチェーンのトランザクションには数分から1時間以上の時間がかかる場合があります

法定通貨のオンランプサービスは暗号通貨を扱う企業にとっては極めて重要であり、従来の金融世界とWeb3の世界の間にある溝を埋める橋渡しとして機能します。ここでは簡素化された購入によってユーザーに対してポジティブなユーザーエクスペリエンスが提供されます。

暗号通貨の導入は多くのハッカーや詐欺行為からユーザーを保護する高度なセキュリティ対策によって安全かつ透明なプラットフォームも提供してくれます。これらはコンプライアンスと監査の目的で詳細な記録を提供し、暗号通貨の導入は暗号通貨エコシステムにとっても必要不可欠となります。これらはユーザーに暗号通貨を購入するための最も簡単で便利な方法を提供するツールやリソースを企業に与えます。

法定通貨を扱う支払い処理業者が抱えるメリットとデメリット

法定通貨を扱う支払い処理業者は金融システムにおいて重要な部分であり、暗号通貨を扱う支払い処理業者と同様に多くのメリットがあります。

メリット

以下では、法定通貨を扱う支払い処理業者を使用した際に得られる主なメリットを紹介します。

  • 法定通貨から暗号通貨への簡単な変換 – 法定通貨の決済ゲートウェイによってピアツーピア取引のリスクが排除され、さらにオンランプではクレジットカード、デビット カード、銀行振込、電信送金などの幅広い支払いオプションを使用してデジタル通貨を迅速かつ簡単に購入できるために各ユーザーは自分のニーズに最も合った方法を利用することができます。
  • 暗号通貨の採用増加の可能性 – 暗号通貨のオンランプを使用することで現地通貨を暗号通貨に変換するためのアクセスしやすさと利便性を多くの人々に提供できることから、初心者や従来の取引所にアクセスできない人にとっては非常に有益となります。さらにオンランプは現地通貨から暗号通貨への変換を容易にするため、それによって暗号通貨ユーザーの数が増加することで合法的な支払いおよび価値として暗号通貨が主流の支払い方法となるように促進されます。

デメリット

法定通貨の決済ゲートウェイには上記のような様々なメリットがありますが、このタイプの支払い処理を選択する際には以下の様な考慮すべきいくつかのデメリットも覚えておいてください。

  • 手数料 – 暗号通貨のオンランプを使用する企業は入金、出金、両替などのサービスに対して定額料金またはパーセント料金の形として追加の隠れた料金を請求されることがよくあります。
  • セキュリティリスク –  法定通貨のオンランプサービスではサイバー攻撃や物理的攻撃などのセキュリティ侵害の影響を受けやすくなります。特にハッカーはフィッシング、マルウェア、ランサムウェアなどを使用してゲートウェイシステムに無断でアクセスして個人の機密データや資金を盗む可能性があります。

仮想通貨と法定通貨の支払い処理業者の違いについて

法定通貨の決済ゲートウェイは法定通貨 (各国通貨) のみを支払いに受け入れるタイプの支払いゲートウェイであり、ウェブベースのサービスまたは支払い端末を介して取引情報を送信することで両方の通貨を受け入れる暗号通貨の決済ゲートウェイとは異なります。

Difference Between Crypto And Fiat Transactions

どちらの支払い処理業者も販売者が商品やサービスの支払いを受け取れるようにすることを目的としていますが、各支払い処理業者が提供するサービスは異なります。以下は、法定通貨と暗号通貨の決済ゲートウェイの違いの一部です:

  • 手数料 – 暗号通貨は多くの仲介者が存在しないために比較的低いネットワーク手数料で効率性と国際支払いを実現しますが、法定通貨の支払い処理業者では高額な手数料が請求したり資金の引き出しや入金などの操作に隠れた手数料がかかる場合があります。
  • スピード – 暗号通貨での支払いはほぼ瞬時に行われますが、それらはブロックチェーンによって顧客や販売者の場所に関係なく迅速な取引によって可能となります。暗号通貨での支払いでは各暗号通貨のプロトコルなどによって数秒から10分以内に販売者の手元へと反映されます。法定通貨を介した取引には通常第三者による仲介があるためにさらに長い時間(最大で数日ほど)かかる場合があります。また、銀行の営業時間によって時間が左右される場合もあります。
  • 安全性 – ブロックチェーンテクノロジーは匿名性と透明性を提供しつつウォレットアドレスを持っている人なら誰でも取引の詳細や送金を確認できますが、法定通貨の決済処理サービスはサイバー攻撃や物理的攻撃の影響を受けやすく、これらの行為によって個人の機密情報が侵害されて資金の損失につながる可能性があります。また、支払いが失われることが多い法定通貨の決済ゲートウェイとは異なり、ブロックチェーントランザクションは取り消しが不可能であることから小売業者などをチャージバック詐欺から保護してくれます。
  • サードパーティの関与 – 暗号通貨を介した支払いは法定通貨の支払いとは異なり、分散化によってサードパーティの関与の必要はありません。ただし、ブロックチェーン技術の匿名性や第三者による取引検証がないことから犯罪ビジネスからの支払いの受け入れを受けてしまう可能性があります。
  • 世界的に受け入れられている – 世界中で普及して受け入れられている法定通貨を用いた支払いとは異なり、デジタル通貨や暗号通貨による支払いはエジプトや中国などの一部の国では禁止および違法行為と見なされています。

まとめ

支払い処理業者は顧客からの注文情報を処理して販売者への支払いを転送するために非常に重要な役割を果たしています。さらに、現在ではより多くの人々や企業が暗号通貨による支払いを採用するようになっていることでより重宝されています。しかし法定通貨による支払いは依然として最も広く普及している一般的な決済方法であり、あなたが決済方法を選択する際にはこれら両方の決済オプションの知識を深め、暗号通貨と法定通貨のそれぞれの支払い処理業者の違いを理解しておくことが非常に大切になります。

よくある質問

法定通貨ウォレットとは何で暗号通貨ウォレットとの違いは何ですか?

暗号通貨ウォレットは分散型デジタル通貨を処理し、法定通貨ウォレットは政府が規制する従来の通貨を管理します。

どうやって暗号通貨ウォレットから法定通貨ウォレットへと移すことができますか?

まずは暗号通貨を法定通貨に販売するための信頼できる取引所を選択し、アカウントを作成して本人確認を行います。それから暗号通貨をプラットフォームに転送し、法定通貨へと販売して自身の銀行口座またはデビットカードでそれを引き出します。

暗号通貨と比べた際の法定通貨のメリットは何ですか?

一般的に法定通貨は不安定な暗号通貨よりも安定していることから価格変動が少ないです。

最新の記事

B2BinPay at Finance Magnates Africa Summit 2024
B2BinPay is Bound for Finance Magnates Africa Summit 2024
16.02.2024
Crypto Expo Dubai 2024
B2BinPay To Present at Crypto Expo Dubai 2024
15.02.2024
B2BinPay v19, Instant Swaps and Expanding Blockchain Support
B2BinPay v19の登場によるインスタントスワップやブロックチェーンサポートの拡張
How Wrapping Coins Solves a Cross-Chain Problem
クロスチェーン問題においてラップドコインがどのような解決策となり得るのか
教育 13.02.2024