What are Smart Contracts on the Blockchain?

ブロックチェーンの“スマートコントラクト”とは何ですか?

Reading time

スマートコントラクトとは主に分散型アプリ、暗号通貨、その他のブロックチェーンテクノロジーのプログラミングの基盤を指しています。要するにこれらのコードは改ざんの可能性なしに指定されたコマンドを完璧に実行しており、スマートコントラクが生まれたことによってブロックチェーンテクノロジーにおける多様性や可能性がさらに広がりました。

現在のソフトウェア市場におけるスマートコントラクトによって企業は割引、リーベイツ、従業員への給与などの特定の契約条件を自動的に実行できることが可能になっています。その事から、事実上スマートコントラクトは暗号通貨の枠を超えた多数のユーティリティを備えた主流のテクノロジーとなっているのです。

主要ポイント

  1. SC(スマートコントラクト)を正確に行うには特定のプログラミングの知識が必要となる事から、現在のSC開発者の需要は市場の供給を大幅に上回っています。
  2. デューデリジェンスは別として、スマートコントラクトが完璧に機能して正確なコマンドが実行されることを確認するための追加の監査や検査を検討することが非常に大切です。
  3. SCはブロックチェーンテクノロジーによってサードパーティの介入や遅延なしで多くのコマンドを即座に実行することができます。

“スマートコントラクト”って何?

スマートコントラクト (SC) とはコードとして記述された条件付きの“if”ステートメントであり、ここには特定の全ての契約に含まれる条件や遵守事項の結果などが含まれます。

契約完了の基準が満たされるとその契約の残りの半分をスマートコントラクトが実行します。ここでの契約完了の基準とは単に資金の移動や取引、第ニ者への情報提供などの様々な行為が含まれます。

これまでの契約とは異なり、基本的な条件が全て満たされた場合における契約の遵守をSCは保証します。SCでは全てが分散型プロトコルを通じて自動的に実行されるために人間の介入を必要としません。

高まるスマートコントラクトの需要

大企業や多くの企業は暗号通貨の導入にあまり乗り気ではありませんでしたが、SCが秘めた高い効率性や生産性における無限の可能性はさすがに大企業なども無視できないほどでした。

最も確立されたスマートコントラクトの例には臨床データの共有、サプライチェーンの管理、不動産市場取引などが含まれます。最大級のセキュリティを確保しつつ人的エラーを排除することが出来るこのテクノロジーを選挙に使用するべきであるとの話が出ている国もあるほどです。

スマートコントラクトの仕組み

ここからはSCが持つ技術面に関する話をしていきましょう。すでに述べているようにSCは従来の契約の執行に代わるデジタルな手段となりますが、これらは各ブロックチェーンのプラットフォームに組み込まれた単純なコードで構成されています。しかし革新的なスマートコントラクトの開発はそう簡単ではなく、実際にはブロックチェーンの方法論やプロトコル実行の処理方法をしっかりと理解する必要があるからです。

スマートコントラクトが持つ技術面の大変さは否めませんが、ブロックチェーンベースのスマートコントラクトの概念は非常にシンプルなのです。次でスマートコントラクトの実際の使用例を見てみましょう:

スマートコントラクトの使用例

暗号通貨開発者Xがいくつかのユーティリティを伴う新たなコインの発行を考えているとします。このコインAが市場にて購入される際には購入者向けにいくつかの自動機能が必要不可欠となりますが、ここで最も重要となるのは外部の介入や改ざんの可能性なしにコインを顧客に提供することなのです。

したがって、暗号開発者Xはこれを実現させるためにSCの使用を検討します。まず暗号開発者Xはスマートコントラクトの技術面の管理を任せるための専用エンジニアを雇い、さらに特定の期間にコインの所有者に送金する必要があるユーティリティの最適な量を特定します。これらの条件はSC内のコードに変換されてブロックチェーンのプラットフォームプロトコルに貼り付けられます。

最終的に開発者XはコインAの発行を完了することが出来ましたが、実際の作業としてはまずSCのテストが行われます。コインAには条件としていくつかのマイルストーンが付属されており、コインAの所有者が毎月コインAを所有することで得られる様々な特典を受け取るために、時間の経過を認識して適切なタイミングで各特典を配布できるコードをスマートコントラクトに組み込む必要があります。

SCに適切なコードが組み込まれてそれがブロックチェーンプラットフォームに貼り付けられた場合にはこのコマンドを即座に実行することができます。そうして、コインAの所有者は誰の介入も必要なく自動的に特典を受け取ることが保証されるのです。これこそがSCが持つ本来のポテンシャルであり、1つの契約の中に含まれる各過程におけるそれぞれの目的を達成する度に多くの人に安心感を与えてくれます。

スマートコントラクトの長所と短所

ここまでは主にSCの基本的な概念を紹介してきましたが、これからはSCによる自動化された契約を扱う主なメリットとデメリットをそれぞれ説明していきます。

正確かつ効率的なやり取り

SCが持つ自動化は従来の契約と比べると大きなメリットを与えてくれます。例えば、手動で作成された契約書は分かりにくい契約条件があったり人的ミスが発生しやすいですが、SCを使えばよりシンプルかつ合理化な契約書の作成を行うことが出来ます。SCを使った契約書にも利用規約は明確に書かれることから、特定の契約に関係する当事者に対して何らかの損害を与えるような解釈の余地はどこにもありません。

さらにスマートコントラクトでは小切手、署名、三者間確認などを含んだ手順を行う必要がないため、従来の方法よりも飛躍的なスピードで作業を効率化することが可能になります。契約条件に関する十分で信頼できるデータがすでに存在する限り、その他の面倒な作業は全てSCが請け負ってくれるのです。

SCが持つ高い効率性により、現在では多くの企業は給与の支払いや顧客への破損品の補償などを含めた多くの日常業務の手続きを簡素化する為にSCの導入を始めています。

変更が出来ない

一般的に契約はそれに付随する人々の能力や各地域の規制に依存しますが、SCは偏見や下心を持たないただのコンピュータプログラムで内容を変える能力を持たないため、1つのスマートコントラクトだけで遅延や改ざんの心配もなく双方の望む形で取引を確実に実行することが出来るのです。

このシンプルで効果的な保証によって事前に契約の十分な確認時間が与えれます。つまり、市場において即座の契約保証を狙う場合にはSCこそが最も頼りになるソリューションとなるのです。

必要となる規制の不在

最後となるSCのメリットはある意味デメリットとしても捉えることが出来ますが、SCが持つ不変性によっていかなる状況でも契約条件の変更が行われないことです。これは多くの場合で良い安心材料として働きますが、多くの契約は頻繁な変更および修正を行う必要性を持っています。

もしも契約の変更が必要な場合には、以前の契約を破棄して新しいSCプロトコルを開発する必要があります。そして改訂された条件を設定するためにさらに別のSCパッケージが必要となることから、契約の修正が頻繁に行われる事で膨大な時間と費用が必要になる可能性があります。

さらにほとんどの仮想通貨市場には従来の金融市場のような厳格な規制が敷かれていない事から、何らかのセキュリティ対策を講じないと詐欺や横領が起きてしまうこともあります。

プログラマーへの高い依存度

全てのSCはプロのSCエンジニアによって設計および作成されるプログラムであることから、開発の初期段階では依然として人的エラーの影響を受けやすくなっています。これまでの説明で触れてきたSCの正確性は、あくまでもSCのプログラムが完璧かつ完全に記述されていることを前提としています。

しかし、実際にはSCがいつも完璧であるとは限りません。その他のソフトウェアと同様に人為的ミスはSCでも十分に起こり得ることであり、場合によってはその内容に大きな悪影響を与える可能性があります。何らかの欠陥を抱えるスマートコントラクトによって資金の損失や時期尚早の分配などの望ましくない結果に繋がるケースは少なくありません。

そのような事態を防ぐためにも、多くの企業が徹底的なSCプロトコルの検査の為にスマートコントラクト監査サービスを取引プラットフォームやその他の企業に提供することで潜在的なエラーやリスクの特定を図っています。

SCは従来の契約の流れと比べてもセキュリティ、効率、速度の全てにおいて顕著に改善されています。

基本概要

ブロックチェーンテクノロジーによってどのようにSCが実行可能になるのか

ここまでSCの詳細を説明してきましたが、このテクノロジーの主な構成要素についてはまだ触れてはいませんでした。SCにおいてブロックチェーンこそがその流れを生み出すものであり、実際にこれまでに説明してきた全てのSCの機能はブロックチェーンの分散型方法論によって実行されているのです。

従来のトランザクションソフトウェアとは異なり、ブロックチェーンではサードパーティによるトランザクションの実行は必要ないことから、ブロックチェーンの運用は効率的かつ低コストで素早く行われます。ブロックチェーン上のスマートコントラクトは同じ基盤の上に構築されることから、ブロックチェーンテクノロジーからいくらかの恩恵を受けることができます。

現在の2023年においてユーザーはブロックチェーンテクノロジーの恩恵を受けてビジネスの世界で無限のシナリオにそれを適用できるため、SCこそがブロックチェーンテクノロジーの最も生産的な利用方法であると多くの専門家たちは話します。

スマートコントラクトの作成方法

もしもあなたが自分だけのスマートコントラクトの作成に興味がある場合は、以下の要素を詳しく調べる必要があります。

スマートコントラクトの作成に必要な技術

まずは適切なSCを作成する為にもスマートコントラクトの開発者としての最低限の知識が必要になります。現在の市場にはSCの専門家はほとんどいないため、これは費用のかかる取り組みになる可能性があります。

また、ブロックチェーンプログラミングは現在最も新しいプログラミングかつあまり普及されていないプログラミング言語の1つであることから、かなりの市場需要があるにも関わらず本物のSC専門家と仕事を行うには多くの費用が必要になる可能性があります。

適切な契約条件を特定して履行する

内装の技術面を担当する専門家の次は契約条件を設定します。契約条件の正しい順序と性質を理解しておくことで多くの手間や費用を節約できますが、その契約が法律や規制に違反していないことを確認するためにも法律に詳しい専門家などに事前に相談しておく方が良いかもしれません。

自らのニーズに適したSCプラットフォームを選択する

現在の暗号通貨市場はスマートコントラクトの開発機会を与えてくれる様々なブロックチェーンプラットフォームに溢れています。その中でもEthereumは業界内でもトップクラスのスマートコントラクトを有しており、彼らのスマートコントラクトの魅力としては様々な機能や全体的な使いやすさなどが挙げられます。

結果的に、SCにおけるブロックチェーンプラットフォームの選び方は個人およびビジネスの好みによって大きく変わってきます。例えばBitcoinのスマートコントラクトは最大限のセキュリティを求める人にとっては最適であったり、トランザクションコストの低さを優先したい場合にはPolygonのスマートコントラクトが最も適し選択肢となります。したがって、自らのニーズを深く理解してそれに応じた選択を行うことが最も重要なのです。

スマートコントラクトをブロックチェーンプラットフォームへと展開する

それからSCの専門家が契約条件をスマートコントラクトのコードへと変換して各ブロックチェーンのプラットフォームへと直接入力されることで、スマートコントラクトがアクティブ化されて指定されたコマンドを実行できるようになります。この段階まで来るとすでにデジタル契約のインクは乾いた状態となり、良くも悪くももう後戻りすることは不可能です。

適切な安全対策を講じる

SCに関する独自のガイドラインを持つことは基本的にはオプションとなりますが、これからSCを作っていく上で何らかのセキュリティ対策を実装しておくことを強くお勧めします。SCの監査にかかる費用は決して安くないかもしれませんが、誤りのない正確な契約書を保つことで長期的な利益に繋がっていくことでしょう。

あなたが取り扱うソフトウェアも何らかの故障や技術的な問題が起こったり、人為ミスによる欠陥が見つかる可能性があることを忘れないでください。そこで、専門家の助けを借りてプロトコルを再確認することで財務上およびビジネス上におけるこれらの問題を事前に回避できるのです。

まとめ

SCはブロックチェーンテクノロジーの中で最も有望な製品の1つであり、ブロックチェーンは単なる暗号通貨の付属品ではなくその他の重要な用途があることを多くの人に証明してくれました。SCの人気は暗号通貨以外でもますます高まっていることからWeb 3.0コンセプトが持つ未来は非常に明るいものとなるでしょう。

世界中のブロックチェーンの専門家によれば世界的な商取引におけるSCテクノロジーの息は非常に長く、現に大企業や各業界のリーダーの多くが積極的に既存のデジタルエコシステムにスマートコントラクトを導入し始めています。したがって、もしもあなたがこの分野の専門知識を深めたいと思っているのであれば絶対に後悔はしないことでしょう!

最新の記事

Why Should You Accept Ethereum Payments in 2024?
2024年にイーサリアム決済を受け入れる方法
教育 09.05.2024
Why and How Can You Add Bitcoin Payment to Website?
ウェブサイトにビットコイン決済を追加する方法
教育 06.05.2024
Cryptocurrency wallet vs exchange
暗号化ウォレットと取引所: 違いを発見する
教育 02.05.2024
B2BinPay Celebrates 1 Year of Partnership with Athletic Club
B2BinPayがAthletic Clubとのパートナーシップ1周年記念を祝う
企業ニュース 30.04.2024