Crypto Resistance and Support Levels

暗号通貨の抵抗と支持レベルとは何ですか、そして取引でそれらを使用する方法

Reading time

仮想通貨市場は、2024年にはすでにジェットコースターのような動きを見せており、Bitcoinはその価格がわずか1週間で10%以上上昇し、2月には60,000ドルを超えました。60000ドルを超えました。 Bitcoin ETFへの高い需要がこの上昇を推進しており、さまざまなBTC ETFsにすでに40億ドル以上が投資されています。成長ポテンシャルを活かすために、ますます多くのトレーダーが仮想通貨に注目しています。

これらのトレーダーが採用する基本的な戦略の1つは、仮想通貨の抵抗レベルとサポートレベルの分析です。これらはしばしば価格動向を分析するための要点となり、市場のセンチメントが明確に反映される価格の障壁として機能します。

この記事においては、トレーダーがキーとなるピボットポイントを計算し、これらの重要な障壁を特定するために採用する方法を、これらの戦略のためのトップインディケーターを活用しながら探ります。

キーポイント

  1. 支持線とレジスタンスとは、買い手または売り手が資産価値のさらなる下落または上昇を阻止した過去の価格によって形成されます。
  2. サポートレベルは、突破されるとレジスタンスに変わる可能性があり、市場心理の変化を示します。
  3. トレーダーは、トレンド、MA、フィボナッチ交換など、さまざまな方法を用いて、堅調な価格帯を見つけます。
  4. 異なる指標間の組み合わせは分析を強化し、トレーダーにより確信の持てるエントリーおよびエグジットポイントを提供します。

サポートレベルとは何ですか

暗号取引においては、支持水準はしばしばセーフティーネットに例えられ、買い意欲の高まりが資産価値の下落の可能性を緩和する価格ポイントです。

このレベルは、市場が集団的にその資産が過小評価されていることに同意する心理的な閾値を表し、トレーダーに売りではなく購入を促し、それによって価格がさらに下落するのを防ぎます

support levels on a chart

チャート上のサポートレベル

トレーダーは、過去の情報を調べて、ある資産が過去にかなりの買い圧力に見舞われ、ある価格以下に下落しないようにしたのはどの地域かを判断します。過去の価格ポイントは、価格チャート上の水平線で結ばれ、サポートレベルの図解となります。これは、過去の安値に線を引くようなもので、将来の取引判断の参考となります。

サポートレベルがもたらすダイナミクスの変化

サポートレベルのダイナミクスによれば、暗号通貨の価格が確立された底を突破すると、このレベルが新たな抵抗レベルに変わる可能性があります。この変化は、市場センチメントの変化を示し、かつての底が天井になり、価格の動きのモメンタムが変わったことを示します。

サポートレベルの背後にある市場心理学

人間の行動は、サポートの形成において重要な役割を果たし、丸められた数値がしばしば心理的なアンカーとして機能します。トレーダーはこれらの丸い数字に引き寄せられ、それらをマイルストーンやターゲットと見なし、これによりこれらのレベルが市場価値の床として固定化されることがあります。

support and resistance levels on a chart

抵抗水準とは何ですか

暗号通貨取引においては、抵抗水準は天井のような役割を果たし、売り圧力の合流によって資産価格の上昇軌道を止めます。トレーダーが資産がこれらの高いレベルに達するのを観察すると、多くのトレーダーはポジションを現金化することを選択し、供給を増やして価格がさらに上昇するのを防ぎます

取引におけるこれらの重要なレベルは、多くの場合、資産が上回るのに苦労した以前の高値をチャート化することによって発見されます、トレーダーが以前に価格に上限を置いた場所の明確なイメージを描きます。

resistance levels on a chart

抵抗線に出会ったとき、トレーダーは、価格がこのレベルで拒否された場合、潜在的な下落を予想して、ショートポジションに入ることを選ぶかもしれません

逆に、抵抗線がブレイクされた場合、トレーダーは、上昇トレンドが継続することを期待してロングポジションをエントリーして積極的に取引するか、または保守的なスタンスを採用し、おそらくコミットする前に新たに発見されたサポートレベルの再テストを待ちます。

チャート上の抵抗水準について

レジスタンスレベルをビジュアル化するために、トレーダーは選択した時間枠で最も高いピークを結ぶ線を引きます。この線は、暗号通貨が触れたが超えていない価格ポイントを表し、トレーダーが潜在的な売り注文を検討するためのシグナルとして機能します。

レジスタンスの解釈

抵抗レベルの解釈はトレーダーによって異なります。異なるテクニカル指標を使用してこれらのポイントを特定することがあります。一部のトレーダーは、市場参加者がこれらに焦点を当てる傾向があるため、精神的な障壁としてしばしば機能する丸められた数字を見るかもしれません。一方、他の人は移動平均(MA)やトレンドラインを使用するかもしれません。

レジスタンス・レベルのダイナミクスの変化

抵抗線が破られると、その抵抗線はしばしば支持線に変化し、価格の下落を抑える新たな「床」を作り出します。このような状況は、トレンドの反転を示唆します。このようなレジスタンスレベルからのブレイクアウトは、トレーダーの個々の取引戦略やリスク選好度に応じて、新しいポジションに入るか、既存のポジションを調整するチャンスとみなすことができます

レジスタンス・レベルに潜む市場心理

市場心理が抵抗レベルの確立に大きく影響し、アンカリングなどの概念が抵抗レベルの形成場所に影響を与えます

トレーダーがある価格ポイントに集中することで、それが売りや利益確定のターゲットとなり、自己実現的な予測が生まれることがあります。抵抗と支持の心理的裏付けを認識し理解することは、複雑で予測不可能なことが多い暗号市場をナビゲートする上で、トレーダーに優位性を提供することができます。

サポートとレジスタンスをトレードする方法について

ここでは、トレーダーがサポートとレジスタンスの対応するレベルを判断して戦略を立て、これらのレベルの力を活用する方法を紹介します

トレンドラインを決定する

トレーダーが反転相場を効果的に見極め、戦略に活用するためには、トレンドラインを確立する必要があります。トレンドラインは、上昇または下降の方向を示すものであり、資産価格の現在の軌跡を示すものです。このラインを引くことで、トレーダーは市場の一般的な方向性を特定し、取引における重要な水準を特定する準備をすることができます。

trendline on a chart

トレーダーの間では、トレンドに逆らった取引(すなわち、トレンドが下降しているときにロングポジションを持つ、またはその逆)をしないようにというアドバイスが一般的ですが、これには正当な理由があります。市場の動きがトレンドと一致する場合、価格水準がより尊重される可能性が高いからです。

事実

主要レベルでの取引

従来の知恵では、サポートで買い、レジスタンスで売ることが推奨されています。しかし、こうした領域を正確に特定することは、時として困難な場合があります。

トレーダーは、このゾーンを定義するために、価格データを平滑化し、より明白なトレンドを明らかにするMAや、価格帯を数学的に重要な比率に分割するフィブリトレースメントレベルなど、さまざまなツールを使用することがあります

key levels in trading

これらの水準付近で取引量が多いと、その重要性がさらに強まり、資産価値についてトレーダーの間で強いコンセンサスが得られていることを示すことができます。

サポートとレジスタンスに最適なインジケータ

サポートおよびレジスタンスの計算式をマスターするための探求において、トレーダーは取引における重要なレベルを特定するのに大幅に役立つさまざまなテクニカルインジケーターを利用できます。

ここでは、ベテランのトレーダーが使用する最も効果的なインジケーターをいくつか紹介します:

トレンドライン

一連の支持線となる安値や抵抗線となる高値を結ぶことで、トレンドラインは、市場センチメントが歴史的に資産価格が特定のポイントを超えて動くことを妨げてきた場所を視覚的に明らかにします。将来の市場の動きを決定する上で重要なピボットポイントを計算する上で、トレーダーの助けとなります。

uptrend and downtrend on a chart

フィボナッチ・リトレースメント

フィボナッチ・リトレースメントは、相場が動きの予測可能な部分をリトレースし、その後は元の方向に動き続けるという考えに基づいています。資産価格の最高値と最安値の間にこれらのレベルをプロットすることで、投資家はフィボナッチ数字に沿ったサポートラインとレジスタンスラインをスパイすることができます

Fibonacci Retracement

移動平均

このインジケーターは、指定した期間における値動きを滑らかにし、全体的なトレンドをより明確に把握することができます。MAは、動的なサポートまたはレジスタンスとして機能することができま す。MAの時間軸が長いほど、これらの水準は強くなります。

moving average on a chart

これらに加えて、次の指標も強固なサポートゾーンとレジスタンスゾーンを特定するために広く使用されています

  • 自動Fib:このサポート抵抗インジケーターは、自動的にFibonacci retracementsをグラフィカルに描画し、トレーダーの時間を節約し、転換エリアを決定する際の精度を確保します。
  • ピポットポイント:このツールは、前の取引セッションの高値、安値、終値に基づいてピボットポイントを計算するために使用されます。ピボットポイント自体は、サポートまたは抵抗のレベルと見なすことができ、それ以上およびそれ以下の追加のレベルが計算されます。
  • フィボナッチボリンジャーバンド:フィボナッチ比率とボリンジャーバンドを組み合わせたこのインジケーターは、さまざまなサポートおよび抵抗レベルを提供し、特にボラティルな市場で役立ちます。

なぜ、複数のインジケーターを使うことが重要なのでしょうか?

これらのインディケータは強力ですが、確実なものではないことを覚えておくことが重要です。サポートとレジスタンスの差は時に巧妙であり、レベルが破られたり反転したりすることもあります。

したがって、トレーダーはしばしば、分析を強化するために、異なる指標間の合流点を探します。例えば、重要なフィボナッチリトレースメントのレベルやMAと一致するサポートは、潜在的な買い機会のための強固なゾーンと考えられます

同様に、重要なフィボナッチの数値と一致し、トレンドラインで補強された抵抗価格水準は、売り注文を出すための強力な候補となる可能性があります。

どのような戦略を使えばよいのでしょうか?

サポートとレジスタンスのインジケーターは、仮想通貨取引の基盤であり、市場の行動を貴重な視点で示しています。以下は、これらの重要なインジケーターを活用するいくつかの戦略です:

強さ水準近くでの買い

トレーダーはよく、価格がサポートレベルまで下降している間に買う機会を探します。買い手が集まっているこのエリアは、資産が過小評価されていることを示唆し、魅力的なエントリーポイントになります。その根拠は、価格がこの水準から跳ね上がり、トレーダーに有利なリスクリワードのシナリオを提供すると予想されるからです。

レジスタンス付近での売り

逆に、値段が抵抗線に近づいたとき、トレーダーは売りやショートポジションの開始を検討するかもしれません。このレベルでは売り手が多いということは、市場がその資産を過大評価し、価格が上昇するのに苦労していることを示しています

この戦略は、価格アクションがレジスタンスで失速または反転の兆候を示している場合に特に効果的です。

ブレイクアウトもしくはブレイクダウン

ブレイクアウトは、値段が抵抗線を超えたときに発生し、新しい上昇トレンドの開始を示す可能性があります。トレーダーはこれを合図にロングポジションを持つことがあります。同様に、ブレイクダウンは、サポートレベルを価格が下回ったときに発生します。これは、下降トレンドの始まりを示す可能性があり、トレーダーは資産を売却またはショートするよう促されます。いずれの場合も、ブレイクアウトまたはブレイクダウンの信憑性を高めるために、高い取引量で動きを確認することが不可欠です

リスク管理

リスクの管理が暗号取引では不可欠であるため、取引戦略への導入は優先されるべきです

例えば、ストップロスはロングポジションに入る際にサポートレベルのすぐ下に置くことができ、価格が下落した場合の潜在的な損失を最小限に抑えることができます。逆に、ショートポジションの場合、ストップロスをレジスタンスのすぐ上に設定することで、予想外の価格の上昇から守ることができます。

上級トレーダーは、ダイナミックレベルも考慮するかもしれません。MAのような指標は、変化する価格の動きに適応し、重要なゾーンをピンポイントで特定するための、より流動的なアプローチを提供することができます。主要なシフトの後、サポートとレジスタンスの役割が反転することがあります。

暗号取引レベルを見つける際に覚えておくべきことは何ですか?

暗号のサポートおよびレジスタンスレベルガイドとして機能しますが、それらは絶対的ではありません。これらのレベルに基づいたストップとリミットを組み込むことでリスクを管理することができます。また、ペンディングオーダーは予測される価格変動を利用することができます。これらのレベルに対する価格の波の中から出現する修正構造も、投資家が的確な判断を下すのに役立ちます。

これらの戦略を理解し適用することで、取引や短期投資戦略の収益を向上させ、サポートとレジスタンスの公式をトレーダーのツールキットの重要な要素にします。

よくある質問

支持線と抵抗線の指標は暗号でも有効ですか?

はい、暗号通貨のテクニカル分析においても、これらのレベルは従来の市場と同様に有効です。

価格水準を探すのに最適なインジケータは何ですか?

最適な価格水準のインジケータは、個人の好みや取引スタイルによって異なります。人気のあるオプションとしては、フィボナッチレベル、MA、ピボットポイントなどがあります。

この戦略に最適なEMAは何ですか?

最適なEMAは、トレーダーの戦略およびタイムフレームによって異なります。トレーダーが使用する一般的な長さには、9、21、50、100、200期間のMAがあります。

どの時間軸が最適ですか?

価格水準を見極めるための適切な時間枠の選択も、トレーダーの戦略と目標によって異なります。一般的に、日足や 1 週足チャートのような長い時間枠は、15 分足や 5 分足のような小さな時間枠に比べて、より強力で信頼性の高いクリプトレジスタンスとサポートレベルを提供することができます。

最新の記事

B2BinPay at Latam Family Office Announcement Summit
B2BinPay Fosters Global Connections at Latam Family Office Investment Summit
15.04.2024
Athletic Club wins Copa Del Rey
Ethereum決済API統合のユニークなメリット
教育 02.04.2024
How and Why Should You Accept Bitcoin as Payment in 2024?
2024年にBitcoinを支払いとして受け入れる必要があるのはなぜですか?
教育 01.04.2024
Analysing Open-Source Payment Gateways
オープンソースの決済ゲートウェイを選択すべきですか?
教育 28.03.2024