Ways To Earn Passive Income From Your Crypto Assets.

暗号資産から受動的収入を得る方法

Reading time

現在ではブロックチェーン技術と暗号通貨の進歩に伴い受動的収入(または不労所得)を得る数多くの方法が存在しています。単に取引所でデジタル資産を売買できるだけでなく、楽しいゲームをプレイすることで受動的にお金を稼ぐことも可能なのです。この記事では暗号資産から受動的収入を得る最も一般的ないくつかの方法について説明していきます。

重要なポイント

  1. 不労所得とは人が活動していない間にも得られる収入のことを指します。
  2. 現在ではステーキング、イールドファーミング、DeFi融資、P2Eゲームなどを用いて暗号通貨で不労所得を得る数多くの方法が存在しています。

暗号通貨を用いた不労所得について

不労所得とは人が積極的に活動していない間にももたらされる収入であり、現代の暗号通貨から得られる潜在的なリターンは様々です。暗号通貨では主にステーキングやレンディングで定期的な利子の支払いが行われますが、マイニングなどを行う事で新たに鋳造されたコインによる報酬を得ることも出来ます。

暗号通貨からの不労所得を最大化するには、自分に合った投資目標とリスク許容度を設定して事前の調査をしっかりと行うことが非常に重要になります。暗号通貨市場における戦略の多様化とその維持を行う事で信頼性が高く持続可能な不労所得を得るチャンスを広げることができます。ただし、暗号通貨による不労所得は価格の変動、ネットワーク需要、市場への個人の参加人数などの様々な要因によって大きな影響を受ける可能性があることを常に覚えておいてください。

不労所得を得るいくつかの方法

現代において暗号通貨から不労所得を得る方法は存在しており、例えばステーキング、流動性マイニング、融資、pay-to-earnゲームなどの方法を用いて大きな利益を得ることが可能です。次はこれらの方法についてそれぞれ詳しく説明していきます。

ステーキング

暗号通貨の世界において不労所得を得る最も人気の方法の1つはステーキングであり、これには暗号通貨ウォレットに一定量の暗号通貨を保持してブロックチェーン上のトランザクション検証プロセスに参加することが含まれます。ステーキングはProof-of-Stake (PoS) およびDelegated Proof-of-Stake (DPoS) コンセンサスプロトコルを使用するネットワークに実装できます。PoSはBitcoinのProof-of-Work (PoW) に代わるコンセンサスメソッドであり、ノードが大量のトークンを一定期間ロックアップするプロセスを通じてどのトランザクションが有効であるかについてはPoSネットワークが合意します。

PoSブロックチェーンはマイナーが報酬を受け取るPoWとは異なり、新たなブロックを追加するバリデーターに対して報酬が与えられます。バリデーターには高価なハードウェアは必要ありませんがブロックに追加する大量のトークンが必要となります。賭け金と初期投資に基づいてバリデーターは選ばれ、資金をステーキングする代わりにPoSブロックチェーンによるネイティブの暗号通貨での報酬が支払われます。

Delegated Proof of Stake (DPoS)のコンセンサスなメカニズムによってノードはステーキング権を完全なバリデーターに委任できるようになることから、透明性のある投票とステーキングの割り当てを通じてある程度の不労所得を得ることが可能になります。

そしてステーキングでの報酬は通常追加の暗号トークンまたは取引手数料として配布されることから、ステーキングの年間利回り (APY) はネットワーク アクティビティ、トークンのインフレ率、ステーキングの需要によって変化する可能性があります。

暗号通貨のステーキングには市場の変動、セキュリティ侵害、ソフトウェアの脆弱性、ネットワーク攻撃などのリスクも伴います。そして、ステーキングを行う人に対しては指定された時間より前に資金をアンステークおよび引き出しを行った際のペナルティが課されることも覚えておかなければなりません。

ステーキングに人気のあるネットワークにはCardano (ADA)、Ethereum (ETH)、Polkadot (DOT)などが挙げられます。

ステーキングは不労所得を得るのに役立つだけでなく、スパムや悪意のある脅威からネットワークを保護するのにも役立ちます。

流動性マイニング (イールドファーミング)

分散型金融セクターで暗号通貨から受動的収入を得るもう1つの人気の方法は方法流動性マイニング (イールドファーミングとも呼ばれる) です。分散型取引所 (DEX)やスワッププールの人気が高まるにつれ、DEXには特定のトークンで取引を行うために使用される流動性プールが必要となりましたが、これらのトークンは流動性プロバイダーと呼ばれるコミュニティのメンバーから提供されます。彼らはトークンを流動性プール(DEX)のスマートコントラクトへの追加を行う代わりに、DEXの運営に貢献した見返りに不労所得を得ることが出来るのです。

流動性マイニングを検討する際に重要となる要素の1つは分散型取引所と流動性プールの存在が挙げられます。分散型取引所は自動マーケットメーカー (AMM)によって取引を容易にし、トレーダーがDEXで取引を行うとことで一定の割合が手数料として取引所に支払われます。

ユーザーから手数料を徴収して流動性プールの投資家にそれらを分配するのがAMMであり、結果的にこのプールを使用するトレーダーが増えれば増えるほど流動性マイナーが得られるお金も増えていくのです。

注意すべき 2 番目の要素が流動性プールであり、 流動性プールとは主に取引に使用されるトークンを保管するスマートコントラクトを指しています。流動性マイナーにとって流動性プールはまさに提供する資本をDEXに保管するためのスマート コントラクトとなり得るのです。

イールドファーミングは流動性を提供することで得られたLPトークンをステーキングするプロセスを指しており、トークン保有者が流動性プールにすでに分配されている資本を増やすためのさらなる戦略の1つになります。これは流動性の提供によって生じる非永久的な損失の相殺に非常に役立ちます。

イールドファーミングの年間パーセンテージは以下の様々な要因によって大きく異なってきます:

  • 配布可能なトークンの数(USD)
  • ステーキングされたLPトークンの総数(USD)
  • 残されたファーミングの時間

ファーミングに対する報酬はLPトークンをステーキングした直後に計算されますが、報酬と入金された資金はファーミング期間の終了後ならばいつでも任意の金額で請求することができます。

DeFiレンディング

業界における暗号通貨でのローンは様々な不労所得の方法の中でも最も人気のある方法の1つです。DeFiレンディングにはブロックチェーンを介して直接レンディングサービスを使用することが含まれており、貸し手と借り手は仲介業者を通さないスマートコントラクトを通じて金利の自動化を行います。流動性マイニングと同じく、この方法では暗号通貨を借入プールに入金することが含まれます。

ここでは貸し手と借り手のどちらにでもなる事ができます。

貸し手の場合は融資プラットフォームのスマートコントラクトに資金を預けることで、スマートコントラクトが他のユーザーにクレジットを発行することでわずかな割合が貸し手に支払われます。この分散プロセスはバンキングシステムに少し似ています。

融資を受けるには、まず資金を投資する必要があります。例えば、USDTと同等の金額を提供するプラットフォームにETHを投資することが出来ますが、プラットフォームはETHコインをスマートコントラクトで凍結するため、リターンの際には借りたUSDTをそのプラットフォームに入金し直す必要があります。

しかしこの方法には暗号通貨ローンの規約不足や返済保証がないなどの様々なリスクを抱えているため、通常の担保額はローンの規模を大幅に上回ります。

さらに暗号資産の変動しやすさを考慮すると、資金の使用時のローンや担保のコストが大幅に変化する可能性もあります。つまり、最終的には担保を増やすか借り手が最初に受け取った資金よりも多くの資金を返還する必要があるのです。

Pay-To-Earnゲーム

Play-to-earn (P2E) はゲームをプレイすることで生まれる収益を含んだ新たなゲームの概念であり、DeFiプロジェクトの参加者は暗号通貨を使用したゲームをプレイすることで代替不可能なトークン (NFT) 、暗号通貨、これらに対するその他の報酬などを受け取ることができます。

P2Eゲーム内のユーザーは暗号通貨またはNFTトークンで表示されたゲーム内のアセット (ペットやアイテムなど) の価値を高めることができます。

NFTトークンとはブロックチェーン上に保管されるユニークなデジタル資産であり、P2EゲームにおいてNFTトークンは様々な商品、装備、キャラクターなどの使用に用いられます。つまりNFTトークンはゲーム内での通貨であり、ユーザーはNFTトークンを他のゲーマーに売ったりPlay-to-Earn (P2E) モデルを通じてトークンを獲得したりすることができます。

P2Eモデルは主にゲームのプレイ中にお金を稼ぐことができるブロックチェーンゲームを指しています。原則としてゲームが長くプレイされればされるほどより多くのトークンを獲得することが出来ますが、プレイ条件の変更が行われる場合があります。

最初に生まれた暗号通貨を使ったゲームである“CryptoKitties”は2017年末に登場しました。それはすぐに世間の人気を博しましたが、CryptoKittiesの高トラフィックとそれに伴うETHネットワークの負荷がトランザクション速度の低下を引き起こしました。

さらにプレイヤーはゲーム内で仮想の猫の購入、販売、収集、繁殖などを行う事も可能であり、2018年にはこれらの猫のうちの1匹が17万ドルで競売にかけられた事例もあります。

まとめ

暗号通貨の発展に伴い、市場においても様々な不労所得を得る方法が登場しています。しかしどの方法においても様々なメリットやリスクが伴うことから、最も自分に合う方法を選択する方法としてはプロセスと内容を十分に理解して自らの投資目標やリスク許容度と照らし合わせる必要があります。

最新の記事

How to integrate Bitcoin payment API
ビットコイン決済API:選び方と統合方法
教育 15.05.2024
PSP vs Payment Gateway: Which One is Best for You?
PSPとペイメントゲートウェイ: どちらのシステムをビジネスに組み込むべきか?
教育 10.05.2024
Accept Monero Payments - XMR
2024年にイーサリアム決済を受け入れる方法
教育 09.05.2024
ウェブサイトにビットコイン決済を追加する方法
教育 06.05.2024