CBDC vs Stablecoins: Shaping the Future of Payments

CBDC vs ステーブルコイン:支払いのトレンドをどのように形作っているか?

Reading time

金融の世界はデジタル革命を迎えており、その最前線にいるのは二つの重要なプレーヤー、中央銀行デジタル通貨(CBDC)とステーブルコインです。どちらも支払い方法の革命を目指していますが、それぞれ異なる特徴を持っています。

この記事では、CBDCとステーブルコインについて議論し、これらがどのように支払いのトレンドを形作り、これらの革新的な金融手段の未来を探ります。

主なポイント

  1. CBDCは政府が発行するデジタルキャッシュであり、ステーブルコインは法定通貨のような安定した資産にペッグされた民間発行の暗号通貨です。
  2. CBDCとステーブルコインの両方が従来の方法に比べて、より速く、安価で、効率的な支払いオプションを提供します。
  3. ステーブルコインに関する規制はまだ進化中ですが、CBDCは最先端の段階にあります。

CBDC:中央銀行の管理

What are CBDCs?

あなたの中央銀行によって発行され、管理されるデジタル版の現金を想像してください。それが中央銀行デジタル通貨(CBDC)の本質です。従来の現金とは異なり、CBDCはデジタル形式でのみ存在し、より迅速で安全かつ効率的な取引の可能性を提供します。

CBDCは金融界で注目のトピックであり、支払い方法に革命をもたらす可能性があります。しかし、CBDCの重要な側面は、国の通貨のデジタル形式に対する中央銀行の重要な管理を提供することです。この概念を詳しく見てみましょう。

CBDCとは何か?

CBDCは、中央銀行によって直接発行および管理される国の従来の法定通貨のデジタル版です。物理的な現金とは異なり、CBDCは電子的に存在し、デジタルウォレットやアカウントに保存できます。

CBDC開発の動機は次のとおりです:

  • 金融包摂:CBDCは銀行を利用していない人々にリーチし、より広範な金融システムへの参加を促進する可能性があります。
  • 現金の減少への対策:現金使用が減少する中で、CBDCはデジタルトランザクションのための中央銀行の支援を受けた代替手段を提供します。
  • 民間デジタル通貨への対抗:ビットコインなどの暗号通貨の台頭により、中央銀行は国の通貨を維持するためにCBDCを検討するようになりました。

CBDCのモデル

Models of CBDCs

CBDCには、リテール/ホールセールCBDCおよび二層/単層CBDC支払いシステムがあります。リテールCBDCは一般市民が日常の金融取引に利用できるものであり、ホールセールCBDCは金融機関間の決済に使用されます。

二層システムでは、商業銀行がCBDCを一般市民に配布します。単層システムでは、中央銀行がすべてのCBDCアカウントを直接保持します。

ステーブルコイン:民間の革新

What are Stablecoins?

ステーブルコインは、暗号通貨の利便性と価格安定性を兼ね備えた魅力的なデジタル支払いの革新です。これらの民間発行のトークンがどのように金融の未来を形作っているかを見てみましょう。

ステーブルコインとは何か?

従来のデジタルマネーとは異なり、そのボラティリティで知られるステーブルコインは、基礎となる資産にペッグされて安定した価値を維持することを目指しています。このペッグは、以下のようなさまざまな資産に対して行われます:

  • 法定通貨:米ドルにペッグされたUSDコイン(USDC)やテザー(USDT)などが人気の例です。
  • 商品:Pax Gold(PAXG)のような金に裏打ちされたステーブルコインは金価格へのエクスポージャーを提供します。
  • アルゴリズムメカニズム:これらはソフトウェアアルゴリズムを利用してステーブルコインの供給と需要を管理し、そのペッグを維持しようとします。

ステーブルコインは、ビットコインなどの従来の暗号通貨のボラティリティへの対応として登場しました。ユーザーは、デジタル取引(迅速、グローバルリーチ)の利便性を享受し、他の暗号通貨に伴う価格変動なしでステーブルコインの支払いを受け入れることができます。

types of stablecoins

ステーブルコインの種類

ステーブルコインには主に二つの種類があります:

  • 担保付きステーブルコイン

これらは実世界の資産(現金やその他の安定した投資)で裏付けられており、中央機関が保有しています。二つのサブタイプがあります:

  • オフチェーン担保付き:商業銀行の預金など、従来の資産で裏付けられたもの。
  • オンチェーン担保付き:ブロックチェーン上に存在する他の暗号通貨で裏付けられたもの。
  • アルゴリズム(非担保付き)ステーブルコイン

これらはより複雑で、コンピュータプログラムを利用してその価値を管理します。しばしば他の暗号通貨に価格をリンクさせますが、自動化された「スマートコントラクト」を使用して価格を安定させようとします。これらの方法の効果は、ペッグされている特定の資産とその価格変動に対する感受性に依存します。

CBDCはブロックチェーンとトークン化技術をデジタル法定通貨に適用します。暗号通貨とCBDCの主な違いは、CBDCは中央銀行によって規制および発行されるのに対し、暗号通貨は分散化されており、規制されていないことです。

Fast Fact

CBDC vs. ステーブルコイン:比較分析

CBDCs vs. Stablecoins, Comparision

CBDCとステーブルコインの登場は、支払いの未来にとって興味深いシナリオを提供します。両者は従来のシステムの制約に対処することを目指していますが、そのアプローチは大きく異なります。主要な側面を見てみましょう:

コントロール

CBDC:中央銀行は、CBDCの発行、配布、金融政策に完全なコントロールを持っています。これにより、通貨供給の管理と操作が可能になります。

ステーブルコイン:コントロールは民間企業や財団にあります。一部は準備金の透明性を維持していますが、他は曖昧なままです。

セキュリティ

CBDC:発行する中央銀行の完全な信頼と信用によって支えられており、高度なセキュリティプロトコルを採用することが期待されます。

ステーブルコイン:セキュリティは発行者の慣行とステーブルコインを裏付ける資産に依存します。アルゴリズムステーブルコインは追加のセキュリティ考慮事項を導入します。

革新

CBDC:中央銀行の監視とリスクを避ける傾向があるため、革新のペースは遅くなる可能性があります。しかし、CBDCは既存の金融インフラと統合することで、より広範な採用が期待できます。

ステーブルコイン:革新は民間部門の主要な推進力です。新しいステーブルコインのデザインや機能は迅速に登場する可能性がありますが、規制のハードルに直面することがあります。

プライバシー

CBDC:取引が追跡可能であり、特に中央銀行の強力な管理下ではプライバシーの懸念が生じる可能性があります。

ステーブルコイン:特定のステーブルコインの規制に依存します。一部は匿名性を提供し、他はユーザーの身元確認を必要とします。

CBDCオフライン決済

CBDCはインターネット接続なしでも機能するように設計されている可能性があり、インターネット接続が限られた地域で重要な利点を提供します。ステーブルコインはその性質上、通常は取引にインターネット接続が必要です。

競争 vs. 協力

CBDCとステーブルコインはデジタル決済分野での支配を競う可能性があります。しかし、CBDCはステーブルコインの革新を活用し、ステーブルコインはCBDCの安定性と規制の明確さから利益を得ることができます。

支払いの未来は、CBDCとステーブルコインの共存によって形成される可能性が高く、それぞれが異なるニーズや好みに応じて機能するでしょう。CBDCは安全で政府が支援する取引に好まれるかもしれませんが、ステーブルコインは特定のユースケースに対してより迅速で革新的なソリューションを提供するかもしれません。

支払いトレンドの未来を形作る

CBDCとステーブルコインの両方が、支払い分野を大きく変える可能性を秘めています。以下の方法で形作っています:

より速く、より安価な取引

従来の銀行振込に伴う長い待ち時間や高額な手数料とはお別れです。CBDCとステーブルコインは、ほぼ瞬時の支払いと大幅に低い取引コストを約束しており、国内および国境を越えた支払いの両方に理想的です。

金融包摂の強化

世界の多くの人口が銀行を利用していません。CBDCとステーブルコインは、そのアクセス性と(CBDCの場合は)オフライン機能の可能性により、価値を安全かつ確実に保存および転送する方法を提供することで、金融包摂を革命的に変える可能性があります。

B2Bステーブルコイン決済

ほぼ瞬時の決済と管理負担の軽減によってB2B取引を効率化する新時代を想像してください。CBDCとステーブルコインは、あらゆる規模の企業に効率とコスト削減の新しい時代をもたらします。

CBDCによる国境を越えた支払いの簡素化

現在の国境を越えた支払いシステムは複雑で遅いです。CBDCは、異なる国間の相互運用性の可能性を持つことで、このプロセスを大幅に簡素化し、国際貿易と世界経済活動を促進することができます。

全体として、CBDCは、大規模な取引、政府支払い、および中央銀行の支援による最高レベルのセキュリティが必要な状況で好まれるかもしれません。一方、ステーブルコインは、マイクロペイメントや国境を越えた送金などの分野で成功し、その柔軟性と迅速な開発の可能性により、革新的な金融アプリケーションを促進することができます。

結論

CBDCとステーブルコインはまだ初期段階にあります。CBDCはさまざまな国でパイロットプログラムを実施しており、ステーブルコインは進化し続ける規制のハードルに苦しんでいます。しかし、これらの革新的な金融手段が支払いを革命的に変える可能性は否定できません。

ビジネスが時代の先端に立ち、金融の安定を維持するためには、CBDCとステーブルコインの動向を注意深く監視することが重要です。これらのデジタル通貨の違いと独自の機能を理解することが、提供される機会を最大限に活用するために重要です。

FAQ

ステーブルコイン支払いシステムとは?

ステーブルコインは、資産(価値が変動する可能性があるもの)を裏付けとして持つことによって法定通貨に対して安定した価値を維持するデジタル資産です。

CBDC vs 法定通貨?

CBDCは中央銀行によって発行される法定通貨のデジタル版です。紙幣と同様に、支払い手段、会計単位、価値の保存手段です。紙幣と同様に、各単位は偽造防止のために一意に識別されます。

ステーブルコイン vs 法定通貨?

法定通貨は流動性を提供し、広く受け入れられますが、インフレの影響を受けやすく、購買力が時間とともに減少します。一方、ステーブルコインはユーロのような実資産に1:1でペッグすることで安定した価値を維持します。

ステーブルコインを現金化する方法は?

ステーブルコインを法定通貨に変換する:フィアットゲートウェイプラットフォームで、利用可能な取引ペア(例:USDT/USD)を使用してステーブルコインを法定通貨(例:USD)に売却します。プラットフォームの指示に従って取引を完了し、得られたフィアット残高をリンクされた銀行口座に引き出します。

分散型台帳技術とは?

分散型台帳技術(DLT)は、資産の取引を記録するデジタルシステムであり、取引とその詳細が同時に複数の場所に記録されます。従来のデータベースとは異なり、分散型台帳には中央データストアや管理機能がありません。

最新の記事

oin Us at The iFX Asia Expo - Check Out Our Agenda
Returning to The iFX Asia Expo with More Updates and Innovative Solutions
19.07.2024
B2BinPay at The Forex Expo Dubai – Don’t Miss out! |
Joining The World’s Elites at The Forex Expo Dubai
19.07.2024
Buy Now, Pay Later (BNPL) Can Boost Your Sales - Here’s How
暗号通貨での買い手において、後で支払う(BNPL)モデルはどのように機能しますか?
教育 11.07.2024
What Should We Expect From The Ethereum Pectra Upgrade?
次期Ethereum Pectraアップグレードに何を期待すべきか?
教育 10.07.2024