B2BiPay v20 update

B2BinPay v20 – TRXステーキングと幅広いブロックチェーンサポートによる機能強化

Reading time

世界をリードするブロックチェーン・プラットフォーム、B2BinPayがさらに進化しました。最新バージョンは、TRXステーキングを導入し、ブロックチェーンのサポートを拡大することで、クライアントにさらなる柔軟性と効率性を提供します。

これらの新機能によって、B2BinPayでの体験がどのように強化されるかを確認してみましょう。

TRXステーキング-取引しながら稼げます!

TRX-staking-at-B2BinPay

ステーキングは、ブロックチェーンのネットワークの運用効率をサポートするために、暗号通貨資産を一定期間ロックするプロセスです。その代わりに、ステーカーは報酬として追加の暗号通貨を獲得します。

バージョン20では、TRONコミュニティが提供する先進的なステイク2.0メカニズムを活用し、TRXステーキングを導入しました。

TRXステーキングでは、任意の量のTRXをロックすることで、ネットワークの状況に応じて年間3-5%のパッシブ利回りを得ることができます。さらに、TRXをステーキングすることで、ステークされたTRXがBandwidthEnergyに変換され、TRONネットワーク上のトランザクション手数料を削減するのに役立ちます。これらのリソースは、トランザクション処理にとって重要です。

賭けられる準備が整ったアセットをお持ちの方は、このアップデートにより、資産をウォレットに保有する代わりに、積極的に賭け、報酬を得ることができるようになります。TRXは、現在、28.12%のTRXがステイクされている、ステイクに最も人気のあるアセットです。

TRXをお持ちでなくても心配ありません。B2BinPayの第19回リリース以来、B2BinPayではスワップ機能をサポートしており、これによりあなたのコインをTRXに即座に交換できます。この機能を利用して、ステーキングに参加し、すぐにパッシブ収入を得ることが可能です。

ウォレットをステーキングする

ウォレットでは、TRX建てエンタープライズブロックチェーンウォレットを見ることができます。それぞれのウォレットについて、以下の情報が提供されています。

ウォレット

TRXウォレットに関する情報: ウォレットの識別子、タイプ(Enterpriseの場合は常にE)、ラベル(設定されている場合)、合計残高

累積報酬

引出し可能な賭けによる報酬

利用可能な票/総票数

有効票とは、各SR(スーパー代表)にまだ分配されていない票のことです。合計票は、分配済み票と未分配票の合計です。

アクション

報酬の引き出し — このボタンをクリックすると、報酬の引き出しポップアップが表示され、ターゲットウォレット、引き出し額、取引手数料などの詳細を確認できます。報酬の引き出しは24時間に一度だけ可能で、累積報酬が0(ゼロ)の場合や、前回の引き出しから24時間経過していない場合はボタンが非アクティブになります。

投票を取得 — このボタンをクリックすると、ウォレット詳細のリソースタブに移動し、TRXをステーキングして投票を取得できます。

https://b2binpay.com/app/uploads/2024/06/B2BinPay-506.gif

B2BinPayでのTRXステーキングの仕組み

TRXステーキングは、一定期間資金を凍結してリソースや追加利益を得るプロセスです。TRXをステーキングすると、バンド幅やエネルギーなどのリソースと「交換」することができ、ブロックチェーン手数料を節約できます。

  1. B2BinPayアカウントにログインします。
  2. ステーキング条件を確認 — ページの上部で、TRXステーキング条件(最小ステーキング期間、必要な最小TRX量など)を確認します。
  3. ウォレットを選択 — ウォレットセクションに移動し、自分のTRXウォレットを選択します。
  4. TRXをステーキング — 「投票を取得」ボタンをクリックします。これにより、ウォレット詳細のリソースタブに移動し、TRXをステーキングできます。
  5. 投票を割り当て — ステーキングしたTRX1枚ごとに1票を受け取り、これらの票をTRONネットワークのプロデューサー(スーパーレプレゼンタティブ(SR)とも呼ばれる)に分配できます。
  6. 報酬を請求 — 24時間に一度、累積報酬を請求できます。
  7. TRXのステーキング解除 — TRXのステーキング解除を開始します。ステーキング解除プロセスは14日間かかり、この期間中は資金がロックされたままです。この期間中、ステーキング解除のリクエストをいつでもキャンセルできます。ステーキング解除時には、すべての割り当てられた票が自動的にキャンセルされ、リソースは利用できなくなります。
https://b2binpay.com/app/uploads/2024/06/B2BinPay-2-506.gif

リソースへステーキング

TRXをステーキングして、リソースBandwidthまたはEnergyを交換しましょう。これらのリソースを利用することで、ブロックチェーン手数料を節約できます。消費されたリソースは一日を通して自動的に補充されます。

Bandwidthは、TRX転送およびTRC-10トークンの操作、ならびにスマートコントラクトとの一部のやり取りに使用されます。バンド幅を保持していると、TRONメインネット上で取引を行う際にガス料金を支払う必要がなくなります。

Energyは、スマートコントラクトとのやり取りやTRC-20トークンの転送に使用されます。これは、TRONネットワーク上でスマートコントラクトを実行するための専用リソースです。スマートコントラクトにはEnergyBandwidth/strong>が必要なので、トークンを転送する際にはこれらのリソースが十分にあることを確認してください!

以下は、B2BinPayお客様がTRXを効率的にステークし、取引手数料をカバーする2つのケースの例です:

預金の回収

B2BinPayのエンタープライズクライアントは、エンドユーザーの入金アドレスから自身のウォレットへの入金を集めるために、TRONブロックチェーン上で約95500のエネルギーと345の帯域幅を消費します。各トランザクションでは、41 TRXの手数料が不可逆的に燃焼されます。

リソースを購入するためには、チャートを確認する必要があります。そこでは、1エネルギーが約0.081 TRX、1帯域幅が約0.893 TRXと示されています。クライアントが1回の入金収集トランザクションのガス料金を回避するためのステーキング手順は以下の通りです:

  • エネルギー: 95500エネルギー * 0.081 TRX = 7735.5 TRX
  • 帯域幅: 345帯域幅 * 0.893 TRX = 308.08 TRX
  • エネルギー + 帯域幅: 7735.5 TRX + 308.08 TRX = 8043.58 TRX

つまり、8043.58 TRXの賭けによって、お客様は毎日41 TRXのデポジットがウォレットに集まるため、取り返しのつかない出費を避けることができます。賭け金を全額回収:8043.58 TRX / 41 TRX = 196.18日(6.53ヶ月)

引き出し手数料の適用範囲

B2BinPayのエンタープライズクライアントは、TRXの1回の出金処理のために、TRONブロックチェーン上で約65000エネルギーと345の帯域幅を消費します。または、各出金操作で、28 TRXの手数料が不可逆的に燃焼されます。

リソースを購入するには、こちらのチャートを確認してください。1エネルギー = 約0.081 TRX、1帯域幅 = 約0.893 TRXと示されています。以下は、1回の出金にかかるガス料金を回避するために必要なステーキング手順です:

  • エネルギー: 65000エネルギー * 0.081 TRX = 5265 TRX
  • 帯域幅: 345帯域幅 * 0.893 TRX = 308.08 TRX
  • エネルギー + 帯域幅: 5265 TRX + 308.08 TRX = 5573.08 TRX

つまり、5573.08TRXを賭けて、お客様は毎日1回の引き出しのために28TRXを費やすことを避けることができます。賭け金の完全回収:5573.08TRX / 28 TRX = 199.03日(6.63ヶ月)

USDTとUSDCへのブロックチェーンサポートを拡大しました

B2BinPay-supports-Optimism-Arbitrum-and-Base

サポートするブロックチェーンを拡大し、Optimism、Arbitrum、Baseを追加することを発表することは、大きな興奮を感じています-各ブロックチェーンは、安定したコインをネイティブにサポートし、より費用対効果の高い取引処理オプションを提供する可能性があることから選ばれました。

オプティミズム

  • 時価総額 :27億ドル
  • 24時間の取引量 :2億6186万ドル
  • USDTの供給量 :8億3百万ドル
  • USDCの供給量 :3億3620万ドル

イーサリアムのためのレイヤー2スケーリング・ソリューションであるOptimismは、バッチ処理によって取引コストを大幅に削減します。イーサリアムのブロックチェーンからトランザクションデータを集約し、グループごとに処理し、検証のためにメインネットに送り返す。このプロセスの合理化により、手数料はイーサリアムの通常の10分の1にまで削減されます。2021年に開始されたOptimismは、既に10億ドル以上のガス料金を節約しており、最も費用対効果の高いブロックチェーンの選択肢の一つとなっています。

Arbitrum

  • 時価総額 : 33億ドル
  • 24時間の取引量 :3億7700万ドル
  • USDTの供給量:23億8000万ドル
  • USDCの供給量:11億8000万ドル

Arbitrumは、低コストでより大きな取引量を処理するイーサリアムの能力を強化します。イーサリアムの既存のツールを利用することで、開発者は分散型アプリケーション(DApps)を迅速かつ安全にデプロイすることができます。また、ステーブルコインとの統合により、ユーザーにさらなる取引の柔軟性を提供します。

Base

  • Baseは、総ロックされた価値で7番目に大きいブロックチェーンです。
  • 24時間の取引量(BASE上のアセット):$576,581,263

Coinbaseによって開発が行われたBaseは、Ethereum Virtual Machine(EVM)の互換性を向上させるためにOptimismのOP Stackを採用しています。オープンソースのこのロールアップは、安定したコインをサポートするだけでなく、イーサリアムとその互換性のあるブロックチェーン間でのコードの展開を簡素化し、全体的なブロックチェーンの相互運用性を強化します。

USDT-and-USDC-support-by-B2BinPay

前回のアップデートでは、PolygonブロックチェーンとAvalancheブロックチェーンを含めることで、提供するサービスを拡大しました。現在、Optimism、Arbitrum、Baseが追加さて、リストはより大きくなっています!

私たちは、PolygonとAvalancheブロックチェーンを追加することで、提供するものを拡大しました!

現在、USDTは7つのネットワークでサポートされています:Ethereum、Binance Smart Chain、Tron、Avalanche、Polygon、Optimism、およびArbitrum。

USDCは8つのネットワークでサポートされています:Ethereum、Binance Smart Chain、Tron、Avalanche、Polygon、Optimism、Arbitrum、そしてBase。

ブリッジされたUSDCは4つのネットワークでサポートされています:Avalanche、Polygon、Optimism、およびArbitrum。

USDC のブリッジは、ブリッジプロトコルを介して異なるブロックチェーンネットワーク間で USDC を転送するために使用されます。このプロトコルは、送金元のネットワーク上のスマートコントラクトにUSDCをロックし、送金先のネットワーク上で同額のUSDCを発行します。ArbitrumからOptimismへの転送のような、イーサリアムのサブネット間を直接ブリッジすることはできません 

この送金は、イーサリアムのブロックでルーティングされなければなりません。そのため、USDC資金をArbitrumからOptimismに移動するには、以下の経路を使用します: 1つ目 – Arbitrumからイーサリアムのブロックチェーンに資金を移動、2つ目 – イーサリアムからOptimismのブロックチェーンに資金を移動します。

クリックして、利用可能な暗号通貨のリストを確認してください:こちら

最適化された手数料

pay-fees

重要なお知らせ: 以下の数値は、最低手数料を示しており、追加の手数料は発生しません。取引が指定された最低基準を超える場合は、調整された手数料が適用されます。

例えば、お客様が0.25%のコインを受け取る場合、TRXの最低手数料は3ドルに相当します。

100,000TRXがお客様に送られた場合、お客様はおよそ27,98ドルに相当する250TRXを支払うことになります。しかし、1,000 TRXがお客様に送られた場合、システムは最低手数料3ドルを適用し、約26,82 TRXとなります。

別の例では、1 ETH-ARBがクライアントに送信された場合、クライアントは約9,44ドルに相当する0,0025 ETH-ARBのアモイントを支払うことになります。

しかし、0,001 ETH-ARBがお客様に送られた場合、システムは0.01ドルの最低手数料を適用するため、お客様は0,0000025 ETH-ARBを支払うことはありません

これらの変更はすべて2024年6月17日のリリースとともに発効します。この更新は、より優れた便利な支払い処理ソリューションを提供するための、私たちの継続的な取り組みの一環です。皆様の継続的なサポートに心から感謝し、今後もさらに多くの有益な更新をお届けできることを楽しみにしています。

最後のご挨拶

結論から言えば、私たちの旅は進行中です。我々は次のリリースでAlgorandとSolanaを導入する予定です。この拡張により、stablecoin取引をサポートしているブロックチェーンは、現在のプラットフォームを含め、合計10まで増えることになります: トロン、イーサリアム、バイナンス・スマートチェーン、アバランチ、ポリゴン、オプティミズム、アービトラム、ベース

B2BinPayとのコネクションを維持し、当社の先進的なブロックチェーン決済処理ソリューションでビジネスの可能性を最大化しましょう!

最新の記事

Buy Now, Pay Later (BNPL) Can Boost Your Sales - Here’s How
暗号通貨での買い手において、後で支払う(BNPL)モデルはどのように機能しますか?
教育 11.07.2024
What Should We Expect From The Ethereum Pectra Upgrade?
次期Ethereum Pectraアップグレードに何を期待すべきか?
教育 10.07.2024
The Best Crypto Crowdfunding Platforms for Startups
スタートアップ向けの最適な暗号クラウドファンディングプラットフォームとは?
教育 08.07.2024
Best Altcoins to Accept as Payment
10のベスト代替コインを支払いとして受け入れる2024年
教育 05.07.2024