Bridging in crypto

暗号ブリッジングについて知っておくべきことは何ですか?

Reading time

暗号通貨と非中央集権型経済の誕生により、これらの技術の使いやすさを拡大し、ユースケースを拡大するさまざまなツールやプログラムの革新が促進されました

暗号送金は、分散化とピアツーピアの取引のバックボーンとしてブロックチェーンに依存しており、共有ネットワーク上の活動を追跡しています

ビットコインのグローバル・ブロックチェーンは最初の分散型台帳であり、BTCトランザクションを記録しています。しかし、DeFiとWeb 3.0の大規模な成長は、複数のブロックチェーンとネットワークの基礎を見ました。これらのプラットフォームは、暗号ブリッジングツールを使用して相互に通信します。

一言で言えば、暗号化ブリッジは異なるブロックチェーンエコシステム間の共通基盤として機能します。暗号ブリッジとは何か、なぜ重要なのかについて詳しく説明しましょう。

キーポイント

  1. 暗号ブリッジは、2つの異なったブロックチェーンを接続するツールです。
  2. ブリッジが使用されるのは、ブロックチェーンが異なるプロトコル、規制、暗号化ルールを使用しており、仲介者なしでは相互作用が不可能なためです。
  3. 暗号でのブリッジは、通貨の交換、デジタル資産の送信、流動性プールや他のdAppsへの参加に使用されます。
  4. ブロックチェーンブリッジが取引所と異なるのは、ステップ数が少なく、中央集権的なプラットフォームやウォレットを扱うことなく、ユーザーが直接やり取りできるようにするためです。

暗号ブリッジを理解する

分散型金融は、ブロックチェーンエコシステム、ネットワーク、アプリケーション、取引所プラットフォームなどで構成されています。これらのツールは、送金、商品やサービスの購入、プログラムの開発、ソフトウェアの操作など、さまざまな目的を果たすために相互に作用し合います。

ただし、各ブロックチェーンは異なるコーディング言語で書かれ、異なるアプローチを取っています。たとえば、Ethereumは高度な合意プロトコルを利用しており、これにより複数のコイン、トークン、アプリケーション、ゲーム、およびプラットフォームが作成されています。

一方で、Bitcoinブロックチェーンは主にBTCトランザクションを安全なクラウド環境で保存し、洗練された暗号技術と公開鍵基盤によって転送を安全に保証しています。

これらのブロックチェーンはデジタルコインの転送、dAppsの相互運用性、およびトランザクションの検証を促進するために、他のネットワークとも連携する必要があります。しかし、異なる方法で作成されているため、お互いを理解する際に課題が発生する可能性があります。

ここで、暗号ブリッジが光り輝く場面です。これらは異なるチェーン間の仲介者として機能し、違いをつなげてエンドユーザーに提供する共通の土壌を提供します。

したがって、クロスチェーンブリッジはブロックチェーンのユーティリティを拡張し、分散型経済全体の効率に貢献します。

crypto bridges

ブロックチェーンブリッジの動作原理

暗号ブリッジは、異なるネットワークに登録された異なるコインやトークンの間の交換を容易にします。たとえば、Ethereumブロックチェーン上の暗号ゲームに投資したいが、所有しているのはBitcoinだけです。

通常、BTCの保有を現金に換金してから、稼いだ現金でETHを購入する必要があります。しかし、暗号ブリッジはこれを簡素化し、BTCをETHネットワーク上のBitcoinに等価交換することでプロセスを簡略化します。

これにより、ブリッジはBTCの保有をロックし、バランスを保つためにそれらをEthereumのBTCと交換します。

how crypto bridges operate

暗号ブリッジの種類

分散型経済におけるブリッジは異なる方法で同様の目的を果たします。操作と関与する暗号通貨の種類に応じて、以下のツールがあります。

types of crypto bridges

中央集権ブリッジ

中央集権ブリッジは、仮想コインやトークンの交換を可能にする一般的な方法であり、暗号取引所などが含まれ、簡単な手順で仮想通貨をスワップできます。

これらのエンティティは異なる仮想通貨プールを介して動作し、交換されたコインをロックし、対話しているネットワーク内で同等のコインを提供します。たとえば、彼らはあなたのBTCをロックし、ETHのBTCを提供します。これにより、使用されたBTCは流通から除外されます。

中央集権型のブリッジは高い信頼が必要であり、実際には商品を購入せずに他のコインと交換するために暗号資産を提供する信頼性の高いプラットフォームのみに対処する必要があります。

分散型ブリッジ

分散型ブリッジは(信頼できないブリッジとも呼ばれます)信頼が少なくて済みます。なぜなら、特定のエンティティとは取引せず、一定の条件が満たされたときに操作を実行するスマートコントラクトのシステムおよび高度なプロトコルと取引するからです。

たとえば、あなたがEthereumベースのdAppでBTCを支払っているとしましょう。分散型ブリッジはあなたの資金をロックし、スムーズな取引で即座にウォレットにETHのBTCを解放します。これにより、より少ない相互作用と、最終的にはより少ない信頼が必要とされます。

ただし、ここでのデメリットは、これらのネットワークがセキュリティの脅威や暗号ハックにさらされる可能性があることです。これらの攻撃は取引に対して影響を与え、それらを自分の方向にリダイレクトして、何百万ドルもの資産をウォレットから奪う可能性があります。

centralised and decentralised crypto bridges

ハイブリッドブリッジ

ハイブリッドブリッジは、中央集中型ブリッジと分散型ブリッジの特徴を取り入れています。例えばマルチチェーンのブリッジは、中央集権的な方法でトランザクションを行いますが、スマートコントラクトを使用してブロックチェーン上の操作を検証し、ブロードキャストすることができます。

フェデレーテッド・ブリッジ

フェデレーテッド・ブライドは、異なる複数のブロックチェーン間のトランザクションを検証する、信頼できるノードのグループです。各検証ノードは、特定のネットワークを担当し、指定されたチェーン上の操作を処理します

これらのエンティティーはさまざまな基準に基づいて選択され、通常、暗号コミュニティーの間で信頼されており、異なるチェーン間のトランザクションを円滑にします

Layer 2ブリッジ

Layer 2は、一部のブロックチェーントランザクションをオフロードし、より速い取引と処理を実現するためにメインネット上に作成されたネットワークの一種です。これらのブリッジは、他のチェーンのLayer 2ネットワークをサポートして、ブロックチェーンの相互運用性と拡張性を向上させます。

流動性ブリッジ

これらのソリューションは、暗号通貨保有者をさまざまな仮想通貨プールに接続し、中央集権的または分散型のブリッジではなく、流動性プロバイダを介してコインとトークンを交換します。したがって、これらはより少ない信頼を必要とし、効率的な流動性およびスワップソリューションを提供します。

相互運用性の架け橋

相互運用性橋は、異なるチェーン間でのデジタル資産や創作の交換をサポートします。これらのクロスチェーンのブリッジは、dAppの作成や管理のための操作を開始し、プラットフォームやアプリケーションが2つ以上のブロックチェーン上で動作することを可能にします。

2024年1月現在、イーサリアム・ネットワーク上だけで4,500以上のdAppが存在し、2023年10月にカウントされた3,000のアプリから増加しています。

事実

暗号取引所 vs ブリッジ

取引所と橋渡しは、どちらもプラットフォーム間で暗号通貨やデジタル資産の交換を促進するため、似ているように見えるかもしれません。しかし、両者は異なるアプローチをとります。

ビットコインは持っているが、イーサリアムベースのステーキングプールに参加したいとします。この機会には2つの方法で参加することができます: 取引所または暗号ブリッジを通してです。

取引所を利用する場合: BTCを現金に売却し、その後希望するETHコインを購入します。または、BitcoinsをEthereumに交換し、ETHコインを対応可能なウォレットに送信することもできます。

ブリッジを利用する場合: ブリッジが元のコインをEthereum固有のコイン(Wrapped Ethereum、WETH)と交換し、ネットワークと互換性があるようにします。その後、ステーキングキャンペーンに直接参加できます。

これら2つの操作の違いは何でしょうか?これをブロックチェーンの三難問題の観点から議論しましょう。

  • 拡張性: ブリッジを使用すると、取引所の多段階アプローチよりも中間業者が少なく、トランザクションが安価かつ迅速になります。
  • セキュリティ: 取引所で操作を行うには高い信頼が必要です。なぜなら、操作はサーバー上で行われるため、それが危険にさらされるか、またはプロセスが長引くことによるコイン価値の変動と関連している可能性があるからです。
  • 分散化: ブリッジトランザクションはDeFiの本質とより互換性があり、ユーザーがアイデンティティを保持し、資産やコインを転送するために分散エコシステムを利用できます。

仮想通貨ブリッジの重要性

仮想通貨におけるブリッジは、さまざまなブロックチェーンネットワーク全体でdAppsおよびDeFiプラットフォームのユーティリティを拡張し、さらなるユースケースを探索するために不可欠です。ブリッジの重要性を示す要因は以下の通りです。

benefits of crypto bridges

仮想通貨の送金

ブリッジは、異なるブロックチェーンの仮想通貨コインやトークンを転送する際に非常に有用です。たとえば、EthereumコインをBinanceのBNBに交換したい場合、ブリッジを利用してコインを預け、Binance Smart Chain内で同等のETHを受け取るのに役立ちます。

このユーティリティは、複数のトランザクションを経ずに異なる仮想通貨を交換または購入する際に非常に役立ちます。また、スマートコントラクトを使用するため、中央集権プラットフォームやオン/オフランプ取引所よりも速いです。

dAppsの促進

分散型アプリケーションは、クリエーターがゲーム、ツール、アセット、および他のユーティリティを開発し、デジタルコミュニティで利用可能にする仮想通貨エコシステムの中で繁栄しています。

ただし、特定のdAppは特定のブロックチェーン上に構築される可能性があります。そのため、ブリッジは異なるチェーン、コイン、トークンを使用して投資し、支出し、アプリケーションとやり取りするための手段を提供します。

仮想通貨の流動性

通貨を交換するためにユーザーを流動性ブリッジに接続するだけでなく、仮想通貨ブリッジはプラットフォームが提供する範囲を拡大し、ユーザーが異なる仮想通貨間で購入および販売できるようにします。

したがって、市場での取引数と利用可能なコインの数が増加します。

仮想通貨の焼却

ブリッジはスマートコントラクトを使用し、洗練されたアルゴリズムに従ってコインとトークンの供給を均衡に保ちます 

このように、異なる通貨の間でブリッジを行うと、預託された暗号はロックされるか燃やされ、新しいブリッジトークンが作成され、流通レベルが維持され、ボラティリティの変動が回避されます

検証プロセス

レイヤー2と相互接続ブリッジは、ブロックチェーンメインネットを膨大な数の継続的なオペレーションからオフロードすることで、トランザクションと検証プロセスを高速化するために使用されます。これにより、暗号の送金とトランザクションがより速く、より安く処理されます。

資産の逆転

暗号化ブリッジプラットフォームは反転操作をサポートします。従って、元の暗号通貨にスワップバックしたい場合、これらのクロスチェーンは最初に預けたコインを返してくれます 

それと引き換えに、新たに作成されたブロックチェーン固有のトークンを特別な契約で燃やしたり、ロックしたりし、流通から遠ざけます

仮想通貨におけるブリッジングプロセス

仮想通貨ブリッジとの対話は非常にシームレスであり、ほとんどの場合、ユーザーは仮想通貨ブリッジを使用していることを気付かないことがあります。なぜなら、この用語は異なるブロックチェーンネットワーク間の通信ツールを指すからです。ただし、プロセスは次のとおりです。

  1. ユーザーはブロックチェーンAで作成されたがブロックチェーンBと互換性のないコインを送信します。
  2. ブロックチェーンAのスマートコントラクトが操作を処理し、預けられた資産をロックしてブリッジを接続します。
  3. ブリッジAは通貨と金額に関する取引の詳細をブリッジBと共有します。
  4. ブリッジBは、ブロックチェーンB上のネイティブコインで預けられたものと同等の新しい仮想通貨を開始します。
bridging cryptocurrencies

ブリッジされた取引は両方向で動作します。したがって、トレーダーが新しい(wrapped)コインを使用して戻って対話したい場合、逆のプロセスが始まり、新しいコインをロックアップして元のコインを解放します。

適切な仮想通貨ブリッジの選択

多くのDeFiプラットフォームや複数のブロックチェーンネットワークを結ぶクロスチェーンは、同様の機能を果たしています。しかし、最高の暗号橋を扱うことで、資金とアイデンティティの安全性を確保できます。信頼性のあるDeFiブリッジを見つける方法は以下の通りです

  • 利便性: 一般的に、中央集権プラットフォームは使いやすく、分かりやすいため、広範なユーザーベースにサービスを提供する際に透明性とユーザビリティを促進します。
  • 信頼性: 信頼性のあるプラットフォームを見つけることは、資金の安全性とトランザクションの速度を確保するために重要です。特に、暗号通貨取引は不変であり、ハッキングや侵害の履歴があるため、これは特に必要です。
  • サポート: サポートされているプラットフォーム、dApps、通貨を確認し、ステーキングプールに参加したり、単に2つの暗号通貨を交換したりするといったニーズをカバーするサービスを提供しているかどうかを確認してください。
  • 手数料: ブリッジやスワッププラットフォームにはさまざまな手数料がかかりますが、これは需要、通貨、プラットフォームのポリシーに大きく依存します。したがって、価格体系を確認し、デジタルアセットの価値を減少させる可能性のある隠れた手数料がないか確認してください。
top crypto bridges

暗号ブリッジのセキュリティ課題

サイバーセキュリティは、仮想通貨や分散型プラットフォームに関連する際の注目のトピックです。したがって、DeFiプラットフォームとブリッジに関連するセキュリティ課題を考慮することが重要です。

分散型ブリッジを使用して通貨を交換することは非常にリスキーです。なぜなら、これは2つのユーザー間の匿名のやり取りを伴い、一方が善意でない場合、資金を預けて何も得られない可能性があるからです。

さらに、仮想通貨詐欺プログラムに注意してください。これは特定のプロジェクトやdAppに関する非現実的な期待を提供し、あるブリッジを使用させ、資産と共に消えてしまう可能性があります。

おわりに

暗号ブリッジは、2つのチェーン間の対話を開始し、暗号通貨の取引、スワップ、dAppsの拡張性などを容易にする分散型ツールです。

いくつかのプラットフォームが、流動性を供給するのか、相互運用性をサポートするのか、複数のチェーン上の検証プロセスをスピードアップするのか、ブロックチェーンブリッジの構築方法において異なるアプローチに従っています。したがって、ユーザーはニーズに応じて異なるブリッジとやり取りすることになります。

ブリッジは、より速く、より安く、より高い信頼性があるという点で、暗号取引所とは異なります。しかし、分散ツールであるブリッジツールにはセキュリティリスクが伴うため、適切なものを選択する前に慎重に検討する必要があります。

よくある質問

暗号のブリッジングはどのように機能しますか?

暗号のブリッジングとは、別々のブロックチェーンネットワークを接続して、異なるチェーンで鋳造された資産や通貨間の取引を促進するプロセスです。

クリプトのブリッジングにはどのくらいの時間がかかりますか?

このプロセスは、ネットワークのロード時間、輻輳、使用するプラットフォームによって異なります。通常、取引時間は数秒から約10分です。

ブリッジと交換の違いは何ですか?

交換には、通貨を仲介して不換紙幣と交換するか、資金を保管する中央集中型のプラットフォームで暗号通貨を交換する必要があります。しかし、ブリッジでは、コインを直接使用して異なるチェーンとやり取りすることができます。

なぜ暗号通貨をブリッジするのか?

暗号通貨をブリッジすることは、暗号通貨に関係なく、デジタルマネーを送金したり、デジタル資産を送ったり、Web 3.0のステーキングや流動性プールに投資したりするための、より迅速で安価な方法です。

最新の記事

Getting Ready for The Highly Anticipated FMPS 2024
Bringing Our Payment Solutions To The Finance Magnates Pacific Summit
10.06.2024
Suiting Up For Crypto Discussions at The Massive Token 2049
Token 2049 Singapore is Around The Corner – Here Are Our Plans
10.06.2024
B2BinPay Suits Up for Money Expo India 2024!
B2BinPay is Good to Go at Money Expo India 2024! 
05.06.2024
B2BiPay v20 update
B2BinPay v20 – TRXステーキングと幅広いブロックチェーンサポートによる機能強化