Mobile Payment Security Threats & How to Handle Them

モバイル決済におけるセキュリティの脅威とその対処方

Reading time

モバイル決済による保証された卓越した回復力、機敏性、快適さなどによって従来の金融取引がガラリと変わっていきました。しかしこれらのソリューションがアップグレードを続けるにつれて最新のトランザクションの安全性に対する懸念も高まっていることから、現代のデジタル環境におけるモバイル決済におけるセキュリティ対策は顧客と企業の双方において極めて重要な焦点となっています。

この記事ではモバイル決済における標準的なセキュリティ対策に関する5つの対策方法を説明していきます。

重要なポイント

  1. 高まるモバイル決済の人気と比例するように、セキュリティ上の懸念も生じています。なぜなら、サイバー犯罪者は脆弱性を悪用して経済的損失やおよび個人情報の盗難を行うからです。
  2. モバイル決済におけるセキュリティ強化には強力なパスワード、2要素認証、暗号化、トークン化、生体認証などが使用できます。
  3. 個人データを保護しつつ販売者および支払いを再確認し、アプリを更新しても信頼できる方法を介してセキュリティの強化を行います。

モバイル決済におけるセキュリティ侵害の増加

まず確実に言えることは、モバイル決済という支払い方法は革新的であり間違いなく私たちの生活をより便利なものにしてくれました。モバイル決済ではオンラインショッピングや外出先での支払い、ボタンを押すだけでの友人との割り勘などが利用可能であることから多くの人達から絶大な人気を得ています。ただしモバイル決済にも弱点があって、それはサイバー犯罪者が継続的にモバイル決済システムの潜在的な弱点を悪用するための戦術を日々作り出している点です。

これらのモバイル決済をターゲットとして詐欺により、多くの消費者や企業がモバイル決済に向けた大きな一歩を踏み出せないと言う深刻なリスクを抱えています。モバイルアプリにおけるセキュリティ侵害が発生してしまうと多大な経済的損失、個人情報の漏洩による個人情報の盗難、企業の評判への重大な損害などの広範囲に渡る影響によって、最終的には企業にとって最も大切な顧客からの信頼を失ってしまう可能性があるのです。

モバイル決済アプリの仕組み

How Mobile Payment App Works

モバイル決済アプリのシステムは、その名の通りモバイル機器(携帯電話など)を使用して行われる取引の手順を簡素化するために開発されており、いくつかのテクノロジーを介して安全かつ便利に合理化された支払いを完了します。それらは近距離無線通信 (NFC) やQRコードなどのトランザクションを処理するためのいくつかの戦略を利用します。

では、NFCモバイル決済とは一体何でしょうか?NFCとして知られるテクノロジーは近くにある2つのデバイス間のワイヤレス通信を可能にする保護された方法であり、モバイル決済のコンテキストではNFCテクノロジーによってスマートフォンがデジタルウォレットを介することで現金やカードを必要とせずに取引を完了することができます。

NFC経由のモバイル決済ではスマートフォンがPOSと通信することで電波を経由して情報が送信されることから、NFCに対応した端末に携帯電話がかざされる事で取引に必要なデータがワイヤレスで送信されて支払いの処理へと進みます。

一方でQRコードを用いた支払いでは販売者が提示したQRコードをスキャンする必要があり、ここではモバイル決済アプリがコードを解読することで取引が行われます。

1997年にコカ・コーラ社が自動販売機にモバイル決済を導入したことが始まりであり、ここでは購入者が自動販売機にテキストによる支払いを設定して自動販売機に送ることで自動販売機から飲み物が出てくる仕組みでした。

基本概要

モバイル決済は安全ですか?

Are Smartphone Payments Secure?

従来の支払い方法の代表であるクレジットカードには不正行為を検出して防止するための確立されたメカニズムが備わっており、万が一カードが盗難された場合にはカードの所有者がカードの発行会社に盗難を報告することがでカードがキャンセルされて新たなカードの発行へとスムーズに促されますが、対照的にモバイル決済では盗むための物理的なカードや検証のための物理的な署名がないために詐欺に遭う可能性は高まります。

しかし、モバイル決済業界も詐欺に対抗するために以下の様な様々な安全対策を講じています。

  1. パスワードの保護 – トランザクションを保護するには強力かつ定期的に変更されるパスワードが必要不可欠です。ここでの強いパスコードとは数字、文字、記号などが組み合わさった複雑なものであり、そうすることでサイバー犯罪者のパスコードの推測やハッキングをより困難なものにすることが出来ます。
  2. 二要素認証 – 二要素認証を取り入れることでアカウントへの不正アクセスの防止に繋がります。ここではユーザーがパスワードと指紋または携帯電話から送信されたコードからなる2つのIDを入力する必要があります。
  3. 暗号化 – モバイル決済アプリは暗号化を使用してデータをコードへと変換することで、クレジットカードのデータや個人情報などの機密情報を不正なアクセスから保護します。 つまりたとえサイバー犯罪者があなたのデータにアクセス出来たとしても、そのデータを解読したりそれを悪用することは出来ないのです。
  4. トークン化 – トークン化とはクレジットカード番号などの機密データをトークンと呼ばれる固有のコードに置き換える行為であり、これらのトークンはトランザクションを完了するために使用されますが機密データは含まれていないためにハッカーからの機密情報の悪用を防ぐことが出来ます。
  5. 生体認証 – これは個人の指紋や顔認証などを通じてユーザーの身元を確認する方法であり、複製や盗用が難しい生体認証を取り入れることでしっかりと個人情報を守ることが出来ます。

モバイル決済業界におけるセキュリティ対策のスタンダード

上記のような涙ぐましいセキュリティ対策にもかかわらず、詐欺師はこれらを上手にすり抜けて非接触型決済システムを悪用する新たな戦略を考案し続けています。彼らと対抗するには企業と消費者の両方が常にその様な詐欺行為に警戒し続ける必要があります。

最初のステップとしては連絡先情報、会社の住所、顧客レビューを確認して販売者の正当性を確認することであり、少しでも疑わしい部分がある場合にはしっかりと考慮した上で取引を行ってください。詐欺行為に遭えば少額のモバイル決済でも後に多額の費用へと繋がっていく場合があるため、支払いを完了する前には必ず金額や受取人の詳細を確認するようにしてください。さらに、詐欺師はユーザーを欺くために情報を操作したりしっかりと見ないと分からないような微妙な変更を加えている可能性もあります。

そして、クレジットカード番号などの個人情報を絶対に他人に開示しないでください。モバイル決済アプリでは必要な情報のみを入力し、その他の個人情報や機密情報を保存すべきではありません。さらに既知のセキュリティの弱点に対処するためにも、モバイル決済アプリとデバイスに対して最新の保護パッチやアップデートを行うようにしてください。常に Apple PayやGoogle Payなどの信頼できる支払い方法とアプリを使用し、不慣れなオプションや安全でない支払い方法は避けてください。

定期的に取引履歴を確認して支払いが全て正当であることを確認してください。何かおかしい取引を特定した場合はすぐに決済プロバイダーや銀行に報告してください。

ランタイムアプリのセルフプロテクション (RASP) を使ったリスクの検出

Detect Risks with Runtime App Self-Protection (RASP)

安全性をより確保するにはRASPのようなアプリケーションを使用できます。RASPはモバイル決済セキュリティプロバイダーでリアルタイムのリスクを検出して軽減するように設計されたテクノロジーであることから、モバイル決済におけるセキュリティ対策の画期的なアプローチとして機能します。

モバイル決済におけるRASPの主なセキュリティ対策

リアルタイムでの監視 – RASPはモバイル決済アプリの動作をリアルタイムで監視します。監視内容にはアプリのアクティビティ、データフロー、ユーザーインタラクションの分析などが含まれており、何か異常な点や疑わしいパターンがあればすぐに教えてくれます。

動作分析 – RASPは動作分析を介してアプリとそのユーザーの典型的な動作の分析を行う事から、分析結果として出た動作から大きく外れた行為が見られた場合には警報が発動される可能性があります。

即時対応 – RASPは潜在的なセキュリティ侵害または何らかの異常を特定するとアプリとそのユーザーへの特定の行為のブロック、管理者への警告、セッションの終了などの即時対応が発生する場合があります。

適応型セキュリティ – RASPソリューションは常に進化している外部からの脅威に適応するように設計されていることから、常に発生する攻撃手法から学習してそれらに応じた保護メカニズムを更新していきます。

セキュリティ対策の一環としてRASPを実装することで、あなたのモバイル決済アプリの保護を大幅に強化することができます。さらにRASPを取り入れることでリアルタイムでのリスクの検出が行えることから、デジタル世界と現実世界の両方で業界と消費者を保護することが可能になります。

まとめ

モバイル決済テクノロジーによってビジネスで使用される取引は格段に合理化されましたが、同時に大きなデジタル変革によって詐欺のリスクも高まっています。

安全なモバイル決済を行うためにも、まずは上記で説明してきた全てのセキュリティ対策の実装が何よりも重要になります。そして、顧客と企業の双方が常に最善を尽くしてこの様な詐欺行為に対する警戒を払い続けなければなりません。

最新の記事

B2BinPay at Finance Magnates Africa Summit 2024
B2BinPay is Bound for Finance Magnates Africa Summit 2024
16.02.2024
Crypto Expo Dubai 2024
B2BinPay To Present at Crypto Expo Dubai 2024
15.02.2024
B2BinPay v19, Instant Swaps and Expanding Blockchain Support
B2BinPay v19の登場によるインスタントスワップやブロックチェーンサポートの拡張
How Wrapping Coins Solves a Cross-Chain Problem
クロスチェーン問題においてラップドコインがどのような解決策となり得るのか
教育 13.02.2024