Bitcoin vs Credit Cards: How Much Fees Do You Actually Pay?

ビットコインとクレジットカードの比較: 暗号通貨でどのくらい節約できるか?

Reading time

取引や支払いに現金を使っていたのは、クレジットカード、オンラインバンキング、デジタル通貨の台頭により、珍しくなり始めています 

現在、大半の決済代行会社は、カードで支払うよう複数のインセンティブを与えることで、キャッシュレス運用を好み、推奨しています。ビットコインは10年以上前に登場し、新しい次元を電子決済システムに加え、当局に管理されない通貨の分散型ネットワーク全体を作り出しました 

BTCの支払い方法の方が良いということでしょうか?デジタル通貨を使うと本当にお得なのでしょうか?ビットコインとクレジットカードの比較をして、お金の取引に最適な方法を見つけましょう。

キーポイント

  1. ビットコインとクレジットカードの2つは、商品やサービスを取引・購入する2つの方法です。
  2. 暗号化取引は仲介者が少なく、より手頃で迅速です。
  3. クレジットカードでのお支払いは、取引に関与するさまざまな当事者から生じる手数料が多く発生します。
  4. 企業や一般家庭は、日々の取り引きや 購買でクレジットカードを使い、何十億ドルも余分に支払っています。

ビットコイン決済を理解する

暗号通貨は、政府が管理する支払い手段に挑戦するために2009年に設立され、デジタル通貨、ウォレット、監査簿を導入しました 

この技術は急速に金融界で広まり、トレーダーやブローカー、投資家が利益を上げて資産を増やす最も混雑した市場の1つとなりました。

crypto transactions benefits

これらの仮想通貨は、物理的な媒体なしでオンラインに保管され、それぞれの仮想通貨の価値によってオンライン支払い、取引、送金に使用できます。

約10,000の仮想通貨コインやトークンが存在し、それぞれが法定通貨に対する変動する価値と独自のトークノミクスを持ち、通貨の流通と構造を定義しています。

仮想通貨取引の仕組み

ブロックチェーン技術は分散型システムの基盤であり、すべての仮想通貨取引、オペレーション、活動が即座に透明に記録されます。

how crypto payments work

仮想通貨を送受信するにはデジタルウォレットが必要です。仮想通貨支払いが開始されると、ブロックチェーンはスマートコントラクトを展開し、ウォレットとの通信を確保して十分な資金があるかを確認します。

その後、トランザクションはエコシステムのルールと規則に照らして検証され、受信者に公開されます。この全プロセスは数秒または数分以内に行われ、中央集権的な制御や認可の対象にはなりません 

ビットコインとイーサリアムは、長年の評価と洗練されたブロックチェーンアーキテクチャにより、最も人気のある暗号決済方法の一つです。

クレジットカードを理解する

一方、銀行カードは、銀行口座に入金したお金をデビットカードに付け、買い物をするたびに口座から引き落とされる電子決済システムを利用します

クレジットカードは、銀行や金融機関からの資金を利用して支払うことができ、定期的に、あるいは支払いスケジュールを決めてから返済することができます。プロバイダー会社がクレジットカードとデビットカードを発行し、銀行があなたの資金を管理するため、あなたの資産の多くは当局に管理されています。

伝統的なお支払い方法には複数の仲介業者が介在するため、いくつかの手数料がかかり、暗号通貨よりも高くなることがあります。

現代型のクレジットカードが初めて使われたのは1950年代で、あるビジネスマンがニューヨークでディナーに出かけた際、財布を家に忘れてしまったことからヒントを得ました。

事実

カード取引はどのように行われるのでしょうか

銀行のカード決済では、複数の独立したシステムとサーバーがすべての注文に対応し、取引を確定するために連携しています。

一般的なVisaの取引をするたびに、お客様は加盟店にお客様の口座からお金を引き出すことを許可します。典型的な取引には通常、カード所有者、マーチャント、マーチャントアクワイアリングバンク、クレジットカードネットワーク、発行銀行など、5~6人の参加者が含まれます。

オンライン銀行取引には、同じ参加者に加えて、支払い処理ゲートウェイが中間者間のオンライン通信を容易にすることが含まれます。取引の各当事者にはそれぞれの料金があり、それが動的なクレジットカード手数料の理由です。

how credit card payments work

ビットコインとクレジットカードの比較: セキュリティ機能について

セキュリティは、暗号通貨が開始され開発された主なきっかけであり、共有管理、分散化、ユーザーデータの保護に焦点を当てています。クレジットカード決済とは正反対です。それぞれのシステムの違いを確認してみよう。

暗号決済のセキュリティについて

ブロックチェーンは、全ての暗号決済が記録・登録される共有台帳です。どのユーザーもブロックチェーンをアクセスし、送金額、送金者と受取人のウォレット、使用通貨に関する情報を得ることができます。

例えば、ビットコインは集中管理された組織や政府には属していません。代わりに、コインに投資し、ブロックチェーンのセキュリティとスケーラビリティを促進し、改善するために継続的に働くネットワーク開発者のグループによって維持されています。

ウォレットにサインアップする際には、個人情報、名前、職業、その他の詳細情報は提供しませんので、あなたのデータは保護され、個人情報の盗難に遭うことはありません。

銀行決済のセキュリティ

一方、カードで支払うことは、技術的には、あなたの銀行がセキュリティ上の理由から、あなたの情報を複数の第三者サービスプロバイダーで処理し、受取人の銀行口座に支払いを処理することを意味します。

さらに、銀行口座を作成するには、収入源、住所、連絡先番号、職業などの個人情報を提出する必要があります。その情報はすべて、KYCプロバイダーに電子的に送信され、口座を開設するための資格を処理および検証します。

銀行が意図的に個人情報の暴露をすることはないかもしれませんが、あなたの詳細が処理され、さまざまな機関に届けられることで、ハッカーが侵入し、あなたの情報や資金を盗むことが容易になります

暗号決済がクレジットカード問題を解決する仕組みについて

従来の支払いシステムの欠点を解決する分散型決済の主な2つの特徴は、「不変性」と「相互運用性」です。

チャージバック詐欺は、クレジットカード決済における差し迫った問題であり、購入者が製品やサービスを受け取った後であっても、購入代金の返金を不当に要求するものです。

このような請求は、加盟店に販売した商品の代金を失わせるだけでなく、クレジットカードの提供元が、複数のチャージバックを受けた加盟店を出入り禁止にすることができるため、加盟店の評判を落とすことにもなります。

暗号化された支払いには、ビットコインのチャージバックがなく、一度取引が行われると取り消すことができないため、この問題には限界があります。

cryptocurrency security

さらに、銀行決済には通貨や地域の制限があり、口座によっては海外送金や信頼できる第三者との取引ができない制限があるかもしれません。

一方、暗号通貨はネットワークのブリッジのおかげで、複数のブロックチェーンや通貨と互換性があります。これらのツールは、暗号ウォレットのアドレスさえあれば、世界中で、選ばれた相手との取引を容易にする。

ビットコインと銀行の比較: 手数料とサーチャージについて

仮想通貨は収益性の観点から支払いごとに固定の取引手数料を課しません。代わりに、Bitcoinの取引コストは検証ノードを補償し、システムの開発と維持に対する報酬として使用されます。

仮想通貨の支払い手数料は、トランザクションの処理が速く行われることを望むかどうかや、ネットワークの混雑に応じて異なります。通常、支払いをより早く確定させると、より高いガス料金が発生します。

一方、銀行はカード処理手数料から一部の収入を得ており、顧客に対してすべての取引で料金を請求しています。これは、複数の支払いプロセッサーが関与するほど蓄積します。

さらに、銀行はチェック処理手数料やサービスおよび口座維持費など、あらゆる金銭活動から収益を得ています。

仮想通貨でお金を節約できますか?

報告によると、世帯や店舗がクレジットカードの代わりにブロックチェーン決済を口座決済に使用した場合、数十億ドルを節約できた可能性があります。

事業者は、高額な銀行カード手数料を支払う代わりに仮想通貨を使用して支払いを処理した場合、時には適切なクレジットカード利便性料金の表示なしに課せられる場合もあるため、1250億ドル以上を節約できました。

ビットコインと銀行の比較: メリットとデメリットについて

BTCと銀行支払いのどちらを選ぶかは主観的なものです。セキュリティと便益の特徴は大きく異なる可能性があります。したがって、これらの支払い方法の長所と短所を見てみましょう。

credit cards vs bitcoin

ビットコインでの支払い

  • 仮想通貨の支払いはより速く、ほぼ即座です。
  • 仮想通貨取引はより手頃で、手数料が少なくなります。
  • ビットコイン取引は不変で、元に戻すことはできません。
  • ユーザーは仮想通貨の支払いなしで個人データを保護できます。

ただし、匿名性の機能により、分散型取引やプラットフォームは常にハッカーの標的にされ、数十億ドルをウォレットから盗まれています。 

クレジットカードで支払う

  • 支払いは複数のセキュリティプロトコルで保護されています。
  • 一部の銀行は不正行為に対する保険を提供しています。
  • 銀行は多くのリワードやロイヤルティプログラムを提供しています。

しかし、クレジットカードの手数料は暗号よりも高く、ユーザーデータを収集するため、個人情報の盗難や漏洩の危険にさらされる可能性があります。

まとめ

中央管理型と分散型の決済システムを選択することはホットな議論であり、多くの企業がビットコインとクレジットカードの比較に直面しています。しかしながら、その答えはビジネスの目標やターゲットとする市場によって異なります。

例えば、暗号通貨はさまざまなプロトコルや仮想通貨と相互作用できますが、国境を越えた現金取引はコストがかかります。

この2つの方法のどちらかを決めるには、安全性と手頃な価格の2つが不可欠な要素です。どちらの暗号通貨がより安価で、ブロックチェーンの安全プロトコルは年々向上しているため、より良いものを提供することができます。

最新の記事

Athletic Club wins Copa Del Rey
Ethereum決済API統合のユニークなメリット
教育 02.04.2024
How and Why Should You Accept Bitcoin as Payment in 2024?
2024年にBitcoinを支払いとして受け入れる必要があるのはなぜですか?
教育 01.04.2024
Analysing Open-Source Payment Gateways
オープンソースの決済ゲートウェイを選択すべきですか?
教育 28.03.2024
crypto wallet integration process
オンラインショップへの暗号ウォレット統合の主なステップ
教育 26.03.2024