Centralised vs Decentralised Exchanges

集中型取引所と分散型取引所:実際に考慮すべき主な違い

Reading time

暗号通貨業界において“分散型”と言う単語は忌まわしい流行語であり多くの機関投資家、大規模組織、個人トレーダーさえもが暗号通貨業界におけるこの主力品質に強く惹かれています。実際に分散型は従来の金融業界では絶対に得られなかった自由を多くの人に提供するものであり、実際に2009年頃に暗号資産が世間に広まっていったのは分散化のおかげと言っても過言ではないでしょう。

ただし分散型取引所にはいくらかの固有制限があり、それがユーザーの採用の減少や複雑さという課題を生み出していることから、依然として集中型取引所の方がより人気のある選択肢となっています。この記事では集中型取引所と分散型仮取引所の2つの決定的な違いを正確に明らかにしていきます。

重要なポイント

  1. 投資家は暗号通貨取引所を使用することで様々な取引活動に参加したり希望する暗号資産をタイトなスプレッドで得ることが出来ます。
  2. 集中型取引所は主に利便性、アクセスのしやすさ、取引コストの削減、価格の安定性などを優先しています。 
  3. 分散型取引は主にブロックチェーンの匿名性と自由の側面を維持することを目的とした中央当局を持たないプラットフォームとして提供されています。
  4. これら2つの取引所のどちらを選ぶかは、一個人が希望する設定や操作範囲によって異なります。

暗号通貨取引所とは何ですか?

まずは「暗号通貨取引所とは何かでどのように機能するのか?」という基本的な質問に答えます。暗号通貨は従来の代替手段とは異なり、トレーダーは暗号通貨の取引プラットフォームを使用することで地理的な制限なく自らが希望する暗号通貨を売買することが可能になります。ほとんどの暗号通貨取引所は高度な分析ツール、ライブでの価格レポートやデータフィードの表示、複雑な取引オプション、マージン取引などの多くの追加機能を備えています。 

つまり、最新の暗号通貨取引所は幅広い取引サービスに対応することで投資家にベストな環境を作り出すことで取引の成功に繋がる必要な全てのツールを提供しています。暗号通貨取引所の主な目的は取引ペアの公正な市場相場を提供すること、スリッページの防止、スプレッドマージンが許容範囲内にあることなどであり、これらの要因は世界中の取引活動の増加を直接促進するために暗号市場にとっては極めて重要となります。スプレッドマージンが狭いと暗号通貨の取引が安くなってスリッページが最小限に抑えられるため、投資家は取引中に損失を被ることがなく公正な市場価格によって簡素化された利用可能な最良の取引検索を行うことが出来るのです。

価格安定と分散化への注目が高まるにつれて暗号通貨取引所は法定通貨プラットフォームと区別されており、法定通貨と比べても暗号通貨市場はるかに不安定なものです。そのため取引プラットフォームは基礎となるブロックチェーンの原理を犠牲にすることなく、価格提供を安定させるために様々な方法を採用する必要があります。しかし、実際にはこれらの目標を達成することは非常に困難であることが判明しています。これら2つの取引所はそれぞれ異なる方法でこれらの課題に取り組んでおり、以下でそれらを見ていきましょう。

集中型の定義とは何か

Characteristics of a CEX

分散化はブロックチェーンテクノロジーにおいて“分散化”は基礎の1つですが、最も人気な取引所はBinance、Coinbase、Krakenなどの集中型 (CEX) に集中しています。この事実はどこか矛盾しているように思えるかもしれませんがその理由は非常にシンプルであり、現状CEXの方が暗号通貨市場の変動性や複雑さに対処するための設備がはるかに優れているのです。

最初に暗号通貨業界が価格安定の懸念に苦しんでいることは周知の事実であることから、結局のところ暗号通貨は世界経済にとって非常に価値のあるベンチマークユーティリティをまだ取得していないデジタル資産なのです。一方でEthereumのスマートコントラクトビットコインオーディナルズは暗号通貨に実質的な固有の価値を確立するよう努めていますがそれはまだ先のことであることから、現在でも市場全体が頻繁にボラティリティの変動を経験していることから投資家にさらなる市場リスクをもたらしています。

集中型取引所が持つ広範な魅力

このような環境においては暗号通貨投資家は自動化されたアルゴリズムではなく専門家が財務を処理していることを知る必要があり、集中型取引所は不安定な暗号経済によって投げられる様々な価格変動、スプレッドマージンの変更、その他の変化などに手動で対応する中央当局による監督および管理が施されますが、このような方法は理想とは程遠くユーザーの完全な安全を保証するものでないものの、現在のブロックチェーンの環境における最も実証済みのアプローチとなっています。

集中型取引所の2つ目の重要な特徴は全体的な利便性の提供です。サードパーティの管理人が関与することでプラットフォーム上の各サービス、機能、標準的な法定通貨取引所のアクセシビリティへの設定を行うことが出来ます。集中型取引所はこのようにして人気のある法定通貨プラットフォームによく似たプラットフォームとなることで、平均的な暗号通貨ユーザーへの魅力的な親近感を生み出しています。

分散型取引所である“DEX”を理解する

Characteristics of a DEX

先ほどまでとは反対に、分散型取引所 (DEX) は分散型の純粋な本質を維持しつつ全ての仲介者を排除した取引プラットフォームを提供しようと努めており、理論的にはこのようなアプローチはそんなに複雑なものではありませんが、取引所はトレーダーに対して自動的な取引オプションを提供しつつそれ以外はトレーダー個人に決定権を与える必要があります。

このアプローチは実行可能で集中型よりもさらにシンプルに行われると思われがちですが、実際にはまったく異なります。取引所プラットフォームを運用するには慎重なバランス調整、流動性のオンデマンド供給、システムが重みで崩壊しないようにするための数多くの調整などが必要であり、さらに多くの人が自分たちの利益のために市場を悪用したり操作したりする抜け穴を常に探しているためにプラットフォーム環境は敵対的なものになると予測されます。

分散型取引所では全てを管理するスマートコントラクト (SC) システムが市場の変動や操作に対する唯一の防御線となります。SCは価格、スプレッドマージン、注文マッチングの選択、レバレッジ比率、様々な契約オプションなど多くのシステムを制御しており、当然これらのシステムをそれぞれ管理することは困難な作業となります。また、暗号通貨経済の急激な変化によって重要な決定が必要になった際にはスマートコントラクトは重要な決定を下すことはできないことから、標準的な分散型取引所は提供する取引オプションが少なくほとんどが重要な取引ペアに固執しています。

理論的にはピアツーピア取引所プラットフォームは完璧なプラットフォームとなりますが、現在では最適化の問題、流動性の誤った配分、一般的なユーザーアクセシビリティの欠如などに悩まされています。

基本概要

集中型取引所と分散型取引所:実際の比較

CEX vs DEX

ここまではこれら2つのプラットフォームの基礎を説明してきましたが、以下では集中型取引所と分散型取引所についてさらに詳しく説明していきます。この記事では両者において考慮すべき堅牢な機能を皆様に提供するのが主な目的であることから、どちらがより優れているかのような明確な答えはありません。実際にどちらの選択肢も重要な点において何らかの制限があることから、情報に基づいた正しい決定を下すには両者の具体的な違いを理解することが重要になります。

分散化が抱える問題

何よりもまず、これらの2つのプラットフォームの基本的な違いは分散化です。集中型プラットフォームでは利便性、安定性、高度な取引機能の多様性のために分散化を犠牲にした結果、経営者や従業員の不正行為、サイバーセキュリティ上の懸念、マネーロンダリングなどの影響を受けやすくなっています。

上記とは反対に、DEXでは分散化を維持しつつトレーダーが完全に匿名でピアツーピアトランザクションを行うことを目的としています。この環境下では投資家は自分の個人情報を第三者または個人に開示する義務はなく、各トランザクションはプラットフォームユーザーから基盤となるデータを保護するためにブロックチェーン暗号化プロトコルを使用した自動アルゴリズムによって実行されます。

CEX and DEX structural differences

したがって分散型取引所はこの点においては強者であり、ユーザーがブロックチェーンの原理となる核を楽しむための匿名性を作成します。ただし、このメリットには様々なエリアにて重大なデメリットも引き起こしています。

流動性とその欠如が引き起こす要因

流動性の提供は暗号通貨分野における重要な要因の1つです。Bitcoin、Ethereum、USDTなどを除いた主要なアルトコインは頻繁に流動性の問題に悩まされています。ほとんどのアルトコインが抱える流動性の根本的な問題は価格の安定を裏付ける強力な価値や商品がないことであり、アルトコインの価格と数量はほぼ独占的に取引顧客ベースの需要に応じて変動する傾向があります。

したがって、多くの流動性プロバイダーは取引市場を活発に保つのに十分な資金を市場に供給することで、投資家が一致する注文を簡単に見つけられるようにしてくれるために暗号通貨業界では必要不可欠な存在になっています。集中型取引所では流動性オプションを自社のシステムに統合することで通貨ペアの状況を修正するために流動性プールを適用することがはるかに簡単であることが分かりますが、 一方で分散型取引所も同じような問題に直面しますが、自動マーケットメーカー (AMM) を利用してその問題を乗り越えようと努めています。

AMMは取引所内の流動性プールを満たすように設計されており、DEXプラットフォームの流動性プールは主に受動的収入の機会を求めて暗号資産を賭ける個人ユーザーによって満たされていますが、ここで重大な問題が2つ発生します。1つ目はAMMの流動性プールは集中型の流動性プールに比べてかなり小規模な事と、2つ目にAMMのアルゴリズムは複雑な流動性プロセスの上手なやりくりができないことから多くの場合で非効率的になってしまいます。そのためDEXプラットフォームでは流動性の不足や故障が頻繁に発生し、その結果顧客ベースに多大な影響を与えているのです。

How DEX liquidity pools work

ユーザーのアクセシビリティ

集中型取引所における最も大きなメリットとしてはシームレスな顧客サービス、スムーズなユーザーインターフェイス、高品質なサービスの提供などが挙げられます。集中型プラットフォームはサードパーティの監視機能により従来の法定通貨取引プラットフォームによく似た状態で運用されることから、ユーザーは普段から使い慣れている最適化された環境下で暗号資産の取引を行うことができます。

さらに簡潔化された各取引オプション、機能、分析ツール、変更の機会などが多数のヒントやガイドラインとともに説明されているのも非常に魅力的です。 ただしここでの最大の魅力は各取引メカニズムが素早いボタンクリックで実行できることであり、そのためユーザーは為替やその他の取引操作を完了するための技術的作業を行う必要はありません。

DEXプラットフォームは集中型取引所とは異なり非常に複雑であるためにユーザーはトランザクション処理、注文照合、その他の暗号通貨固有におかる様々な概念、ガス代などに関する広範な知識を必要とします。各プロセスを利用する為にITのプロになる必要はありませんが、それでも初心者の暗号通貨所有者には大きな障害として立ちふさがることでしょう。そのため、多くのユーザーがDEXプラットフォームでの取引を断念してしまいました。2023年の現在でもDEX開発者は平均的な消費者のニーズに合わせたプラットフォームの最適化に苦労しています。

規制の遵守

最後になりますが、規制は暗号通貨において非常に重要な変数です。最近起きたFTXの崩壊やそれに伴う2022年の暗号通貨の冬季はまさに規制当局が暗号通貨関連法への取り組みを強化する動機となっており、規制の強化によって通常のプラットフォームユーザーに対するセキュリティや保護の向上が望めると共に、恣意的な制限なしに自由に取引を行うことも制限されてしまう可能性があります。

現在のDEXプラットフォームはほぼ規制されていませんが、重大なリスクを犠牲にしてもユーザーの自由を遵守する必要があります。規制の欠如は取引相手のリスク、市場リスク、その他の様々な脅威の増大を引き起こす一方、集中型取引所は様々なデジタルリスクから顧客を守るために無条件の選択の自由を制限されているのです。投資家によってはセキュリティよりも自由な取引を重視する人もいれば、その逆も然りであるためにどちらが良いかをここで判断することは出来ません。

しかし最近起きたFTXの崩壊は暗号通貨のユーザーベースに深刻な影響を与えており、短期的に見ればユーザーはよりリスクを回避する傾向にあります。したがって、当面は集中型取引所がこの面でも優れていると言わざるを得ないでしょう。

2023年の優れた集中型取引所

ここまで多くを見てきましたが、非常に優れた集中型取引所の中でも最も人気かつ優れてている取引所にはBinanceが挙げられます。Binanceは最先端の取引ツールと分析、アクセスしやすい UI、狭いスプレッドマージンを誇るまさに最高の取引所プラットフォームとなっています。さらに、Binanceの広範な資金プールと大規模な支援によって有利な取引手数料を提示することができます。

Binanceでは150以上の通貨ペアを備えており、Bitcoinの無料取引機会も提供しています。また、残りのアルトコインも非常に手頃な価格で購入することができます。しかし、そんな最高のプラットフォームであるBinanceの大きなデメリットは不確実な規制環境です。2023年にSECはBinanceに対する複数の告発を行っており、その中でSECはBinanceに対して開示の透明性を高めるよう求めています。実際のところ、Binanceがこの大規模な裁判をどのように対処するかは非常に興味深いところです。

しかし多くの情報はBinanceの完全復活を示しており、Binanceはこれからも市場で最も信頼性がありアクセスしやすくシームレスな集中型取引所としての優位性を継続するという見解がなされています。

2023年の優れた分散型取引所

現在最高の分散型取引所として名乗りを上げるのはUniswapです。2018年に作成されたUniswapはDEXプラットフォームの最も成功した実装であり完全な分散化、自己管理、透明性を多くのユーザーに提供しています。

さらに、Uniswapはユーザー インターフェイスを磨き上げることで一般的な暗号通貨所有者に分散型の便利な環境を提供するという点において大きな進歩を遂げています。通常であれば流動性はDEXプラットフォームにおいては懸念事項の1つとなり得ますが、Uniswapはより効果的な流動性の管理オプションを提供しています。依然としてUniswapの流動性プールの大部分は自動化されていますが、プール資金を分配して市場平均に基づいた価格の維持という点においてはそれほど効率的ではありません。

それでもUniswapはゆっくりと確実にDEXプラットフォームが直面する根本的な問題のいくつかを解決しようと前進しています。Binance やその他の人気のCEXオプションほど速く安価でアクセスしやすいものではありませんが、集中型と分散型の両方の長所を持ち合わせたUniswapは非常に優れた選択肢となるでしょう。Uniswapがこれからアクセシビリティと流動性における障害を乗り越えて、さらに人気の分散型取引所になれるかどうかは非常に興味深いです。

まとめ

暗号通貨取引所における集中型と分散型のどちらもが暗号市場における重要な目的を果たしています。集中型は暗号通貨所有者が使い慣れたスムーズな環境で取引できることを保証する一方、分散型はブロックチェーン技術の当初の約束を実際に果たそうと全力を尽くしています。同市場における最終的な目標はこれらの亜種間の完璧なハイブリッドを作成することですが、最終的に暗号通貨の世界では利便性や分散化のメリットをいくらか犠牲にする必要があるようです。

実際に最新の暗号技術の中核を再び優先する取り組みによって、暗号通貨市場はこれまでに議論された全てのメリットを統合したプラットフォームを作り上げる可能性があります。それが実際に起こるまでは多くの選択肢を慎重に検討した上で、あなたの明確なニーズを優先する暗号通貨取引所を選択するようにしてください。

よくある質問

Binanceは集中型ですか、それとも分散型ですか?

現在のバージョンを取り入れたBinanceは集中型取引所として、集中化されたテクノロジーを使用して同市場でも最もアクセスしやすく手頃な価格で多様な取引オプションを多くのユーザーに提供しています。

分散型取引所の最大手はどこですか?

最大のDEXプラットフォームにおける最大手はUniswapであり、最先端の自動マーケット メーカー (AMM) アルゴリズムと便利な取引オプションを提供していますが、Binanceやその他のCEXプラットフォームのアクセシビリティのレベルにはまだ及んでいません。

集中型取引所と分散型取引所のどちらがより優れていますか?

それは各個人のニーズと好みによって異なります。分散型取引所は完全な匿名性と最小限の第三者介入を好む人に最適であり、集中型取引所を使用するユーザーは利便性、アクセシビリティ、シンプルさを優先しています。

最新の記事

Buy Now, Pay Later (BNPL) Can Boost Your Sales - Here’s How
暗号通貨での買い手において、後で支払う(BNPL)モデルはどのように機能しますか?
教育 11.07.2024
What Should We Expect From The Ethereum Pectra Upgrade?
次期Ethereum Pectraアップグレードに何を期待すべきか?
教育 10.07.2024
The Best Crypto Crowdfunding Platforms for Startups
スタートアップ向けの最適な暗号クラウドファンディングプラットフォームとは?
教育 08.07.2024
Best Altcoins to Accept as Payment
10のベスト代替コインを支払いとして受け入れる2024年
教育 05.07.2024