what is a crypto bank?

暗号通貨銀行とは何でどのように機能しますか?

Reading time

暗号通貨が誕生してからそう長くはありませんが、これまでに堅牢なテクノロジーと信頼性の高い支払い方法として大幅に発展してきました。現在ではこれらのデジタルコインは既存の取引システムとして典型的な経済と同様に機能する高度な経済成長を生み出しています。

暗号通貨の分散型経済は投資、保管口座、取引の機会などの分散型の世界の幸福に貢献する様々なサービスを生み出しました。

後に暗号通貨コミュニティにより良いサービスを提供するためにも、ブロックチェーン取引を促進するために暗号通貨銀行が設立されました。暗号通貨銀行の詳細は以下で説明します。

重要なポイント

  1. 暗号通貨銀行とは暗号通貨の送受信を含む暗号通貨取引や取引所を提供する為の専用金融機関です。
  2. これまでに多くの従来の銀行は顧客のニーズに応えるために様々な暗号通貨を用いたサービスを採用してきましたが、暗号通貨銀行は分散型経済にて独自サービスを提供するために新たに作られました。
  3. 暗号通貨を受け入れる従来の銀行では安全かつ迅速な暗号通貨取引を促進するためにも、取引処理とセキュリティシステムにおける経験および最善策を上手く活用しています。
  4. 暗号通貨に優しい銀行は従来の金融サービスと分散型金融における暗号通貨を用いた決済の両方のメリットを提供することができます。

暗号通貨銀行の定義

従来の銀行では金銭の取引、口座、融資、引き出し、投資などが行われますが、暗号通貨銀行は主にブロックチェーン取引、暗号通貨を使った投資ウォレットなどを扱う分散型金融サービスを自社のサービスとして行います。

暗号通貨銀行は中央集権型経済と分散型経済の間のギャップを埋めるためにも、暗号通貨と法定通貨のサービスを1つのエンティティへと統合することで暗号通貨への信頼と経済における未来的なユースケースの両方を促進します。

現在の金融市場は暗号通貨に対する規制が緩い従来の銀行から様々なオンライン決済方法で金融サービスに革命をもたらしたデジタル銀行まで多岐にわたり、さらに暗号通貨取引所は独自の銀行などを立ち上げていることから仮想通貨投資家やコミュニティへのサービスに注力するための改革もすでに始まっています。

2021年から2022年にかけてはGoldman SachsやCitigroupなどの大手金融機関を含む20社以上の金融機関のトップが暗号通貨への投資を行っています。

基本概要

暗号通貨銀行のこれまでの発展

2009年にBitcoinが最初の暗号通貨として作成された際のホワイトペーパーには、このプロジェクトの最終目標は全てのユーザーに個人銀行を提供することであると記載されていましたが、それから10年も経つと世界的な分散化への移行によってこの約束は徐々に実現味を帯びてきているように見えます。

暗号通貨が初めて導入された頃の銀行や政府は当初仮想通貨に反対していてすぐに消える流行りの一種だと考えており、彼らは2008年の金融危機を達成した後の暗号通貨システムに対する需要の増大を過小評価していました。

Bitcoinに対する需要と関心の高まりはこれらの通貨の大幅な成長の触媒となり、銀行や金融機関が仮想通貨を扱う姿勢を見直す流れを促進させました。

2013、2017、2021年に起きた暗号通貨市場のブームによって政府や銀行は真剣に暗号通貨取引に取り組むようになりました。BTCを法定通貨として発表した最初の国はエルサルバドルであり、多くの銀行は暗号通貨取引のための専用取引デスクの提供などを開始しました。

The development of crypto banks

現在でも分散型サービスの帯域幅は増加し続けており、暗号通貨に寛容な様々な銀行が提供する分散型金融エコシステムを形成する多くのサービスによってデジタルマネー、トークン、NFT、投資、融資などが行えるようになっています。

暗号通貨銀行の主な機能

現在のデジタル銀行は従来の外貨普通預金口座や投資からユーザーが自身の銀行口座から暗号通貨を気軽に購入できるようなサービスの範囲の拡大および以下を含めたサービスの拡張を行っています。

Crypto bank services

暗号通貨アカウント

暗号通貨銀行では従来の銀行口座と同様にユーザーが口座を開設することができます。アカウント所有者は暗号通貨ウォレットを通じてデジタル資産を管理したり、暗号通貨の送受信や様々なWeb 3.0への投資への資金の割り当てを行ったりできます。

暗号通貨アカウントにはユーザーが異なる暗号通貨とトークン間で交換できるツールなどが含まれる場合もあります。

暗号資産への投資

従来の銀行は株式、債券、外国為替取引などの投資機会を提供していますが、暗号通貨銀行ではWeb 3.0への投資、ステーキング、イールドファーミング、流動性プール、その他のDeFiプロジェクトなどを行うことができます。

一般的に投資銀行は仲介サービスに対して多額の手数料を請求する場合がありますが、暗号通貨銀行は仮想通貨への投資に対して少額の手数料を請求する場合があります。 分散型投資では仲介業者が少なくなりますが、仲介サービスには自らが投資したいWeb 3.0プロジェクトとの繋がりが含まれる場合があります。

ユーザーは単に仮想通貨を取引したりBitcoinやEthereumなどのデジタル資産を長期的に保有したり、価格が上昇した際には売却したりと暗号通貨への投資を行うことができます。

セキュリティ

従来の金融機関は資金取引と顧客の資金を保護するための堅牢なセキュリティシステムを利用していることから、暗号通貨銀行と取引を行う際にはより高いセキュリティを得ることができます。

銀行は暗号通貨の保管および法定通貨やデジタルマネーを取引するための最も安全な環境に対応するためにも重要なリソースと資本を活用しています。

また、分散型プラットフォーム上で増大するサイバー脅威も考慮していることから、暗号通貨銀行にて万が一侵害やハッキングが発生した場合でも最先端のセキュリティ機能と認証手段を取り入れたユーザーの資産の安全を最優先に考えます。

法定通貨から仮想通貨への交換

集中型バンキングと分散型エコシステムの橋渡しとして機能する暗号通貨銀行によってスムーズな取引とデータ交換が可能になることで、全ての機能が1つのアプリケーションまたはウェブサイトに配置されてユーザーエクスペリエンスの向上へと繋がっていきます。例えば、ユーザーはユーロを使用してBitcoinの購入やEthereumを使用した株式の購入などを行うことができます。

暗号通貨の決済ゲートウェイ

暗号通貨の決済ゲートウェイは様々なウェブサイト、ストア、交換プラットフォーム、e-コマースでの支払いを容易にしてくれる統合インターフェイスです。APIを使用することでサーバーとコンソール間のデータ交換を数秒以内に始めます。

ゲートウェイは主にチェックアウトページのユーザーインターフェイス、取引速度、手数料、サポート通貨を扱います。デジタル銀行は高速かつ安全なブロックチェーン取引を可能にする最高の暗号通貨の決済ゲートウェイを提供してくれます。

暗号通貨銀行と従来の銀行について

暗号通貨銀行では従来の金融の要素を維持しつつ、簡素化された暗号通貨の保管および取引環境の提供に努めています。

したがって、集中型と分散型の共通点を見つけるのは非常に困難になる場合があります。

Comparing traditional bank and crypto bank

法的遵守

中央銀行や商業銀行は金融取引において口座所有者に関する法律や規制においてはAMLやKYCなどの完全な遵守を求める一方、暗号通貨では厳格なルールが適用されない寛容なアプローチおよびデジタルコインやトークンへの自由な取引や流通が与えられます。

個人情報に関するプライバシー

分散化においてはユーザーの名前や個人情報は隠された状態でウォレットアドレスのみを識別として使用することで各ユーザーのアイデンティティの維持を可能にしていますが、中央銀行はKYCやAML手順に従うユーザー情報を要求する傾向があることからユーザーは個人情報や財務申告を提供しなければなりません。

コントロール

ブロックチェーンは主に分散型所有権と分散型制御力に依存しており、中央銀行は金融取引および口座の中央当局として機能しています。

トランザクション速度

従来の銀行は複数のチャンネルや仲介業者を通じて支払いを処理するため、検証ノードを通じて処理されるブロックチェーントランザクションを行う暗号通貨と比べると待ち時間は少し長くなります。このプロセスは通常シームレスで行われ数秒から数分以内に完了します。

これら 2 つの世界の本質は基本的に相反しているため、全てのサービスを関連付けることは非常に難しいです。ちなみに、暗号通貨銀行は集中型経済と分散型経済との対話を望むユーザーにとってはこれらに共通した基盤として機能します。

暗号通貨銀行を使用する理由

暗号通貨銀行は地理的位置、取引手数料、為替レート、法令順守などの従来の金融機関の制限を克服する高度なサービスを提供しています。

さらに暗号通貨銀行は従来の銀行が提供する既存のサービスを拡張して相互運用性をサポートすることから、向上した処理速度によって参入障壁を下げることでよりユーザーに利益をもたらす機能を追加します。

暗号通貨に優しい銀行のユーザーは、組織化された堅牢な銀行構造を通じて分散化とWeb 3.0エコシステムにおける膨大な機会と出会うことができます。

例えば、あなたが従来の銀行振込を使用してアルゼンチンからトルコに法定通貨を送金したいと考えているとしましょう。これを実際に行うには、様々な為替を含めた複数の仲介業者や金融機関がこの取引を処理するために高い手数料と長い処理時間に繋がります。

暗号通貨銀行は両国で同じ価値を保持する統一デジタル資産を推進することから、銀行の数分の1の手数料でデジタル資産の即時の送金を行うことができます。

How crypto payment works

銀行口座への暗号通貨の送金方法

暗号通貨を銀行口座に送金するには暗号通貨、トークン、その他のブロックチェーン支払い手段などのデジタル資産の保持を金融プロバイダーの許可が必要になる場合があります。

1つ目の方法はBitcoinやその他のコインを売買できる信頼できる暗号通貨取引所を見つける必要があります。信頼できる取引所を見つけた後は、そこにサインアップして登録を完了してクレジット/デビットカードまたはその他の支払い方法を介してBitcoinの購入を行います。

その後に取引所の転送オプションを使用して購入したコインを暗号通貨銀行から提供されたウォレットアドレスへと送信します。

一部のデジタル銀行は暗号通貨交換ツールを提供していることから、直接暗号通貨を購入して自身の暗号通貨銀行の口座に移すことができます。

もう1つのシナリオとしては、すでにウォレットにBitcoinを所有していてそれを法定通貨で自身の銀行口座に送金したい場合です。この場合には、暗号通貨を法定通貨に交換したりできる暗号通貨取引ウェブサイトを見つける必要があります。

BTCを暗号通貨ウォレットから取引所プラットフォームに転送する場合、自信が受け取りたい法定通貨に応じてBTC/EURまたはBTC/USDの売り注文を行います。注文が約定してクローズされて法定通貨を受け取った後に出金オプションを選択できます。

それから、銀行振込を選択して取引所プラットフォームから法定通貨を引き出します。あとは銀行口座の必要事項を入力して仮想通貨取引所から自分の口座へと送金されるのを待つのみです。

暗号通貨に優しいトップの銀行

近年の暗号通貨の保管金融機関に対する需要の高まりにより、現在では集中的な分散型サービスを提供する新たな銀行が数多く生まれています。

さらに一部の従来の銀行は暗号通貨をサポートして両方の長所を提供するために真剣な措置を講じていることから、デジタル資産を保管できる暗号通貨に優しい銀行をいくつか以下で紹介します。

1. Revolut Bank

Revolutは2015年に作られたデジタル銀行です。このデジタル銀行はクレジットカードやデビットカードを通じて法定通貨サービスを提供しており、迅速な分散型プラットフォームを採用しています。Revolutはヨーロッパで最も信頼できる仮想通貨に優しい銀行の1つであると多くの人に知られており、シームレスに暗号通貨を法定通貨へと交換することができます。

2. FV Bank

プエルトリコに本社を置くFV Bankは、Bitcoinのフルサービスを行う米国で営業している銀行です。法定通貨や暗号通貨の銀行口座および暗号通貨に対応したビジネス銀行口座なども備えていることから、ユーザーはVisaおのデビットカードを使用した迅速な支払いおよび1ヵ所でのデジタル資産の管理が行えます。

3. JPMorgan Chase

JPMorgan Chaseは最も古い企業の1つかつ伝統的な銀行であり、分散化を最初に採用した銀行の1つでもあります。この銀行は2019年に暗号通貨への参入を開始しており、現在ではハイテク株やWeb 3.0企業への投資だけでなく暗号通貨の購入および取引が行える暗号通貨取引所などもユーザーに提供しています。

暗号通貨銀行の主な特徴

暗号通貨に優しい銀行の人気はますます高まっており、新たな金融機関が参入して主要企業が高度なテクノロジーを導入することで顧客の動的なニーズに柔軟に対応しています。

crypto bank features

もしあなたが自分に適した銀行を選択する際には、以下で挙げるような考慮すべき審査基準を事前に調べておいてください。

堅牢なセキュリティ

既存の暗号通貨銀行は金融サービスにおける豊富な経験と高度なセキュリティ対策を活用した暗号通貨の送金の強化を行っていることから、JPMorgan ChaseやBank Provなどの大手金融機関はその膨大なリソースとノウハウを活用してDeFiやFinTechテクノロジーへの比較的容易な移行を提供することができます。

一方で新興の暗号通貨銀行は暗号資産を保護するための最良のセキュリティと認証手段を提供することに専念する傾向があることから、ユーザーのコインやトークンを保管するための確実な選択肢となっています。

柔軟な使用法

暗号通貨を受け入れるデジタル銀行や従来の銀行は、ユーザーエクスペリエンスを重視することでユーザーが持つ期待以上のサービスを提供しています。様々なAPIや決済ゲートウェイを利用することでそれを広範囲のウェブサイト、サードパーティサービス、e-コマースストアオンラインビジネスなどに拡張しています。

FinTechの専門知識

暗号通貨を採用するには分散化やブロックチェーンの実践についての深い理解が必要になることから、銀行が暗号通貨の取引や交換を受け入れている場合にはその業務の背後に知識豊富な人材がいることを暗に示しています。

しかし実際には人気のある従来の銀行はFinTechの導入に優れており、隆盛するFinTechやDeFiのトレンドに対処する際の経験は非常に豊富です。

暗号通貨銀行が描く未来

現在私たちが目にしている暗号通貨と法定通貨間の移行はかつてないほど良好であり、暗号通貨とDeFiサービスを提供する新しいビジネスがさらに出現することで従来の銀行がブロックチェーンにおける最善策を採用し始めています。

実際に暗号通貨銀行の未来は非常に明るいように思えます。暗号通貨の交換や取引を導入する際の顧客のニーズのさらなる高まりに共感を示す銀行がこれから増えることが期待されます。

The future of crypto banks

また、暗号通貨銀行の将来は米国の巨大投資銀行が要請したBTCスポットETF申請に関するSECの方針にも左右されます。

また、暗号通貨取引所プラットフォームは様々な分散型サービス、ブロックチェーン取引、その他の暗号通貨投資を提供する為の専用銀行を立ち上げていることから、この移行によって暗号通貨の支払いと取引が更なる高みへと引き上げられる可能性があります。

暗号通貨銀行のメリットとデメリット

銀行が暗号通貨サービスを採用してからわずか数年しか経っていませんが、現在ではWeb 3.0専用の銀行までが登場するほどに広がっています。しかし、これらの銀行が提供する様々なメリット以外にも改善すべき点は未だ多く残っています。

メリット

  • 従来の銀行との取引と同様のスムーズなユーザーエクスペリエンスによって暗号通貨の取引および交換が簡素化されます。
  • 中央集権型経済と分散型経済の間の格差が縮小することで、法定通貨と暗号通貨間のスムーズな移行が可能になります。
  • 保険や運営構造を必要とする新しい仮想通貨ビジネスの参入障壁の引き下げに繋がります。

デメリット

  • 暗号通貨の不安定な性質が持つ市場の動向によって銀行の準備金が未知のリスクにさらされる可能性があります。
  • 暗号通貨銀行では様々な取引手数料のほかに、暗号資産の保有や管理に対する多額の手数料が請求される場合があります。

まとめ

暗号通貨に優しい銀行はFinTechや金融取引における重要な経験を持っていることから、彼らは最先端の暗号トレンドやブロックチェーンテクノロジーを採用できる高い資格を持っています。

暗号通貨を受け入れる金融機関は、Web 3.0投資による従来の取引や送金サービスおよび暗号通貨取引という2つの世界の長所をユーザーに提供します。

よくある質問

暗号通貨にはどの銀行が最も適していますか?

暗号通貨銀行は様々なサービスを提供しており、ここでの最適な暗号通貨銀行とは個人の目的によって異なります。例えばJPMorgan Chaseは暗号通貨の購入や取引を行う米国と欧州で有名な銀行ですが、一方でFV Bankは米国のBitcoinを専門に扱う銀行です。

暗号通貨銀行バンキングは安全ですか?

実際に暗号通貨は完全には規制されておらず不安定な性質を持っていますが、多くの銀行はユーザーが安全に仮想通貨を取引できるような緩やかな規制枠組みを設定しようとしています。

従来の銀行と仮想通貨銀行の違いは何ですか?

従来の銀行は法定通貨での口座開設を行う事で従来の取引市場にて貯蓄や様々な投資を利用することができますが、一方で暗号通貨銀行はブロックチェーン取引、仮想通貨ウォレット、その他のDeFi投資の提供だけでなく従来の銀行が提供する金融サービスも利用することができます。

暗号通貨銀行口座はどのように使用できますか?

自分が選んだ暗号通貨銀行にてアカウントを作成しますが、ここでは各銀行の規約に従ってアカウントを確認する必要があります。もしもあなたが選択した銀行が保管ウォレットサービスを提供している場合は、暗号通貨の送受信に加えて購入した暗号通貨を自身のアカウントに保存することができます。

最新の記事

Getting Ready for The Highly Anticipated FMPS 2024
Bringing Our Payment Solutions To The Finance Magnates Pacific Summit
10.06.2024
Suiting Up For Crypto Discussions at The Massive Token 2049
Token 2049 Singapore is Around The Corner – Here Are Our Plans
10.06.2024
B2BinPay Suits Up for Money Expo India 2024!
B2BinPay is Good to Go at Money Expo India 2024! 
05.06.2024
B2BiPay v20 update
B2BinPay v20 – TRXステーキングと幅広いブロックチェーンサポートによる機能強化