Oracle technology in blockchain

オラクルのテクノロジーをブロックチェーンで理解する

Reading time

ブロックチェーン は、暗号トランザクションを共有台帳に登録する優れた技術であり、分散型ネットワークでの操作を誰でも追跡できるようにし、仮想通貨やプラットフォームの信頼を促進します。

ブロックチェーンとスマートコントラクトの進歩により、暗号空間を超えるより多くのユースケースの基礎が築かれ、私たちは現実のアプリケーションにおいて、これらの技術の高い透明性と信頼性から恩恵を受けることができるようになりました

オラクルテクノロジーは、一般ユーザーや非暗号化愛好家にとっても、日常生活でブロックチェーンを利用できる方法です。ブロックチェーンにおけるオラクルとは何か、そしてオラクルの特徴について説明しましょう。

キーポイント

  1. ブロックチェーンにおけるオラクルとは、非中央集権的なサーバーと中央集権的なサーバーの相互作用を指す。
  2. ブロックチェーンのオラクルは、オンチェーンと実際のアプリケーションの橋渡しのような働きをします。
  3. ブロックチェーンのオラクルは、人為的な資産の需要の創出やパンプ・アンド・ダンプのスキームなど、偽の情報を提供するために意図的に作成されたデータ操作を受けやすい。

オラクル・テクノロジーを理解する

ブロックチェーン技術は、暗号通貨やWeb 3.0の運用において信頼性と信頼性を促進する強力なツールであり、分散型経済のバックボーンとして機能しています。ただし、これまでのところ、その使用例は暗号世界と分散型エコシステムに限られています。

ほとんどのブロックチェーンの現実のユーティリティは理論的であり、その理論を実践に変えるにはどうすればよいでしょうか? オラクルがその答えです。

ブロックチェーンのオラクルは、分散型および中央集権型の経済の間でリアルタイムの相互作用を可能にし、取引所、dApps、DEXes、および他の暗号ツールが現実のイベントや問題に対する解決策を提供できるようにします。

したがって、オラクルはブロックチェーンネットワークが従来のクラウドシステムやサーバー上でデータを受け取り、実行できるようにします。 

what are blockchain oracles

なぜ私たちはブロックチェーンのオラクル技術が必要なのか?

ブロックチェーン内のオラクルは、一方で銀行口座、取引プラットフォーム、または送金などのオフチェーンプラットフォームと、分散型アプリケーション、共有台帳、取引所などのオンチェーンネットワークの間で適時なインタラクションをサポートしています。銀行口座へのビットコインの送金方法などが含まれます。

不正なエンティティや詐欺プログラムが蔓延する世界で、特に大きな金額の送金や機密情報の取り扱いにおいて、信頼は課題となります。

そのため、オラクルは信頼できる中間媒体を提供し、特定の基準が満たされると自動的にオンチェーンおよびオフチェーンの操作が実行される仕組みを提供します。これはエスクローのようなものですが、より大規模なスケールで行われます。

ブロックチェーンにおける初めてのオラクルは2012年にMakerDAOによって開発され、” ビットコイン オラクル “と呼ばれましたが、これはオフチェーンソースからのタイムリーな価格データを伝達することを目的としていました。

事実

ブロックチェーンのオラクルはどのように機能するのでしょうか?

ブロックチェーンオラクルは、データのやりとりのファシリテーターとしてスマートコントラクトを使用します。スマートコントラクトは、データを処理し、あらかじめ設定されたルールと条件に基づいてアクションを開始し、意図されたアクションのコースに導く、自動化と検証において重要な有用性を提供します

暗号通貨の文脈では、スマートコントラクトはトランザクションを遂行し、それらをブロックチェーンに登録する前にウォレット情報とリクエストを検証します。同じユーティリティは、中央集権的なサーバーやアプリケーションから情報を受信し、それに応じて特定のアクションを実行することで実現できます。

オラクルはハイブリッドスマートコントラクトを使用してリクエストを開始し、オフチェーンデータのタイプ、金額、およびソースを指定します。これらの情報はオンチェーンのオラクルコントラクトに渡されます。

オンチェーンのオラクルノードは、オフチェーンのオラクルノードとの相互作用のためにログイベントを作成し、要求されたデータを受信するために外部サーバーやアプリケーションにタスクを作成します。オフチェーンノードとサーバーの間の相互作用は、APIのように機能します。

最後に、データはオフチェーンノードで受け取られ、検証され、あらかじめ決められた活動を行うスマートコントラクト互換の情報に処理されます

how blockchain oracles work

オラクルのタイプ

暗号オラクルは、ノードとコントラクトからなる複雑な構造で、さまざまな方法でサービスとしてのブロックチェーンに力を与えます。ここでは、ブロックチェーンにおける主なオラクルの種類を紹介します。

インバウンドおよびアウトバウンド

このタイプのブロックチェーンオラクルは、オンチェーンネットワークとオフチェーンネットワークの間のデータの流れと方向を表します 

このように、インバウンドのオラクルは、現実世界からブロックチェーン構造へ情報を提供します。例えば、市場が一定の価格に達した場合、特定の暗号通貨を買ったり売ったりします。

一方で、アウトバウンド・オラクルはブロックチェーンから外部へデータを提供します。例えば、特定のdAppや暗号ゲームに関する更新や通知をユーザーのデバイスやプラットフォームに配信します。

inbound and outbound blockchain oracle

中央管理と分散管理

集中型および分散型オラクルは、ハイブリッドスマートコントラクトがデータを要求および受信するために相互作用する情報ソースを決定します

集中型オラクルは、外部データまたはオンチェーン検証を提供するための情報源を1つだけ関与させます。この集中型エンティティは、すべてのデータ要求とアクションの実装を主導します。

集中型オラクルのデメリットは、エラーが起こりやすいということです。つまり、この単一のエンティティが操作されたり侵害されたりすると、プロセス全体が無効になってしまうということです。これは、提示された事実の検証をさらに行うことなく、単一の情報源に依存しているようなものです。

一方、分散型オラクルでは、配信前に複数のノードを通じてデータを検証する必要があるため、より正確で効率的な配信が可能になります 

要するに、分散型オラクルのネットワークは共有型ネットワークに似ており、単一障害点のリスクを最小限に抑え、コンセンサスを行うことで信頼を促進します 

centralised vs decentralised blockchain oracles

ハードウェアとソフトウェア

ブロックチェーンにおけるこの種類のオラクルは、データソースの性質を指します 

ハードウェアオラクルは、物理的なデバイスやセンサー、例えばサーモスタット、モーションセンサー、無線周波数レシーバー、カメラなどからデータを配信し、情報を提供します。これらの有形ソースは、順番にデータを分析し、オフチェーンオラクルノードのような他のアプリケーションにデータを送信します。

一方、ソフトウェアのオラクルは、サーバー、ウェブサイト、為替レート、旅行レート、ホテルレートなどのデジタルソースからデータを提供します。こうしたソースから提供された情報は、要求されるたびにオフチェーンノードに伝えられ、さらに検証され、スマートコントラクトと互換性を持つように再フォーマットされます 

ブロックチェーンオラクルの実際の使用例

ブロックチェーンオラクルは、分散型エコシステムの利点を拡張し、現実世界でスマートコントラクトとブロックチェーンの機能を適用する新しい方法を探ります。

保険: ブロックチェーンオラクルはハードウェアとデジタルソースを使用して、車両やフライトの保険請求を検証できます。したがって、オラクルは気象アプリケーションや車両の動きセンサーに依存して保険請求のデータを提供します。

不動産: 資産や物件はトークン化され、スマートコントラクトに結びつけられる可能性があります。カウンターパーティが支払いとその他の必要な書類を提供すると、スマートコントラクトは入力情報を検証し、所有権の移転を進めます。

取引の自動化: オラクルは特定のブロックチェーンアクティビティやコインの価格動向を追跡し、それに応じて買い注文または売り注文を実行するために使用できます。例えば、ソフトウェアオラクルは暗号通貨クジラのウォレット活動を追跡し、事前に決められた基準と行動方針に基づいてユーザーに通知を行ったり、取引を行ったりできます。

use cases of blockchain oracles

ブロックチェーンオラクルの課題は何ですか?

オラクル技術の自動化と検証機能は、操作やデータの不整合性に対して脆弱であり、これがブロックチェーンオラクルの主なリスクです。

たとえば、インバウンド通信には市場価格とセンチメントを追跡して通知を生成したり取引を実行したりする必要があります。しかし、悪意あるアクターやボットは市場を操作し、大量の注文を出して価格を上昇させ、スマートコントラクトが正確でない取引を完了させる可能性があります。

フロントランニング、デフィサンドイッチ攻撃ウォッシュトレーディングランピングなど、市場を偽のセンチメントを作り出すためのさまざまな方法があります。これは特定の資産の需要を人工的に高めて価格を押し上げることを意図しています。

まとめ

ブロックチェーンオラクルは、分散型および中央集権型のプラットフォーム間の相互作用を促進するツールであり、さまざまな種類のアプリケーションやサーバーが通信し、特定の活動を実行できるようにします

これには、資産のトークン化および、取引相手を信頼することなく購入プロセスをより信頼性が高く効率的にするスマートコントラクトの作成が含まれます。分散型オラクルサービスでは、複数のノードを使用して要求されたデータを検証するため、単一障害点を持つ集中型オラクルよりも信頼性が高くなります。

したがって、ブロックチェーンのオラクル技術によって提供される拡張ユースケースは、さまざまな操作や偽情報にさらされる可能性があるため、慎重に検討する必要があります

最新の記事

Getting Ready for The Highly Anticipated FMPS 2024
Bringing Our Payment Solutions To The Finance Magnates Pacific Summit
10.06.2024
Suiting Up For Crypto Discussions at The Massive Token 2049
Token 2049 Singapore is Around The Corner – Here Are Our Plans
10.06.2024
B2BinPay Suits Up for Money Expo India 2024!
B2BinPay is Good to Go at Money Expo India 2024! 
05.06.2024
B2BiPay v20 update
B2BinPay v20 – TRXステーキングと幅広いブロックチェーンサポートによる機能強化