How Wrapping Coins Solves a Cross-Chain Problem

クロスチェーン問題においてラップドコインがどのような解決策となり得るのか

Reading time

ブロックチェーンテクノロジーの発端は2009年に初めて登場したBitcoinと共にあり、たった15年という短い歴史にもかかわらずブロックチェーン市場は急速に進歩しつつ分散型金融の中核となる方式に数多くの反復が導入されました。古典的なブロックチェーンテクノロジーの出現により代替支払いシステム、コンセンサス アルゴリズム、処理速度、その他のバリエーションなど数多くのイノベーションを提供しています。

その結果として現在の仮想通貨市場には1,000以上のブロックチェーンプラットフォームが独自の特性と方法論を備えていることから、ブロックチェーンの相互運用性は仮想通貨業界において一般的な問題として見なされています。

そこで、この記事ではクロスチェーンの問題を解決しつつユーザーが制限なくブロックチェーンネットワークを楽しめるようにする最も実用的なテクノロジーの1つであるラップドコインのについて説明していきます。

重要なポイント

  1. 仮想通貨ラッピングとは個人が様々なブロックチェーンプラットフォーム間で仮想通貨コインを使用できるようにする為の新たなテクノロジーの1つです。
  2. ラップドトークンは対応する資金を受け取った後に、ラップドコインを鋳造するカストディアンを通じて作成されます。
  3. ラップドトークンとオリジナルトークンは永続的に相互にペグされていることから、常に互いに等しくなるように設計されています。
  4. ラップドコインは主にクロスチェーンの活動、選択の自由、市場全体の流動性などを高めます。
  5. カストディアンやサードパーティのプロセスへの依存によっては、仮想通貨ラッピングが脆弱になる場合もあります。

ブロックチェーンの相互運用性の問題

ラップドトークンの性質について説明する前に、まずはブロックチェーンの相互運用性の問題を理解することが重要です。BitcoinやEthereumなどの初期のレイヤー1ネットワークでは分散化や匿名性に対する同様のアプローチを共有していましたが、こちらは全く異なるシステム、アーキテクチャ、プロトコルを通じて開発されることで“相互的通信”として情報や資産を交換する効果的な手段がなくなります。

The Cross-Chain Problem of Layer-1 Networks

つまり、レイヤー1ネットワークとほとんどのレイヤー2ネットワーク市場に存在するものには、情報を共有するためのソリューションが組み込まれていません。これはあまり大きな問題ではないように思えるかもしれませんが、クロスチェーンの相互運用性の欠如によって単一のプラットフォーム下でのユーザーの資金やその他の資産が制限されたり選択の自由の大幅な減少などに繋がります。

この問題を解決するにはその他の方法としてはブリッジ APIやその他のサードパーティソリューションを使用する方法が挙げられますが、これらの方法でも何らかの問題が発生する場合も十分にあります。異なるブロックチェーンを接続するデジタルブリッジは、サイバーセキュリティの観点においては黄色信号であることが実際に証明されています。

ブロックチェーン使用者はここ10年間の大部分に渡って信頼できるソリューションを常に探してきましたが、ラップドコインの登場によって同業界は遂にこの課題を克服できるかもしれません。

ラップドトークンの主な目的は何ですか?

ラップドトークンはBitgo、Ren、Kyber Networkの3つの別々の企業が同様のアイデアを思いついた2019年に導入されました。ラップドトークンの主な概念としては、ERC-20やTRC-20などのその他のプロトコルで機能的に同一のBitcoinを作成することで、個人が他のブロックチェーンプラットフォームでもBTCを効果的に使用できるようにすることでした。

スマートコントラクト機能のおかげで、開発者はラッピングプロセスを自動化することが出来るようになりました。その結果、2019年にはWBTCと呼ばれるラップされたBitcoinが誕生しました。

また、スマートコントラクト機能によってWBTCが常に正確に1 BTCコインに等しいことが保証されます。さらには有害な裁定取引やユーザーの損失が発生する可能性が限りなく排除されます。

The Purpose of Wrapping Crypto Coins

上記のメリットを組み合わせることで、重大な複雑化やセキュリティ上の懸念を伴うことなくクロスチェーンされるトークンが作成されます。ラップドコインの鋳造プロセスはお世辞にもシームレスとは言い難いですが、ネイティブトークンを購入せずに新しいチェーンに最も安全かつ信頼して入ることが出来る方法となっています。

ラップドビットコイントークンの処理に関するクイック ガイド

BTCやその他のトークンをラッピングするプロセスは比較的簡単であり、ユーザーがラッピングプロセスを開始して対応する金額のラッピングされた暗号資産を受け取ることができるプラットフォームは現在数多く存在しています。現時点においてはBitcoinが市場で最も人気のある選択肢であるため、ここではWBTCトークンの鋳造やラッピングプロセスを主に説明していきます。実際にその他のトークンで使用されるラッピング技術は実質的にはWBTCと同じですが、細かく言えば少しばかり異なる点があります。

BTCコインをラッピングする方法

BTCトークンをラッピングするには集中型取引所に参加するか、分散型カストディアンを利用する必要があります。どちらの場合においてもユーザーはBTCをそれぞれのカストディアンに送金する必要があり、その後に管理者は受け取った資金を効果的に保管してラップドコインを鋳造するための機能的な予備を作成します。

How to Wrap BTC Tokens

次のステップとして、カストディアンがスマートコントラクトを通じて鋳造プロセスを開始します。スマートコントラクトは正確な1:1の鋳造プロセスを可能にすることから、デジタル金庫に保管されているBTCコインと同等のWBTCの作成のみが可能になります。 ブロックチェーンネットワークにおいて、自動のペギングプロトコルはユーザーを有害な裁定取引やサンドイッチ攻撃から保護してくれます。

WBTCが正常に鋳造されると、ユーザーは指定されたウォレットに対応する金額を受け取ることができます。その後は、ERC-20およびTRC-20ネットワークで制限なくWBTCを自由に使用できるようになります。

WBTCのラッピングの解除方法

WBTCコインにはより幅広い用途が考えられますが、ある時にふとユーザーはそれを元のコインで回収したいと思うかもしれません。その様な場合では、ユーザーまたは販売者はそれぞれのカストディアンに対して書き込みリクエストを開始します。その結果、管理者は対応するBTCを流通から永久に削除してデジタル保管庫に残っている予備コインを解放します。

鋳造と焼却の操作は比較的簡単ですが、これらは全て管理者の信頼性に依存しています。結局のところ、ほとんどの人は仮想通貨トークンの分散化と匿名性を重視していることから、ラッピングアプローチを取り入れることで匿名性の低下に繋がります。この問題を軽減するためにも、ブロックチェーンコミュニティはカストディアンとサードパーティ販売者の選択を監督する分散型自律組織 (DAOs) を作成しました。

DAOの登場によって精査され実績のある保管者のみがラッピング用の基礎となる資産を保護でき、スマートコントラクト内でのラップドトークンの価値の改ざんなどを防ぐことができます。ただし、ラッピング技術は依然として人間の警戒心とプロフェッショナリズムに依存しているため、現段階においてこのプロセスは完璧には程遠いものです。

様々なタイプのラップドトークン

現在の仮想通貨市場においてもラッピング技術は比較的新しい技術であるため、ユーザーが利用できるオプションはかなり限られています。ただし、ほとんどの主流ネットワークは新興のラッピング技術をサポートしようとしているのも事実です。ここで注目すべきトークンにはラップドEthereum (wETH)、ラップドBNB (WBNB)、ラップドDOGE (WDoge) 、ラップドTRON (WTRX) などが挙げられます。現在の時点におけるこれらのWBTC代替手段のほとんどは、先ほど紹介した仮想通貨のラッピングとラッピング解除に関して同じアプローチを共有しています。

Biggest Wrapped Coins by Market Cap

実際には上記の様な代替ラップドコインの人気が高まってきていますが、現在でもWBTCが時価総額70億ドル近くで依然としてトップの地位を堅持しています。これは主にBitcoinが依然として暗号通貨全体の中で最も信頼できる安定した通貨であるという世間の認識によるものでしょう。

実際にこのような多くの通貨を様々なネットワークで取引できる可能性は非常に魅力的であり、それが原因でWBTCがオリジナルとほぼ変わらず市場を征服できるようになりました。BTCが持つ高い安定性とEthereumが持つ技術的に高度なネットワークを使用するような複数のメリットの組み合わせは仮想通貨市場では比類のないものであることから、その他のラップドコインが現在のWBTCに対抗するために競争力のある機能を今度導入できるかどうかを見ていくのは非常に楽しみです。

ラップドNFTトークン

WBTCの最も明確な代替手段となるラップドNFTトークンは、NFT市場において全く異なる目的を果たします。近年のNFTは非常に困難な道のりを経験しており、2021年の仮想通貨ブームの後は時価総額のほとんどを失っています。現在のNFTはアート作品をデジタル化することで、クリエイターがその作品から完全な利益を受け取ることができるようにするという当初の前提に立ち戻りつつあります。

ラッピングプロセスはNFTには最適であり、所有者は事実上あらゆるネットワークでコンテンツを販売できることから、所有者は様々なブロックチェーンからロイヤルティを受け取ったりアート作品をデジタル保管庫に保管することで所有権のセキュリティを高めることができます。その結果、ラッピングはNFT所有者にとって支配的な戦略としてターゲットユーザーを自然に増やすことができます。

コインをラッピングするメリット

ここまで聞くとラッピングプロセスはあまり大したことのように思えるかもしれませんが、このテクノロジーによって確実に仮想通貨全体の範囲と自由度が大幅に高まります。以前であれば、ユーザーは単一のネットワークに制限されるか別のアカウントを設定するかクロスチェーンの為に疑わしいブリッジAPIを利用する必要がありましたが、ラッピングを使用することで複数のネットワーク間の移動がシームレスになることから関係者全員が何らかの利益を手にすることができます。

Advantages of Wrapping Crypto Coins

相互運用性の問題の解決

上記ですでに説明したように、ブロックチェーンにおいて相互運用性はこれまでに長年解決することが出来なかった問題のトップとして君臨していました。以前までは多額の取引費用なしでポートフォリオの多様化を行うことは非常に難しく、目的の暗号資産は個別に購入する必要がありましたが、ラッピング技術によってユーザーは大きなトラブルや膨大なコストを発生させることなく複数のネットワーク間で資金を移動することが出来るようになりました。

ユーザーは特定のコインを購入してそれをラッピングすることで様々なネットワーク間で利用できるため、わざわざ異なるトークンを選択する必要がなくなりました。さらにこの戦略は異なるERCプロトコルでも使用できるように変換されるためにBTCにおいても非常に重宝されています。さらに仮想通貨のラッピングが持つ高い効率性により、ユーザーは市場における一刻を争う機会を迅速に活用できるようになりました。

最後になりますが、相互運用性によってユーザーはローンの受け取り、ステーキングプロセスへの参加、様々なDAOコミュニティへの参加等のいずれかの目的においては担保としてラップドコインを様々なネットワークにステーキングできるようになります。

市場全体の流動性の向上

ラッピングプロセスは仮想通貨ユーザーの個人的な利益とは別にブロックチェーン全体の流動性も高めます。ここではトレーダーや企業が様々なチェーン間を自由に移動できるため、市場により多くの買い手と売り手が存在することからあらゆる面における流動性のレベルが高まります。

ここでは技術的な制限がなくなるため、最小限の遅延とより狭いスプレッドマージンでのトークンの売買がより簡単に行えるようになります。

流動性または流動性の欠如は依然としてこの分野における最大の課題であり、今でも多くのコインが健全な流通量を維持するのに苦労しています。同業界全体の課題に対する決定的な解決策としては仮想通貨のスワッピングが挙げられます。

基本概要

仮想通貨ラッピングの制限

仮想通貨ラッピングの重大な欠点としては規制上の考慮事項、普遍的な標準の欠如、セキュリティ上の懸念などが挙げられます。現在のラッピングプロセスはまだ初期段階にあることからこの技術に影響を与える規制はまだ見つかってはいませんが、これから仮想通貨ラッピングが世界中の規制機関から何らかの制限を受けるかどうかは誰にも分かりません。

Crypto Wrapping Downsides

さらに、ラッピングプロセスは様々なプラットフォーム下において標準化されていないことから、コインのラッピングはどのプラットフォームでも簡単なプロセスではなくなり上に挙げたメリットの多くが相殺されてしまいます。多くのネットワークはこの方法論を採用していないため、一般的なトークンにおいては利用可能なラップバージョンが制限されています。

ラッピングが同市場で支配的な地位を獲得するかどうかはまだ議論の余地がありますが、人気のあるネットワークはこのテクノロジーの採用を余儀なくされています。これから実際にラッピングが異なるネットワークを同時に利用するための実行可能な代替手段となるかは非常に見ものです。

最後に、ラップドトークンの仕組みにおいてはブロックチェーンの分散化という点で本質的な欠陥があります。ラップドトークンを受け取るには仮想通貨の管理者に接続することが必須であり、ユーザーの資金は中央の第三者を経由する必要があるためにこのプロセスは未だに集中化を意味しています。現在のラップドトークンの開発ソリューションはこの重大な問題をまだ解決していないことから、多くの企業がラッピングの分散型への働きに取り組んでいます。

ラップドトークンへの投資は良い考えですか?

上記の利点と制限があるため、このラッピング方法が大成功となるか、それともブロックチェーンの歴史に残る脚注となるかは明らかではありません。 したがって、ラップされたコインがトレーダーにとって信頼できる長期投資であるかどうかを判断するのは困難です。 現在、WBTC コインと WBNB コインは着実に成長しており、毎月勢いが増しています。

しかし、このラッピング方法の市場全体の状況には一貫性がなく、多くのネットワークがこのテクノロジーを回避しています。 根底にある技術的な複雑さを解決するには、ラップされたコインが十分な勢いを蓄積する必要があります。 その結果、市場参加者は分散型の代替手段に取り組み、分散型の問題を解決しようとする意欲が高まるでしょう。

これからのラップドコインの法的側面は予測不可能ですが、自動化されたプロトコルにより多くのセキュリティ上の懸念が解消されるためにコアテクノロジーは最大限のコンプライアンスに達することが約束されていることから、この技術をサポートしているネットワークはほんの一握りであり短期的に見ればラップドコインの利用は実際の用途が限られています。

このように使用範囲が限られているにもかかわらず、ラップドコインはスマートコントラクトや様々なブロックチェーンネットワークのその他の貴重な機能を使用したいBTCユーザーにとっては非常に素晴らしいオプションと言えるでしょう。

まとめ

コインのラッピングは仮想通貨シーン全体に広まりつつある非常に魅力的な新技術であり、仮想通貨愛好家はラッピング技術が持つ機能の向上、選択の自由、ネットワーク効率の向上を大いに歓迎しています。ラッピングによってこれら3つの改善点が全て提供されることで、国際市場全体において流動性が向上するというさらなるメリットも追加されます。

しかし、ラッピング技術のセキュリティ、規制、導入、信頼性のペギングに関しては未だに多くの改善点が残っています。これらの問題のほとんどはコアのラッピングプロセスを磨きながら改善を導入することで解決できますが、実際に現在の状況ではそのような改善を促進するほどの包装方法に市場が十分な関心を持っているかどうかは不明です。

これからラッピング技術が否定できないほど勢いを得て暗号通貨市場を征服するのか、それともその可能性を最大限に発揮できずに代替手段として留まっていくのかは誰にも分かりません。

よくある質問

ラップドコインとは何ですか?

ラップドコインとはERC-20およびTRC-20プロトコルで実行される一般的なブロックチェーントークンの代替バージョンです。

ラップドコインの主なメリットとデメリットは何ですか?

メリットとしてはラップドコインは様々なネットワーク間で使用できるため、ユーザーの選択の自由が高まり市場全体の流動性の向上に繋がります。デメリットとしては、このテクノロジーは依然としてサードパーティに依存していることから現段階では多くのネットワークでサポートされていません。

ラップドBTCとBTCのメリットは何ですか?

以前ではBTCユーザーに対して閉鎖されていたEthereumプラットフォームにてラップドBTCが使用できるため、ユーザーはETH自体を購入することなくEthereumのスマートコントラクトやその他のメリットにもアクセスできるようになります。

最新の記事

B2BinPay at Bitcoin Asia Hong Kong 2024 Expo
B2BinPay to Attend Bitcoin Asia Hong Kong 2024 Expo
17.04.2024
B2BinPay at Latam Family Office Announcement Summit
B2BinPay Fosters Global Connections at Latam Family Office Investment Summit
15.04.2024
best multicurrency crypto wallet in 2024
2024年、暗号資産に最適なマルチカレンシー・ウォレットを見つける方法
教育 10.04.2024
White-label Crypto Payment Gateway
ホワイトラベル暗号支払いゲートウェイとは何ですか?
教育 09.04.2024