how to accept crypto payments on website

オンラインビジネスにおいて暗号通貨支払いを受け入れるにはどうすればよいか?

Reading time

暗号通貨の世界はこれまでに多くの変革、成長、低迷を経験してきましたが、最近の混乱にもかかわらず同業界はついに成熟期に入り2023年第3四半期の時点で目覚ましい年間成長率を記録していることから、一般消費者は暗号通貨ソリューションに対する信頼を再構築している今こそが大きなチャンスになります。

適切なツールを取り入れることで、新興企業も既存企業も成長する暗号通貨ユーザー市場に迅速に参入することで新たな収益源を獲得することができます。企業が暗号通貨による支払いを受け入れるべき理由は数多くありますが、適切な支払いゲートウェイを選択するには慎重な検討が必要になります。

重要なポイント

  1. 2023年の暗号通貨市場の復活によって、再び暗号通貨取引が国境を越えた支払い方法として普及し始めました。
  2. 暗号通貨支払いの導入により、全く新しい収益源と有利な成長機会の信頼できる源となっています。
  3. 暗号通貨支払いの実装はそんなに難しいことではありませんが、最適なものを探すには慎重な検討と優れた実行が必要になります。

暗号通貨支払い処理業者について

暗号通貨による支払いの受け入れについて詳しく説明する前に、まずは支払い処理業者についての理解を深めることが非常に重要です。支払いゲートウェイとしても知られるこれらの有益なAPIツールを使用することで暗号通貨支払いオプションをシームレスに統合することができます。これらは社内ソフトウェアソリューションを構築するための時間とリソースがない多くの中小企業に最適なソリューションとなります。

以前までの仮想通貨決済ゲートウェイの統合は主に資金に余裕のある大規模企業であっても非常に複雑な手順でしたが、2023年の支払い処理プロセスは大幅に合理化および簡素化されるようになりました。実際にはデジタルプロバイダーが購入またはレンタル可能なその他のAPIツールと同様に機能することから、企業のトップが暗号化決済ソリューションを導入するために基礎となるテクノロジーに精通する必要はありません。ここでは信頼できるプロバイダーを迅速に見つけることで、技術的な複雑さを伴うことなく統合プロセスを実行することが可能になります。

市場には多くの暗号プロセッサが存在していて様々な料金プラン、帯域幅、暗号通貨オプション、その他の高度な機能などを提供しています。ここでの選択肢はほぼ無限であることから企業は現地の規制、顧客の需要、拡張要件に対応した最適なソリューションを選ぶことが出来ます。

暗号通貨決済を導入するメリット

これまでにすでに多くの暗号通貨決済ゲートウェイが中小企業に向けて簡素化されてきましたが、今でも多くの企業が「なぜ暗号通貨決済を受け入れることが得策なのか?」という疑問を抱いています。その疑問に対する答えは大きく分けて3つありますが、まずは加盟店の即時取引手数料がクレジットカードなどの従来の支払いソリューションよりも大幅に低くなる点です。ほとんどの場合において、暗号通貨決済ゲートウェイの請求額は一般的なクレジットカード手数料の3分の1ほどになります。

2つ目は、企業が暗号通貨の顧客ベースを最大化することで地域の経済的限界を超えてより速く成長することができる点です。顧客が暗号通貨ゲートウェイでの支払いを行う場合には法定通貨取引よりもはるかに低コストであり、支払いはほんの一瞬で完了します。3つ目は国境を越えた支払いシステムを構築するために企業が数多くの規制、国際法、制限に対処する必要がなくなる点です。

したがって、暗号決済プロセッサの実装によって顧客側と企業側の双方において作業がより簡素化されるのです。ここでの最大の懸念としては業界全体の成功と将来の発展が挙げられますが、2023年の時点で同分野は着実な成長率を示していることから今後数年間もそれが継続する可能性が非常に高いです。

ウェブサイトで暗号通貨支払いを受け入れるにはどうすればよいですか?

すでに説明したように、暗号通貨支払いAPIをオンラインプラットフォームに統合することでこの作業がはるかに簡単に行えるようになりました。ただし、この作業には依然として複雑さがあることから慎重な検討が必要にあります。以下では、暗号通貨決済ゲートウェイを適切に実装するためのいくつかの重要なステップを見ていきましょう。

ステップ # 1 – 暗号通貨支払いの規制とニーズを特定する

何よりも重要な点として、企業は暗号通貨取引に関連する制限を理解する必要があります。2023年では全ての主権主体は仮想通貨に対処するある程度の法律と規制を策定しており、一部の国では経済的および政治的理由によって特定の暗号通貨を禁止している国もあります。さらに、一部の国では取引量や特定のテクノロジーが制限されている国もあります。

したがって、暗号通貨決済ゲートウェイの実装の際には現在の住居地域でできることとできないことを事前にしっかりと把握しておくことが非常に重要です。暗号通貨取引に関する様々な主権法やガイドラインを文書化したリソースは豊富に存在していますが、地元の弁護士や専門家に相談することを強くお勧めします。こうすることで、企業は暗号通貨支払いに関連する計画に法的介入の可能性が完全にないことを保証できます。

ステップ # 2 –  ビジネス用の暗号通貨ウォレットまたはゲートウェイの購入

法的整備が整ったら、次は支払い処理業者が独自のニーズに応えて最適な暗号通貨を見つけます。すでに上記で概説したように同市場には多くの暗号通貨支払いゲートウェイ、ウォレットの選択肢、様々な料金プラン、トランザクション、 メカニズム、デジタル機能、アクセシビリティのオプションで溢れていますが、それぞれの企業が持つ独自の状況、予算制限、KPIなどを考慮しなければならない為に明確な選択肢などは存在しません。

ここでの最善のアプローチとしては、暗号通貨決済を導入するためのビジネスプランを検討した上でいくつかの質問を投げかけることです。予想される取引量はどれくらいで、どの暗号通貨を実装したいかやどの程度のキャッシュフローの流動性が可能なのかなどの質問によって、同市場において企業が最適な選択肢を特定するのに役立ちます。

ステップ # 3 – ゲートウェイを金融ソフトウェアに接続する

ほとんどのゲートウェイとウォレットソリューションにはアクセス可能な暗号決済APIが備わっているため、それらをプライベートな金融ソフトウェアに接続するのはそれほど難しいことではありませんが、ここではアクセシビリティと効率が重要となります。つまり、暗号通貨支払いゲートウェイとプライマリアカウント間における継続的かつ迅速なキャッシュフローの確保が大切になります。

そしてスムーズなソフトウェアの接続によって、企業は取引量をシームレスに監視できて重要な調整を迅速に行うことができます。適切なレポートや会計はあらゆるビジネスにとっても必要不可欠であることから、適切に接続された暗号決済APIによって仕事がはるかに簡単になります。

ステップ # 4 – 暗号通貨支払いを便利に提供する

上記で概説した全ての技術的側面に対処した後は顧客ベースにシームレスな暗号決済サービスを作成する工程に入ります。最高のオンラインプラットフォームやストアにはスムーズな支払いオプションが備わっていることから顧客は多数の選択肢、アンケート、データ入力を行うことなく取引をスムーズに行うことができます。理想で言えば暗号通貨支払いの実行は2段階のプロセスで行われるべきであり、ユーザーは希望する製品またはサービスを選択してウォレットに接続するだけで取引を実行できるようになるべきなのです。

プロセスがこれ以上複雑であると言うことは、そのシステムがもっと合理化される必要があることを意味しています。暗号通貨支払いゲートウェイはトランザクションを簡素化するために作成されたものであることから、適切かつスムーズなユーザーインターフェースによってその有効性をサポートすることが特に重要になります。

ステップ # 5 – 暗号通貨の変換オプションの実装

最後のステップとしては、受け取った暗号資金の流動性を保ちながら各ビジネスニーズに合わせた良いバランスを保つことです。最も安定した暗号通貨であっても、結局のところ暗号世界は非常に不安定で重大な市場リスクを含んでいることを忘れないでください。仮想通貨資金を定期的に現金準備金に変換することは事実上必要であることから、企業は暗号資産を積極的に循環させて資産ポートフォリオ全体のリスクを軽減する健全な仮想通貨と法定通貨のバランスを維持する必要があります。

まとめ

現代では中小企業が最適な暗号通貨支払いゲートウェイを取得して受け入れることは主流の戦略になりつつあることから、官僚主義に圧倒されずに地元市場を迅速に越えていくための素晴らしい機会となります。さらに現在では多くの顧客がオンラインショッピングにて暗号通貨を利用していることから、暗号通貨による支払いを受け入れる事は企業と顧客の双方にとって非常に有利となることから、今すぐこの事業に投資して支払いオプションを広げることを強くお勧めします。

最新の記事

Getting Ready for The Highly Anticipated FMPS 2024
Bringing Our Payment Solutions To The Finance Magnates Pacific Summit
10.06.2024
Suiting Up For Crypto Discussions at The Massive Token 2049
Token 2049 Singapore is Around The Corner – Here Are Our Plans
10.06.2024
B2BinPay Suits Up for Money Expo India 2024!
B2BinPay is Good to Go at Money Expo India 2024! 
05.06.2024
B2BiPay v20 update
B2BinPay v20 – TRXステーキングと幅広いブロックチェーンサポートによる機能強化