Benefits of using crypto payments for business

2024年のビジネスにおいて暗号通貨決済を使用するメリット

Reading time

近年による高まる暗号通貨の人気によって、個人ユーザーと商用ユーザーの両方が暗号通貨がもたらすメリットを享受することができます。企業に向けた暗号通貨決済について学ぶことで、この革新的な決済システムをまだ活用していない競合他社と比較した場合にあなたのビジネスに大きな優位性をもたらすことができます。

もしあなたの企業が将来の運用を保証しつつ暗号通貨決済が提供する全てのメリットを享受したいと考えているのであれば、今が従来の支払い方法の代替として仮想通貨決済を始める最も適した時期となるでしょう。このブログ記事ではビジネスに暗号通貨決済を使用した際の大きなメリットをいくつかを取り上げていきます。あなたのビジネスが暗号通貨決済を取り入れることで、どのように取引手数料を削減しつつ素早い支払いを行うことで新規顧客を獲得できるのかを学ぶことができます!

重要なポイント

  1. ますます人気が高まる暗号通貨はユーザーに高い安全性、高速、透明性のある取引を提供します。
  2. 暗号通貨の支払いは即時かつ安全で第三者の仲介業者が介入する必要ありません。
  3. 暗号通貨による支払いを受け入れる事で取引は高速化されて取引手数料は削減され、チャージバックもなくセキュリティがより強化されます。
  4. ブロックチェーンと暗号通貨による支払いはその高い効率性と安全性によって複数の分野で採用されています。

拡大する暗号通貨の受け入れ

近年では暗号通貨の人気が高まってきており、より多くの人々がBitcoin、Ethereum、Litecoinなどの暗号通貨を使った取引を行う事で同市場は成長し続けています。このデジタル通貨はブロックチェーン技術によってサポートされていることから、ユーザーは最小限の手数料で安全かつ高速で透明性のある取引を行うことが可能になります。暗号通貨エコシステムには様々な商取引に使用できるスマート コントラクトなどの金融取引の世界を超えた潜在的なアプリケーションが存在しています。

暗号通貨決済とは何ですか?

暗号通貨決済とは取引にデジタル通貨である暗号通貨を使用することを指しており、このタイプの決済システムを使用することでユーザーはブロックチェーンベースのプラットフォーム上でBitcoin、Ethereum、XRPなどのデジタル資産を取引に使用することができます。 通常であれば決済は瞬時に行われることから、銀行やクレジットカード業者などの第三者仲介業者の仲介は必要ありません。暗号通貨決済はブロックチェーンテクノロジーで動作するため、強化されたセキュリティによって全ての取引が安全に記録されます。

暗号通貨を使用して支払いを処理する方法は安全かつ効率的な方法でトランザクションはブロックチェーン上で処理されることから、処理されたトランザクションを変更したり元に戻したりすることはできません。誰かが暗号通貨を使用して支払いを行うと、第三者の仲介者を必要とせずにそのウォレットから受取人のウォレットに資金が直接送金されます。全てのトランザクションはブロックチェーン上で処理されるために非常に安全であり、外部からハッキングや偽造が行われることはほぼ不可能です。

顧客が暗号通貨での支払いを希望する場合にはウォレットの識別子として機能するウォレットアドレスを提供した後に、顧客は必要な量の暗号通貨を自分のウォレットから受信者のウォレットへと送ります。トランザクションが始まるとトランザクションはコンピュータのネットワークに送信され、トランザクションが確認される前に全てが正しいかどうかが検証されます。検証された支払いはブロックチェーンとして知られる公開台帳に記録されますが、その後はそれを取り消したり変更したりすることはできません。通常であればこのプロセスには数分しかかからず、顧客は迅速に自身の支払いを行うことができます。

世間への暗号通貨の受け入れが進むにつれて、より多くの企業が暗号通貨決済のメリットを模索するようになりました。

企業が暗号通貨決済を取り入れるメリット

暗号通貨決済を受け入れた企業はデビット/クレジットカードや銀行振込のみに依存する競合他社に対して優位性を得ることができます。以下では、暗号通貨決済がもたらすいくつかのメリットを紹介します:

取引手数料の削減

法外な手数料 (取引毎に2~3%) を課すクレジット カード会社などの決済方法とは異なり、暗号通貨では多くの場合においてかなり低いレート (場合によっては1%程度) が課せられており、一部の暗号通貨決済では手数料を支払わなくても良い場合もあります。暗号通貨決済を使用した取引は買い手と売り手の間で直接行われるため、銀行やクレジットカード業者などの仲介業者が存在しないたに企業が取引手数料を大幅に削減することができます。

トランザクション時間の短縮

従来の決済方法においては特に国境を越えた取引の処理には数日から何週間も必要としていましたが、暗号通貨決済を使用した取引には通常数分ほどで迅速かつ効率的な送金を行うことが出来ます。ほとんどのデジタル通貨を推進するブロックチェーン技術の分散構造によって暗号通貨取引はほぼ迅速に行われ、さらに中央集権的な仲介者が関与しないために迅速かつ安全な取引を行うことができます。

チャージバックなし

従来の決済システムでは取引の異議申し立てや返金の要求には費用と労力がかかる場合がありますが、暗号通貨取引はチャージバックの対象にはなりません。チャージバックとは行われた支払いへの取り消しや異議を唱えたりする行為を指しますが、チャージバックがないことで企業の安全性が高まり不正行為や何らかの問題が起きる可能性の軽減に繋がります。

強化されたセキュリティ

最先端の暗号化アルゴリズムにより、暗号通貨決済は比類のない安全なセキュリティをユーザーに提供します。従来の決済方法ではクレジットカード番号や請求先住所などの顧客の機密情報を収集して保存する必要があったために外部からのハッキングや詐欺に対しては非常に脆弱でしたが、幸いなことに暗号通貨決済では匿名の取引が可能であることから個人データを必要としません。これによってサイバー攻撃やデータ侵害の可能性が大幅に低減されることから、暗号通貨決済は企業にとって従来の決済方法よりもはるかに安全な選択肢となるのです。

金融包摂の拡大

世界銀行によれば14億もの人々が銀行口座、クレジットカード、ローンなどの基本的な金融サービスにアクセスできないことから、従来の決済方法では銀行口座を持っていない人々は従来の決済方法を使用する事が出来ませんでしたが、暗号通貨決済はインターネットに接続できる誰もが世界経済に参加できる事からより大きな金融包摂へと繋がっていきます。

企業が暗号通貨決済を受け入れることで、金融包摂を促進してより公平な世界経済をサポートすることができます。暗号通貨決済を使用することで個人は従来の銀行口座を必要とせずにお金の送受信、購入、金融サービスへのアクセスを行うことができることから、これは従来の銀行サービスにアクセスするのが難しい中小企業、起業家、不安定な金融システムを抱える国の人々など多くの人にとって非常に有益となります。

暗号通貨決済の採用と受け入れ

これからより多くの企業が暗号通貨決済を用いる際の様々なメリットを知る事で、さらなる暗号通貨決済の普及と受け入れがより一般的になっていくでしょう。

現代の企業は暗号通貨決済の計り知れない可能性を認識しつつあり、中小企業経営者の32%は自社のビジネスが仮想通貨を受け入れていると回答しました。暗号通貨決済の急激な人気の高まりに伴い、アメリカではBitcoinを使用した商品やサービスに毎日100万ドルという驚くべき額が費やされているのです!

企業が暗号通貨決済を受け入れることで顧客に対して便利かつ安全な決済システムを提供でき、それが新たな成長の機会となっていくのです。暗号決済は資金を国際的に送金する効率的な方法として世界経済の拡大を促進し、企業は顧客が現地通貨または暗号通貨で購入できるようにすることで地域市場への参入に繋がります。

さらに現代ではデジタルウォレットから日常の取引に暗号通貨を使用する人が増えているため、暗号通貨決済はより大きな顧客ベースへのアクセスを提供してくれます。これにより、企業は顧客にデジタル通貨で商品やサービスの代金を支払う簡単な方法を提供することで自社の売上を増やすことができます。

さらに、暗号通貨決済を受け入れる企業は暗号通貨ユーザーをターゲットとしたマーケティング活動を通じて自社の認知度を高めることが出来ます。顧客が暗号通貨決済を行う事で企業は市場で周りとの差別化を図ることができ、さらには新たな顧客を引き付けながら忠実なファン層の構築にも役立ちます。

ブロックチェーン技術の採用

ブロックチェーン技術と暗号通貨決済は金融や銀行医療、政府、教育などのあらゆる業界でますます人気が高まっています。法務業務ではブロックチェーンテクノロジーを使用して法的文書や契約書を安全に保存できたり、医療業界ではブロックチェーンテクノロジーを使用した患者データの安全な保管を行うことができます。

旅行業界では航空券やホテルの予約に暗号通貨を使用できたり、小売業界では従来の決済方法よりも低い手数料で迅速な支払いを受け入れることができます。

さらにマーケティング、会計、顧客サービス、ソフトウェア開発などの様々な分野の専門家は仲介者なしで資金を迅速に受け取ることができるなどの暗号通貨決済の恩恵を受けることができ、これによって従来の送金に伴う高い国際取引手数料の支払いなどが必要なくなります。

サプライチェーン管理においてもブロックチェーンや暗号通貨決済も現在注目を集めています。企業はブロックチェーン技術を使用して出荷をリアルタイムで追跡できることから、商品が時間通りに正確に配達されることを保証できます。ここでもたらされる透明性は配送に伴う遅延、エラー、コストの削減などに役立ちます。

医療業界では患者データを保護するためにブロックチェーンテクノロジーを活用できます。患者の記録を安全なプライベート台帳を使用して安全に保存することで担当者とのスムーズな共有にも繋がります。さらに、患者の機密情報が外部の第三者やハッカーに悪用される心配がなくなります。

つまり、ブロックチェーンテクノロジーと暗号通貨決済はどの分野の企業においてもその成長、効率性、顧客満足度を高める幅広い機会をもたらしてくれるのです。これらの強力なツールを活用してコストを削減しつつサービスを向上させることで市場での認知度を高めることができます。

大企業と暗号通貨

Microsoftは暗号通貨決済の受け入れを開始した大企業の1つであり、同社は2014年から顧客がBitcoinを使用して様々な製品やサービスを購入できるようにしています。さらに、2017年には“Azure Blockchain as a Service (BaaS)”も開始したことから、世界中の開発者がブロックチェーンテクノロジーに基づいたアプリケーションを構築できるようになりました。

暗号通貨決済を受け入れているもう1つの有名な企業はTeslaです。電気自動車などを販売するTeslaは大手自動車メーカーとしてはBitcoinとDoge決済を初めて採用した企業です。

その他にも暗号通貨決済を採用している会社はPayPalがあり、顧客はデジタルウォレットBitcoinやEthereumなどの一般的なコインで商品を購入できるようになりました。PayPalは暗号通貨決済を受け入れる最大手の企業の1つとなったことから、多くの企業がPayPalの後を追って暗号通貨決済を受け入れ始めました。

現代では非常に多くの企業が暗号通貨決済を採用しているため、企業はこのテクノロジーを自社の業務に統合することを検討する必要があります。以下では、このテクノロジーを上手く活用した事業の拡大方法を説明していきます。

事業運営への暗号通貨決済の統合

暗号通貨決済の統合を検討している企業は決済処理業者を通じて暗号通貨決済を統合することができます。決済処理業者とは企業の顧客の支払い、処理、管理を行うようにするオンラインサービスプロバイダーであり、このような決済処理業者はリアルタイムで取引を追跡するための安全なプラットフォームを提供します。企業に向けた最も人気のある支払い処理ソリューションにはBitpay、Coinbase Commerce、B2BinPayなどが挙げられます。

これらの各サービスは請求書発行、返金、簿記、カスタマーサポートなどの様々な機能を提供します。さらに、クレジットカードや銀行振込などの従来の決済方法と比較しても比較的安い取引手数料となります。

これらのソリューションに加えてユーザーが支払い中にコインを安全に保管できるウォレットもいくつかあり、これらのウォレットは顧客からの支払いの受け取りや処理に使用することができます。

既存の決済システムを使用する企業にとって、暗号通貨決済の統合は非常にシームレスなプロセスとなることでしょう。例えば、多くのe-コマースウェブサイトやショッピングカートでは企業が支払いを受け入れることができるプラグインが提供されていることから、チェックアウトページから直接暗号通貨決済を行うことができ、これによって顧客はそのウェブサイトから離れなくても簡単に暗号通貨決済に進むことができます。

さらに、企業はAPIやライブラリを使って既存の支払いシステムに暗号通貨決済を統合することもできます。これらのツールを使用すると、企業は自社のシステムを暗号通貨ウォレットサービスへと接続して顧客の支払いをリアルタイムで受け入れることができます。

企業が暗号通貨決済を受け入れる際に、まずは適用される全ての法律や規制を遵守する必要があります。これには税金への影響や記録保持に関する考慮事項の認識なども含まれます。

暗号通貨がさらに普及するにつれて各国の政府はこれらの資金の課税および報告方法に関する特定の規制を導入し始めていることから、企業が暗号通貨決済を受け入れる前に税務専門家などに相談することを強くお勧めします。これは企業が課税および報告要件に関して適用される全ての法律や規制を確実に遵守するのに役立つと共に、正確な会計記録を維持するためにも企業は暗号通貨取引の詳細な記録を保持する必要があります。

暗号通貨決済を検討している企業が行うべき最善措置

暗号通貨決済の統合を検討している企業は、以下にあるようないくつかの措置を行う必要があります:

  • 信頼できる暗号通貨決済処理業者を選択する
  • 最新の暗号化およびセキュリティであることを確認する
  • 全取引の詳細記録を保持する
  • 適用される全ての法律および規制を遵守する
  • 必要に応じてカスタマーサポートサービスを利用する

企業は上記の要因に従うことで暗号通貨決済を統合する際の安全性、準拠性の確保、テクノロジーが提供する機会活用などに役立てることが出来ます。

暗号通貨業界が進化するにつれて暗号通貨決済を自社の業務に統合する際の選択肢が増えており、今後数年間で暗号通貨は決済方法としてさらに必要とされると予想されていることから、これによって企業と顧客の双方における取引方法に大きな変化が生じる可能性があります。

暗号通貨決済を用いたビジネスの将来

暗号通貨決済テクノロジーの潜在的な進歩は計り知れず、例えばライトニングネットワークなどの分散型金融プロトコルを導入することで大幅な取引コストの削減や高速決済が行われます。さらに、EthereumのPlasmaのようなプロジェクトにおいて企業は独自のトークンを作成して管理できることで分散アプリケーション内での決済を容易に行うことができます。

CosmosやPolkadotなどのその他のプロジェクトは異なるブロックチェーンがより効率的に相互に通信できるようにする為の相互運用可能なブロックチェーンネットワークの構築を目指していることから、これによって様々なネットワーク間での決済の受け付けや処理プロセスがより合理化される可能性があります。

さらに、企業はステーブルコインによって暗号通貨を扱う際には安定性と予測可能性を持って取引できるようになりました。これらのコインは法定通貨やその他の資産に固定されているため、企業にとっては大いに信頼できるより魅力的なものと見なされています。

もう1つのユニークかつ有望なプロジェクトにはRipple (XRP)が挙げられます。これは高い効率性とスケーラビリティによって現在人気が高まっているオープンソースの暗号通貨で迅速かつ低コストの国際送金を容易にするために作成されました。XRPはその他の暗号通貨と比較してもBitcoinやEthereumよりも1000倍ほど高速なトランザクションの処理を行うことができるため、迅速かつ効率的な決済を促進したいと考えている企業にとっては非常に魅力的なオプションとなります。

速度とスケーラビリティの点だけでなく、Rippleはユーザー採用の点においても同業界をリードしています。実際世界中の大手銀行や金融機関がRippleのテクノロジーを決済ソリューションとして採用していることから、将来的には暗号通貨が合法的な決済方法として広く受け入れられる可能性があります。

規制と業界標準

これからさらに暗号通貨決済が普及するにつれて、各国の政府や規制機関は暗号通貨の支払いに関する特定の規制や基準を策定し始めています。これらの新しい規制は企業が持つデジタル通貨の扱い方に大きな影響を与える可能性があります。 例えばFinancial Action Task Force (FATF) は仮想資産サービスプロバイダーが顧客を知ることを要求するガイドライン(KYC) を実行することで不審なアクティビティを報告したりします。企業はこれらの規制に準拠し続けるためにも、暗号通貨決済を受け入れる際に追加のデューデリジェンスを行う必要がある場合があります。

さらに、Crypto Valley Associationなどの業界団体はトークン発行とブロックチェーンベースのビジネスモデルのための共通の標準とプロトコルの作成に取り組んでいることから、明確なガイドラインを設定することで暗号通貨分野での企業の運営をより容易にしたいと考えています。

暗号通貨が従来の決済システムを破壊する可能性は非常に大きく、デジタル資産の採用の増加に伴いより多くの企業が暗号通貨による支払いを受け入れ始めていることから、これは現在の銀行インフラストラクチャから中央集権的な組織に依存しないより分散型のシステムへの移行に繋がる大きな可能性となります。さらに、暗号通貨決済は従来の決済方法と比べても取引時間の短縮や手数料の削減などのいくつかのメリットが含まれています。

さらにブロックチェーンテクノロジーにより、全ての取引が不変の台帳に記録されるために不正行為が減少して透明性が高まります。つまり、暗号通貨がこれまでよりも速く安く安全になることで私たちの決済方法に新たな革命を起こすことが出来るのです。同業界が発展し続けるにつれて、近い将来より多くの企業がこのテクノロジーを採用することは大いに予想されています。

まとめ

2024年の同業界のさらなる進化につれて、より多くの企業が暗号通貨決済が提供できる潜在的なメリットを認識することで、暗号通貨決済の受け入れを開始することが大いに予想されています。そこで企業はこのような機会が実際に生じた際に、すぐにそれを活用できるように暗号通貨分野の発展に関する最新情報を常に入手しておく必要があります。ビジネスに暗号通貨決済を使用することで、長期的なメリットを享受できて今後数年間の自社のビジネスの成功に向けた態勢を整えることができます。

最新の記事

Polygon vs Avalanche - Why You Need These Scaling Solutions?
PolygonとAvalanche: 暗号取引でトップを取るのはどちらか?
教育 21.02.2024
Bitcoin vs Credit Cards: How Much Fees Do You Actually Pay?
ビットコインとクレジットカードの比較: 暗号通貨でどのくらい節約できるか?
教育 20.02.2024
Symmetric vs Asymmetric Encryption in Cryptography
暗号技術における対称暗号と非対称暗号の違い – クイック概要
教育 19.02.2024
Ways To Buy A Car With Crypto
暗号通貨で車を購入したいですか?BTCを支払いとして受け入れる主要ブランド
教育 16.02.2024