Accepting Bitcoin as Payment

Bitcoinを支払いとして受け入れるメリットは何ですか?

Reading time

暗号通貨を支払いに導入することで金融業界に新たな風を吹かすことができます。また企業の働き方、支払い方、報酬の受け取り方に対しても全く新しい流れが生まれるのです。

一般的にBitcoinのような暗号通貨はほとんどのオンラインビジネス、金融サービス、ゲーミングプラットフォームなどにおいて取引と価値の提供のための革新的なソリューションを提供します。

しかしながら一部の企業は依然としてクレジットカードや銀行振込といった昔ながらの支払い方法を使用することを好むでしょうが、新興企業などはすでに分散型支払いを採用していることから、あなたの会社でもBitcoinを支払いとして受け入れることでこれからどのように活用していけるかを説明していきます。

重要なポイント

  1. Bitcoinは現在最も人気のある暗号通貨であり、企業や個人にデジタル決済ソリューションを提供します。
  2. 暗号通貨の支払いを受け入れる企業はより低い手数料で即座に資金の送金や受け取りを行うことができます。
  3. Bitcoinを用いた取引では銀行や仲介金融サービスの手数料や為替レートは必要とされず、唯一払わなければならない料金としてはブロックチェーントランザクションを検証するユーザーに支払われるガス代があります。
  4. Bitcoinでの取引には暗号通貨ウォレットが必要です。ウォレットを使う事でユーザーは指定されたウォレットアドレスで資金を数分以内に送金することができます。

暗号通貨としてのBitcoinを理解する

まずは暗号通貨とは何かについて軽く説明します。暗号通貨とはブロックチェーン技術を使用してオンラインに保存されるデジタルマネーであり、これは2009年に分散型トランザクションを強化する最初の暗号通貨である“Bitcoin”として設立されました。

分散型金融とは銀行や政府などの中央機関に依存せずにピアツーピアネットワークを使用することから、これらの通貨は当事者間での直接的送金および即時で透明性のある送金が保証されるのです。

トランザクションはブロックチェーンテクノロジーに記録されますが、ブロックチェーンテクノロジーとは全ての暗号通貨の転送記録および追跡の公開台帳として表されます。さらにブロックチェーンエクスプローラーを使用することで、誰もが個人情報を開示することなく送金を確認することができます。

暗号通貨の取引にはトランザクション操作を主導するノードやスマートコントラクトの検証などの一連した高度なテクノロジーが含まれます。一方で、Bitcoinマイニングとは新しいBitcoinを作成して検索 (マイニング) する行為を指しています。

暗号通貨には様々な金銭的価値があってそれらは市場の需要、機能、使いやすさ、ニュースなどに応じて変化します。暗号通貨の評価には投機が重要な役割を果たしており、大手企業がBitcoin決済を導入したというニュースだけでそのコインの価格が急騰する可能性があります。

現在ではBitcoinが6,700億ドルを超えて暗号通貨の時価総額において頂点に立っています。その後はEthereum、Tether、Binance Coin、Rippleが続きます。

支払い方法としてのBTC

一般的にBitcoinは米ドルで通貨単位で表現されますが、その価値は通貨の需要と供給に応じて変化します。BTC価格の最初の急上昇は2017年末から12ヵ月の間で約1,000ドルから13,000ドル以上にまで跳ね上がりました。

Bitcoin価格のもう一つの顕著な高騰は2021年に起こりました。その際のコインの価値は同年初めから11月までに32,000ドルから68,000ドル以上にまで高騰しました。

今では複数の暗号通貨が存在していますが、これまでの価格上昇やより迅速で安全な取引を促進するために多くの企業がBitcoinでの支払いを受け入れるユースケースを考慮した場合、依然として最も強力かつ使用される暗号通貨はBitcoinとなるでしょう。

さらに、ユーザーはBitcoinを全額または端数で取引できます。例えば、1 BTC = 30,000ドルで600ドル相当のお金を送金したい場合には0.02 BTCを送金することができます。

Bitcoinでの送金以外にもATMやBitcoinの引き出しマシーンが複数の国で利用できるようになっています。Bitcoin ATMでは機械上のQRコードを読み取るだけでその法定通貨を引き出すのにどれほどのBitcoinが必要かを知ることが出来ます。

現在に至るまでBitcoinとブロックチェーン技術の創始者は不明のままですが、2008年からは“Satoshi Nakamoto(サトシ・ナカモト)”の名前で活動されています。

基本概要

どうやって暗号通貨を取引に使用しますか?

最近ではBTCでの取引がより一般的になってきていることから、企業は迅速な送金と安全なシステムを使用した暗号通貨支払いの受け入れが増え始めています。さらにブロックチェーン技術は従来の銀行とは異なり個人情報を要求しないため、匿名性を維持するためにもBTCでの送金を好むユーザーも多数います。

Bitcoinウォレットの作り方

暗号通貨を取引する前にまず必要になるのは、コインを保管する暗号通貨ウォレットです。現在ではMetaMaskCoinbaseB2Binpayなどの多くのウォレット プロバイダーが存在しており、ランダムに生成された12または24のコードフレーズ (シードフレーズ) を使用してアカウントを作成します。

トランザクションをより簡単かつ迅速にするためにも各プロバイダーはウェブサイト、モバイルアプリ、ブラウザ拡張機能としてウォレットを利用できるようにしています。

暗号通貨ウォレットはユーザーが選択したパスワードやシードフレーズを使用して保護されますが、各ウォレットにはそれぞれの通貨とそれに関連付けられたブロックチェーンに固有の26~62文字 (数字と文字) で構成される識別アドレスも備わっています。

Bitcoinを送信したい場合はすでに保有しているBTCに関連付けられたウォレットアドレスを送信するか、その他のユーザーにBTCウォレットのQRコードをスキャンしてもらう必要があります。

暗号通貨による支払いを受け入れたい場合は、受信者のウォレットアドレスをスキャンするか自分自身のウォレットでの手動操作が必要です。

Bitcoinの使用例

暗号通貨の普及によって、支払い方法としてデジタルマネーを中心とした分散型エコシステムが誕生しました。

現在の暗号通貨を扱う組織やサービスプロバイダーのほとんどは数週間でデフォルトになったり、ハッカーによってブロックチェーンが侵害される可能性がある新興コインとは異なってその価値やセキュリティシステムなどを考慮した上でBitcoinを主要通貨として提供しています。

さらに今では送金や受領以外にも様々な目的の為にBitcoinが使用されています。その一つとしては投資家や仮想通貨愛好家がBitcoinの価格とその高いボラティリティを投機して大きな利益を得る有力な取引の手段です。

その他のBitcoinの使用例としては手数料でお金を消費する仲介業者を使用せずに国境を越えた送金や、より多くのWeb 3.0プラットフォームと資産を考慮してデジタルクリエイターへの報酬や支払いに使用されています。

どのように暗号通貨取引は機能しますか?

暗号通貨の取引には以下のようないくつかの高度なテクノロジーが関係しています。

スマートコントラクトは特定の条件が満たされたときにトリガーされる機能であり、トランザクションを承認して十分なコインがあればスマートコントラクトによってトランザクションが差し引かれます。秘密キーを使用してそれらを暗号化することで受信者にメッセージを送信します。

受信者のウォレットでは送られてきたメッセージを復号化することで資金が受信者のアカウントに解放されます。

検証ノードとは指定された基準に基づいてトランザクションを承認する暗号コミュニティとマイナーで構成されるマシンとユーザーであり、検証プロセスは瞬間的に行われるために両方のウォレットにて金額が正しいことが確認されますが、その代わりにガス代と呼ばれる取引手数料を受け取ります。

支払い方法としてのBitcoin

従来の支払い方法としては、チェックアウト時にクレジットカードやデビットカードの情報を受け取ることでカードの詳細と購入内容が有効であることを確認します。

上記と同じように、Bitcoinを使った支払い方法はウォレット情報の正確性と送金する資金の利用可能性を確認するために使用されます。

企業はより低い取引手数料でピアツーピア送金を使用して高速な取引と検証プロセスを実現する為の最適なBitcoinの支払い方法を探しています。

支払い処理業者としてのBitcoin

トランザクションによる支払いが完了すると、次はそれを処理します。支払い処理業者はクレジットカード会社および銀行と通信して口座から資金を解放し、その後に支払い処理業者は販売者と通信して受取人にお金を転送します。

Bitcoinを用いた決済処理業者は分散型金融においてBinance、Coinbase、B2binpayなどは非常に重要な役割を果たしており、つまりこれらの会社を利用することで迅速かつ安全な暗号通貨を使った送金を介する取引が行えるようになります。

Bitcoin決済API

APIとはApplication Programming Interfaceの略であり、異なるアプリケーションやソース間の迅速な情報交換と通信を可能にします。さらに、このソフトウェアは様々なサービスを販売するオンラインストアやウェブサイトに革新的なソリューションを提供します。

暗号決済APIを使用することで、ユーザーがそのウェブページから離れることなくプラットフォームまたはウェブサイトでの暗号決済を行うことができます。これにより、トランザクションが高速化されてユーザーエクスペリエンスが向上します。

最適な暗号API統合を見つけることは非常に重要であり、プラットフォームの高速実行および正確な情報交換を支援して遅延や古い為替レートを回避することが可能になります。

Bitcoinのセキュリティに関する考慮事項

ほぼ全ての暗号通貨に言えることですが高いボラティリティと予測不可能性が経済に悪影響を与えると言うことであり、暗号通貨に対する規制緩和は中央銀行や政府に懸念を引き起こしており多くの国はこれらを法定証券として規制してはいません。

さらに、暗号通貨が持つ分散型の性質は銀行や中央当局の仕組みと矛盾しています。これらの中心的なエンティティはユーザー情報と銀行口座の詳細を収集して全ての取引がそれらを介して行われるためにより強力な制御と権限が与えられるのです。

一方で分散型経済は最小限のID開示でピアツーピアトランザクションを通じてユーザー間で権力を共有しつつ制御を分散することを目的としていることから、その為にユーザーは安全かつ透明性が高い迅速な金銭取引を行うことができます。

そして分散化によって個人のセキュリティが強化されているにもかかわらず、暗号通貨トランザクションとウォレットは過去数年間に渡っていくつかのハッキング攻撃を受けています。2023年10月までにハッキング攻撃によって7億3000万ドル以上相当の暗号通貨とトークンが盗まれており、2022年の被害総額は約34億ドルに上りました。

2023年の暗号通貨に関する考慮事項

多くのデジタル通貨は2022年に起きた市場暴落の後に少しは回復傾向にありましたが、それでも2023年は仮想通貨コミュニティにとって波乱万丈の年となりました。

米国の証券取引委員会 (SEC) はBitcoinを規制することでSEC当局の対象となる規制対象証券と見なす方向で取り組んでいますが、暗号通貨愛好家たちは暗号通貨の基本に矛盾するこの様な取り組みに強く反対しています。

今年の下半期において大手金融機関や投資会社はなんとか上場の承認を得ることができ、Ethereum先物やETF契約はBitwiseやProSharesなどのトレーディングデスクに位置しています。

このアプリケーションはBlackRockやFidelity Investmentsなどの大手投資会社のBitcoinスポットETFリストへの継続的なリクエストを考慮して作成されました。このイベントはBitcoinの価値にとって極めて重要であり、SECがこの申請を承認すればBitcoin価格も比例して上昇すると予想されます。

Bitcoinでの支払いを受け入れる必要がありますか?

暗号通貨支払いを受け入れるかどうかは各会社や事業運営によって異なってきますが、現在の傾向としては従来のクレジットカードやデビットカードよりもデジタル通貨を扱う傾向が高まっています。

クレジットカードでの支払いは中央銀行のサービスに依存しているため、特に複数の通貨両替が関与する場合には異なる手数料が発生します。

Bitcoinを支払いとして受け入れるメリット

Bitcoinの取り扱いが現代的で現代のビジネスニーズに対応しているだけでなく、Bitcoinやその他の暗号通貨を支払いとして受け入れることで以下の様ないくつかのメリットが付随します。

より高速かつボーダレスな決済:暗号通貨の支払い方法は即時かつ不変であり、取引の処理にかかる時間はわずか数分で不審な団体から支払いを受けた場合でも取り消すことはできません。従来の支払いであれば、それらは払い戻されるか現地の規制要件に従った対応が行えます。

さらに、暗号通貨による支払いを受け入れることで為替レートや国境を越えた送金に関する現地の法律を気にすることなく世界中での資金の送金や受け取りが行えます。

手数料の削減:暗号通貨を使った支払いは仲介業者や為替レートは関与せず、必要な手数料はガス代のみであるために取引コストが低くなります。

暗号決済処理業者では複数の仲介者や金融機関が関与しており、多額の手数料を請求する従来の決済プロセスとは異なってピアツーピアで取引を実行します。

個人情報の保護:暗号通貨による支払いを受け入れる際には個人情報やビジネス情報を当局に提出する必要はなく、内国歳入庁(IRS)からの質問を受けずに個人のアイデンティティやクライアントの情報保持に役立ちます。

高い可用性: 一部の国では海外からの送金の受け取りや外貨の取り扱いに事業活動の制限が課される場合がありますが、ここでも暗号通貨決済が非常に役に立ちます。暗号通貨ウォレットを所有することで、中央機関を介さずに直接送金を行うことができます。

暗号通貨支払いを受け入れることのデメリット

Bitcoinの処理決済にはいくつかのメリットがありますが、この新しい方法にももちろんいくつかのデメリットは存在してます。

ボラティリティ: Bitcoinやその他の暗号通貨のボラティリティは非常に高く、1日に何度も価格が変動します。例えば何かのサービスの対価として1ETH を受け取ったとしても、それから数日後にはその価値は大きく変わる可能性があります。

この問題は短期間に価格が急速に変化するアルトコインではさらに複雑になります。

技術的な難しさ:暗号通貨による支払いの受け入れには暗号通貨ウォレット、スマートコントラクト、暗号通貨支払いゲートウェイなどの高度な専門用語が含まれるために現地の法定通貨に慣れている人にとっては少し複雑だと感じる場合があります。

現地規制: 各国の政府は依然として暗号通貨の取り扱いに慎重であり、一部の国ではデジタル通貨の受け入れに関して厳格な法律が定められています。したがって、多くの事業主は税金への影響や影響を避けるために従来の方法を好みます。

セキュリティに対するリスク:過去数年間に暗号通貨はいくつかのハッキングやサイバー攻撃の標的となっており、毎年ウォレットのハイジャックやブロックチェーン侵害によって数百万ドルが盗まれています。暗号通貨の中でも特に新しく登場したプロジェクトやコインには高い危険性が伴います。

まとめ

暗号通貨による支払いを受け入れることで企業はより迅速な取引、より低い手数料での送金、加盟店での送金、国境を超えた導入、これらの革新的なソリューションに伴うその他の多くのメリットを享受できるようになります。

しかしこれらの支払いオプションにおいては資金の安全性とボラティリティリスクに関して慎重に扱う必要がありますが、これらを採用する事で最新のテクノロジーや世界中で最も成長している企業と同等の地位を築くことが可能になるのです。

よくある質問

なぜ各企業はBitcoinを受け入れる必要があるのでしょうか?

暗号通貨取引を取り入れることで企業はより速く安く低い参入障壁で世界中のベンダー、パートナー、サプライヤーとのやり取りを行うことができます。さらには、面倒くさい銀行手続きや中央当局を避けることができます。

支払いとしてBitcoinを受け入れる際のリスクは何ですか?

暗号通貨を扱う際には慎重になるべきセキュリティ上の考慮事項がいくつかあり、なぜならブロックチェーンや暗号通貨に対するサイバー攻撃や詐欺が毎年多く発生しているからです。さらに新しく出現したコインやポンプアンドダンプの暗号プロジェクトではより危険です。

暗号通貨での支払いを取り入れるメリットは何ですか?

暗号通貨の支払いは即時に行われます。特に国境を越えて送金する際の取引手数料は低く、暗号通貨の支払いでは送金金額を大幅に変える可能性のある為替レートや仲介サービス手数料がかかりません。

Bitcoinでの支払いを受け入れるにはどうすればよいですか?

最初のステップとしてはBitcoinが転送および保管される暗号通貨ウォレットを用意することです。ウォレットの準備ができたらBTCウォレットアドレスまたはQRコードを送信者に送信しますが、送信者はコードをスキャンするか26~62文字のアドレスを入力して即座に送金を行うことが出来ます。

最新の記事

Why Should You Accept Ethereum Payments in 2024?
2024年にイーサリアム決済を受け入れる方法
教育 09.05.2024
ウェブサイトにビットコイン決済を追加する方法
教育 06.05.2024
Cryptocurrency wallet vs exchange
暗号化ウォレットと取引所: 違いを発見する
教育 02.05.2024
B2BinPay Celebrates 1 Year of Partnership with Athletic Club
B2BinPayがAthletic Clubとのパートナーシップ1周年記念を祝う
企業ニュース 30.04.2024